「お皿を持って離さない犬」SNSで拡散された結果、里親が決まった話

「お皿を持って離さない犬」SNSで拡散された結果、里親が決まった話

お気に入りに追加

シェルターに収容された犬の中には、面白い癖をもっている子がたまにいます。他とは違うその癖によって命が救われることがあります。そんなお話です。

2098view

食いしん坊

オリバー

オリバーは、ホームレス犬としてテネシー州メンフィス・アニマル・サービスに収容されました。

彼は、とてもかしこく、人懐っこく、何よりも食べることが大好きでした。

飼い犬

オリバーはしつけもされており、飼い犬だったことがよくわかります。

お皿

オリバーは自分のお皿をくわえて持ち歩くことを好みました。

彼はどこに行くにもそのお皿をくわえて持ち歩きます。

理由

オリバーがこの動作を楽しんでいるのか、あるいはお皿を持っていないと二度とごはんがもらえないと考えているのか、シェルタースタッフにはその真意がわかりませんでした。

収容スペース

オリバーがいるメンフィス・アニマル・サービス(保健所)は、収容数が限られています。

殺処分を逃れるには、早く里親が決まり引き出されなければなりません。

そこでシェルター・スタッフはオリバーがお皿をくわえている写真を撮影し、SNSに掲載しました。

拡散

オリバーの写真をフェイスブックに投稿するとアッという間に拡散されました。

なんと9千を超えるシェアがあり、世界中に拡散されました。

最後に

その結果、オリバーに里親様が現れました!

オリバーが人懐っこく、”特徴的な癖のある子”であったことが彼の命を救いました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。