『犬アレルギー』の主な症状!原因から対処法まで

【獣医師監修】『犬アレルギー』の主な症状!原因から対処法まで

アレルギーは、全く前兆が無くても突然、発症することがあります。私たちのように犬が大好きでも、「犬アレルギー」と診断されたら犬を飼うことは出来ないのでしょうか?今回は、「犬アレルギー」の主な症状と原因、対処法についてご紹介したいと思います!

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬アレルギーになる原因

抜け毛の隣に座っている犬

現在、犬が保有している人間に対するアレルゲンは「7種類」と言われています。それらは、「リポカリン」や「アルブミン」といった、犬の体から分泌される物質でアレルゲンとなる物質を構成します。

「リポカリン」

犬の皮脂腺からは「リポカリン」という物質が分泌されています。この「リポカリン」は、犬の皮脂だけでなく唾液や被毛にも多く存在していて、アレルゲン物質(Can f1)を構成します。非常に小さい物質で、ホコリなどの微粒子にも付着して部屋の中を漂うこともあります。

「アルブミン」

人間の体の中にも「アルブミン」というたんぱく質は存在します。「犬アレルギー」を発症する場合、犬の体の中のアルブミンに反応することでおこり、この「イヌアルブミン」がアレルゲンの場合は、犬以外の動物に対してもアレルギー症状が起こるリスクがあることが報告されています。

「犬の毛のせいでアレルギーが起こる」は間違い!

鼻をかんでいる赤いシャツの女性

「犬アレルギー」は犬の抜け毛などのせいで起こると考えている人がいますが、それは間違いです。例えば、犬の体についたノミのせいで人間が皮膚炎を患うことは、犬アレルギーではありませんし、犬の毛に付着したアレルゲンが人にアレルギーを引き起こしているのです。「犬アレルギー」は、犬のせいで人間が病気になってしまうことではなく、アレルゲンにたいして過剰に体が反応してしまうことでアレルギーが起こります。つまり「犬アレルギー」とは、人間側の体の仕組みの問題と言えます。

犬アレルギーの症状

具合が悪くて寝込んでいる女性

軽度

  • 目の充血
  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 皮膚の発赤(ほっせき)

重度

めまいを起こしている女性

  • 下痢
  • 嚥下困難(えんげこんなん)
  • めまい
  • 吐き気
  • 心拍数の増加

犬アレルギーの対処法

掃除機をかける飼い主とくつろぐ犬

1.病院を受診する

まずは、本当に「犬アレルギー」かどうかを確定する必要があります。アレルギー検査ができる病院で検査を受け、アレルゲンを突き止めます。

その診断の結果、「犬アレルギー」と確定したら、そこからは専門の医師の指示に従って、対策法を考えます。ただし、単純な風邪や結膜炎ではないので、その症状を完全に治すことは難しく、薬などを使用して症状を抑えたり軽くする治療法になります。

2.居住内に「立入禁止区域」を作る

犬の行動範囲を決め、犬アレルギーを持っている人がその場所に立ち入らないことや、逆に犬をその区域から出さない、もしくは入れないことで、アレルゲンの飛散を防止します。

3.室内を清潔に保つ

高性能の空気清浄機をずっと稼働させたり、こまめに掃除機をかけたりして、見た目だけでなく、空気そのものも常に清潔な状態を保つようにします。また、外気を取り入れて常に新鮮な空気が室内を循環するように気を配りましょう。

4.犬の皮膚を常に清潔に保つ

犬の毛そのものがアレルゲンではありませんが、犬の毛にアレルゲンが付着してアレルギー反応を起こさせる原因になります。定期的にシャンプーをし、こまめにブラッシングして抜け毛が部屋の中に散らばらないように犬の皮膚を清潔に保てば、アレルゲンが居住空間に広がるのを防ぐことができます。

まとめ

犬と一緒にカーペットの上で眠る女の子

私たちは、愛犬と幸せに暮らしています。犬アレルギーを発症したら、たとえ犬を手放さないという決断をしても、長く辛く不便な生活を強いられるかも知れません。また、家族の健康と命を守るために「愛犬を手放す」という苦渋の決断をする人もいるかも知れません。

どちらが正しいかは人それぞれの価値観によります。いずれにしても、何の罪もない犬たちが辛い思いをしないように最善を尽くすことが、一度でもその犬を家族として迎えた人間の責任だと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。