犬のご飯は毎日変えるのは危険?「フードジプシー」のリスクを知ろう

犬のご飯は毎日変えるのは危険?「フードジプシー」のリスクを知ろう

大切な愛犬に食べさせるご飯だからこそ、いいものを選びたいと思うのが当然ですよね。しかし、そんな思いから「フードジプシー」に陥ってしまう飼い主さんも少なくありません。ご飯を変える際の注意点やフードジプシーから抜け出すポイントなどを紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

愛犬家が陥りやすいフードジプシーとは

頭を抱える女性

犬を飼っている人であれば「フードジプシー」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?フードジプシーとは、『愛犬に最適なご飯・ドッグフードを選んであげたい』という思いが強く、結果的にどれを選んだらいいかわからなくなってしまい短期間でコロコロとご飯・ドッグフードを変えてしまう人のことを指します。

フードジプシーになる原因として最も多いのが愛犬があまりドッグフードを食べてくれないことが挙げられます。食べてくれないから、愛犬が喜んで食べるものを探そうと思うのは飼い主として当然のことだと思います。またペットショップなどにはさまざまな種類のドッグフードが販売されています。原材料や味、形、価格など本当に幅があり多種類あるため、あれこれ迷ってしまいますよね。さらに、ネット上ではさまざまな考え方に基づき犬に関する情報があふれ返っています。そうした情報を目にして、結局何がいいのかわからなくなってしまいフードジプシーに陥ってしまうのです。

フードジプシーのリスクと抜け出す方法

フードボウルとノーフォークテリア

フードジプシーのリスク

どんなドッグフードが愛犬に合っているのかわからなくなってしまうフードジプシー。フードジプシーに陥ってしまうと、愛犬に与えるドッグフードが短期間の間にコロコロと変わることになりますが、実はそこにいくつかのリスクがあるのです。

愛犬がなかなか食べてくれないからという理由からフードジプシーになってしまっている場合、愛犬が食べるものを探す形となり“好き嫌い”を認めてそれに合わせてしまうことになりがちです。食べなければ別のものが出てくるということを犬は学習するので、ちょっと飽きると食べなくなってしまうということも多く起きてきます。

そのため袋を開けたけれど食べ切れないで捨ててしまうドッグフードが出たりして余計なお金がかかってしまうこともあるでしょう。また、毎日や数日単位でご飯やドッグフードを変えることで犬の体調が安定しにくかったり、愛犬の体に合っているか判断がむずかしくなってしまったりします。

フードジプシーを抜け出す方法

フードジプシーを抜け出すためには愛犬に与えるご飯やドッグフードを選ぶ基準を飼い主さんの中で明確にしておくことです。漠然と“良さそう”と感じるものを与えたりしていると、結局正解がわからず愛犬の食欲に振り回されてしまいがちですし、いつまで経っても与えるものが決まらないのです。

毎日ご飯を変えるのは危険?

色々なドッグフード

フードジプシーに陥ると愛犬に与えるご飯・ドッグフードがコロコロと変わりがちですが、毎日ご飯が変わることは犬にとってあまりいいこととは言えません。食べるものが変わると胃腸に負担がかかってしまったり、胃腸の調子を含め体調が安定しないと言われています。そのため食べたことのないドッグフードに切り替えるときは、これまで食べていたものと混ぜて少しずつ配分量を増やしていって慣れさせる必要があります。それをしっかりと行わず毎日ドッグフードを変えてしまうと消化器官に大きな負担がかかりますし、体調不良やアレルギーを起こしたときに原因がわかりにくいと考えられています。

ただし、長い期間同じものだけを食べ続けると、その食べ物に対してアレルギーを発症させたり、その食べ物以外の食べ物を消化する能力が低下する可能性があるとも言われています。そのため、犬のご飯・ドッグフードはいくつかのドッグフードを1か月や3か月、半年など一定期間ごとにローテーションさせることがベストだとされています。主要なタンパク質の種類などが異なるドッグフードを3~4種類程度選び、開封したドッグフードがなくなったらその中のどれかを与えるというようにすればいいと思います。

<まとめ>犬のご飯とフードジプシーについて

ご飯を食べるラブラドール

「愛犬が喜んで食べるご飯・ドッグフードを選んであげたい!」という飼い主さんの気持ちはとてもよく理解できます。しかし、愛犬の好みや食欲ばかりに合わせているとついつい振り回されてしまい、本当に愛犬に合っているものを選ぶことがむずかしくなってしまいます。フードジプシーに陥って与えるドッグフードが毎日にように変わってしまうと、愛犬の偏食を助長してしまったり、体に負担をかけてしまうことにもなりますので一定期間はしっかりと試して様子を見るようにすることが大切です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。