愛犬が塩対応してくる心理3選!適切な対処法としないほうがいい行為まで

愛犬が塩対応してくる心理3選!適切な対処法としないほうがいい行為まで

お気に入りに追加

この記事では、犬が飼い主さんに塩対応するときの気持ちや、どうしてそのような気持ちにさせてしまったのか、またそのときの対処法をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1558view

愛犬が塩対応してくる心理1:あまり接していない

後ろの1匹とは対照的に寂しそうにしている犬

愛犬とちゃんと遊んだり構ってあげたりしていますか?犬は遊んでほしい時や、構って欲しい時に飼い主さんの近くに寄ってアピールをしてきます。

その時に、忙しかったり、違うことをしていて構ってあげられないからといってないがしろの態度をすると、始めのうちはワンちゃんも今は仕方がないと思い諦めます。

しかし、それがいつも続くと、犬も「この人はご飯をくれるだけの給仕係の人だ」と思うようになり、自分で遊びをみつけるようになり、次第に飼い主さんが遊ぼうと呼んでも以前のように寄り付かなくなるかもしれません。

こうなってしまう前に犬が構ってほしいと寄ってきたときは、なるべく一緒に遊んであげてください。もし、忙しいならば1日少しでも構わないので愛犬のために時間を作ってあげてください。

愛犬が塩対応してくる心理2:自分より下の順位だと思われている

6匹の犬が大きい順番に並んでいる

犬は家族を順位づけし、その中で自分の位置付けを決めていると言われています。この順位づけと言うのは、家族が愛犬と接しているうちに犬がその家族の振る舞いなどから認識するとのことです。よくあるのがお母さんの言うことは聞いてもお父さんの言うことを聞かない場合が順位づけをお父さんの上に位置付けているということです。

自分が下に見られているからといって、愛犬に厳しく接するのではなく、毅然とした態度でメリハリをつけたり、愛犬よりも順位が上だと思われる人が注意することによって次第に解決すると思います。

愛犬が塩対応してくる心理3:単純に嫌われている

おやつをあげようとしているのに歯をむき出している犬

犬に嫌われていたら、塩対応というより嫌いだから寄り付きません。人間も嫌いな人と接する時、好きな人と同様な接し方をするのは難しいです。それは、犬も同じです。

もし、犬に嫌われてしまっているから冷たい態度を取られていると思うのならなぜそうなってしまったのかを改めて考えなくてはなりません。

しかし、だからといって完全に甘やかしまうのは解決策とはいえません。愛犬を甘やかしてしまったら、塩対応にはならないかもしれませんが、問題行動を起こす犬になってしまう恐れがあるからです。

犬は飼い主さんなど人の顔をよく見ます。そのため、接する時に優しい顔や優しい声で話しかけたり、飼い主さんの方からオープンに接することで犬も次第に心を開いてくれると思います。

まとめ

飼い主に向かって走っている犬

いかがでしたでしょうか?
愛犬が塩対応してくる心理の例として、

  • あまり接していない
  • 自分より下の順位だと思われている
  • 単純に嫌われている

の3つを紹介しました。

犬が冷たくてそっけない態度をするには何かしらの原因があります。

もし、ワンちゃんが塩対応してきたときはいま一度何がきっかけだったのか思い返してみてください。

原因がわかれば、塩対応とほ真逆の砂糖対応になってくれるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。