『助けてくれる家』を本能的に選んだ犬

『助けてくれる家』を本能的に選んだ犬

ひどい状態の犬がある家の前に助けを求めて現れました。偶然なのか、奇跡的に、彼は、正しい家を選んでいたのです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

助けを求めてきた犬

呼びかけ

米国テキサス州ブラウズビルで、とてもひどい状態の犬がある家に、助けを求めて現れました。

家主のダンさんは、すぐにその犬の写真を撮ってフェイスブックに載せ、動物好きの人たちに呼びかけました。

『助けてください!今朝、この犬がRio Dei Sol地区の私の家に現れました!彼は首輪はしていますが、迷子札はつけていません。とても悪い状態です。とても弱々しくて、とてもお腹を空かせています。彼は疥癬を患っており、衰弱しています。』

拡散

ダンさんの投稿は、動物好きの間で拡散されました。

清らかな魂の持ち主のこの子がこんなひどい状態になったことを、みんな悲しくて怒っていました。

「みんなありがとうございます!」とダンさんはお礼のメッセージを書きました。

「とっても親切な女性が、この良くない状態の犬を預かってくれました!
先ほどお迎えに来られました!

この犬はタイガーストライプで、耳が切り取られていました。
多分、闘犬だったのではないでしょうか。

でも、神様はこの犬を見放してはいませんでした。」

写真

犬は、温かいお風呂に入れられて綺麗に洗ってもらった後に、一時預かりさんの友人がその後、犬の写真を投稿しました。

ケア

犬は、手厚い医療とケアを受けています。近いうちに里親探しが行われます。

最後に

もしも、この犬が違う家に現れていたら、このようなケアは行われなかったかもしれません。

シェルターに入れられて、処分になっていたかもしれません。

奇跡的にこの犬は、自分を助けてくれる人の家を選んでいたのです。。。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。