子犬の背負った虐待という傷は、彼のすべてを奪っていった

子犬の背負った虐待という傷は、彼のすべてを奪っていった

南アフリカのホームレス犬たちに対する虐待と人々の無関心は深刻な問題となっています。これは、その中の1匹に焦点をあてた動画です。

はてな
Pocket
お気に入り登録

虐待を受けた子犬の物語

レビ

私の名前は『レビ』。

安楽死

私は町のシェルターに連れて行かれ、安楽死されそうになりました。

疑惑

しかし、彼らは、私の傷がとても疑わしいと思いました。

硬直

”Vet Point”というところに私は連れて行かれ、優しくされました。

でも、私は優しくされることに慣れていませんでした。

だから、私は硬直してしまいました。

ビーチ

私を保護してくれた『Sidewalk Specials 』は、私を元気づけるために、ビーチに連れて行ってくれました。

ベッド

しかし、私はベッドが一番安全だと考えていました。

里親

ある家族が私に、”一緒に暮らそう”と言ってくれました!

大きな心

人々が大きな心で迎えてくれれば、奇跡は起きます。

生まれて初めて

生まれて初めて、私はリラックスすることができました。

信頼

そして寄り添いました。

幸せ

私は自分の声、自信、そして家族を見つけました。

生きることは悪くなかったです。

すべて

しかし、私が受けた元飼い主からの虐待は、それらすべてを私から奪ってしまいました。

私は今日、死にました。

最高

しかし、最期の1カ月間は私にとって生きていた中での最高の時間でした。

最後に

動画の説明書きにはこう綴られています。

レビは持ち込みによって安楽死を求められた子犬でした。でも、レビの体中にあった傷は虐待をにおわせていました。

幸いなことに、彼は里親が見つかり、私たち全員が安堵のため息をついて、その後も彼の幸せを信じていました。

でも、レビの体にできた小さな傷は内出血を続けていました。彼は人生のあらゆる虐待に耐えるにはあまりにも小さすぎたのです。

彼が死ぬ前に”愛”を知ったという事実を我々はせめてもの慰めにしています。

しかし、これまでと同様にこれは南アフリカのホームレス犬の虐待と無視という現状をなんとか終わらせるという私たちの決心を強める出来事となりました。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。