犬のお風呂の入れ方や頻度について

犬のお風呂の入れ方や頻度について

お気に入りに追加

愛犬をお風呂へどうやって上手に入れることができるのかをまとめてみました。我が家の場合は、自宅シャンプーなので、どのようにしたら上手にお風呂に入れれるかを勉強しました。お風呂が嫌いなワンちゃんも安心してお風呂に入れることができますよ!

47174view

犬をお風呂に入れる前に

愛犬がお風呂を嫌がるので困っているという方がたくさんいるかと思います。どのようにしたら、上手に犬をお風呂に入れれるのか、または、犬のお風呂嫌いをお風呂好きな犬にするには、どうしたらよいかを勉強してまとめてみました。

犬をお風呂に入れるために必要な準備

  • ブラッシング・・・毛並みを整えて、皮膚のマッサージ
  • コーミング
  • 爪切り
  • 耳のそうじ

犬のお風呂(シャンプー)前にブラッシングをする理由

毛玉や死毛がのこっていると、シャンプーしたあとに固まってしまい、さらに毛が絡み合ってほどけなくなるからです。犬をお風呂に入れる前には、必ずブラッシングを忘れないでください。

犬をお風呂(シャンプー)にいれる理由

ブラッシングで取れていない汚れを落とすために、犬をお風呂に入れてシャンプーをします。皮膚病やノミなどの感染症予防にもなります。

犬をお風呂を入れる回数について

生活空間や、汚れ具合によって違ってきますが、犬をお風呂に入れる回数はだいたい月に2回くらいが目安です。逆に、犬をお風呂にいれすぎると、皮脂がとれてしまい、皮膚疾患をかかえてしまうことになります。

犬のお風呂の温度について

犬をお風呂に入れる温度は、だいたい35度から37度のぬるま湯を目安にしてください。

犬のお風呂に必要なもの

犬のお風呂に必要なグッズ

  • 犬用のシャンプー
  • 犬用のリンス
  • 犬用のブラシ(スリッカー、コームなど)
  • 吸収性の良いタオル
  • ドライヤー
  • 大きな桶(犬が入る大きさ)

犬をお風呂を入れる手順や方法について

35度から37度のぬるま湯のシャワーで、おしりから首に向かってぬらしていきます

犬をお風呂のシャワーで洗っているシーン

この時、シャワーの圧力は弱めでおこないます。強すぎると、犬が怖がってしまいます。

頭を濡らします

犬をお風呂のシャワーで濡らすとき、目や耳の中、鼻の中にお湯が入らないようにしましょう。
方法としては、

  • 鼻の先を上に向けて、シャワーをかける
  • シャンプーする人の手で、両耳を押さえて手の甲でシャワーのお湯が顔にかからないようにする

肛門絞りをします

とても臭い液体がでてきますので気を付けてください。

シャンプーを手で泡立ててから、犬の体になじませながら、指の腹でマッサージするように洗います

シャンプーをつける場所は、おしり→体→足→頭の順で行います。顔は親指で洗います。くれぐれも、シャンプー液が、目に入らないようにしましょう。
※シャンプーは5倍くらい薄めて使うとよいでしょう

すすぎを行います

すすぎは、”顔”からやりましょう。
すすぐときも、シャンプー液やお湯が目や鼻、耳の中に入らないように気をつけていきましょう。シャンプー液が残らないようにきれいにシャワーですすいでください。残っていると皮膚病になる恐れがでてきます。
シャンプー液が残りやすいところは、

  • 脇の下
  • 耳の裏側
  • 股の内側
が、すすぎにくい場所になっているので、気を付けてください。

犬がお風呂あがりで乾かしているシーン

汚れがひどい時は二度洗いをしてください

リンスは大きなバス桶(専用でなくても100円均一で大きな桶があります)に、お湯を張り、リンス液を入れておきます。犬をそのバス桶にいれて背中からリンスをなじませるようにかけてあげます。何度もかけて毛にリンスを浸透させていきましょう。

リンス液をすすぎましょう

すすぎ方は先ほどと一緒です。リンス液も残ってしまうと、皮膚疾患の原因になります。
すすぎ終わったら、長毛犬種でしたら、毛を軽く絞って水気をとると、短時間のドライヤーですみます。

吸収性のよいタオルで、しっかりと拭いてください

タオルでこすって拭くのではなく、体を抑えるような感じで水分をとっていきます。

ドライヤーで乾かします

ドライヤーで乾かす(ドライングといいます)ときに気を付けることは、

  • ドライヤーを犬に近づかせないこと
  • 30センチくらい離してドライヤーを犬にあてる
  • 心臓に近い場所から乾かしていく
  • スリッカーで毛をとかしながら乾かすと早く乾きます
  • ドライヤーの風を顔に当てないようにしましょう。犬がお風呂を嫌がる原因になってしまいます

全体が乾いたら、前肢をもち、二本肢立ちにさせて、お腹を乾かします。二本肢立ちを嫌がるようでしたら、仰向けなど、ゴロンとねかせる格好にして、乾かすとよいでしょう。肛門周りも、しっかりと乾かします。乾いたら、コームやスリッカーなどで、毛を整えます。ドライングが終わったら、コットンやガーゼで、耳の中にはいってしまった水を取りましょう。

犬をお風呂を入れる時に注意する点について

  • シャンプー液やリンス液が、目や耳、鼻に入らないようにしましょう
  • 犬をお風呂の後にカットをするときは、リンスはしない方がよいでしょう
  • シャンプー液がのこっていると、皮膚病の原因になるので、しっかりとすすぎましょう
  • ドライヤーは、犬から30センチくらい離して使いましょう
  • ドライヤーで、しっかりと乾かしましょう。生乾きも皮膚病の原因になります
  • 犬顔風呂あがりで乾かすときは、心臓に近い”胸元”から乾かしましょう
  • ドライヤーは、犬が熱くなりすぎないように温風と冷風を交互に使うとよいでしょう

お風呂では、できない部分のお手入れ方法について

犬がお風呂に入る前

目の周りや口の周りは、なかなかシャンプーをつけて洗う事ができないので、シャンプーがおわったら、ぬるま湯をつけたコットンやガーゼで、拭いてあげましょう。涙焼けの部分も、拭くことでとれます。ゴッテリと固まった目やには、毛をカットできるようでしたら、カットしておくとよいでしょう。
また、目や口の周り、肛門など刺激物質に弱いデリケートな部分にも使える、わんちゃん用の化粧水があるのをご存知でしょうか? 『AVANCE』というペット専用の化粧水なのですが、「ノンアルコール」「無添加」「防腐剤フリー」で、わんちゃんにとって害となる成分は一切入っていないので、安心して全身の肌ケアを行ってあげることができます。温泉から生まれた天然由来の成分が、肌だけでなく、わんちゃんの被毛のケアも同時に行い、毛ヅヤを良くする効果も期待できます。お風呂あがりのケアやお風呂ではケアしきれない部分への対策としてとてもオススメです。

お風呂嫌いな犬の対応方法について

犬にはお風呂嫌いの子が、たくさんいると思います。理由は、犬にお風呂のシャワーをかけている最中などで水が耳や目などにはいったり、シャワーの音が怖かったり、ドライヤーの音も風も怖かったりと・・・・飼い主さんは、こまってしまいますよね。なるべくそういった、嫌なポイントを回避していけるようにしていけば、だんだんと犬がお風呂慣れもしてくれると思います。

  • 水が目や耳に入らないように、飼い主さんの手で、しっかりと押さえて、水が顔にかからないようにしっかりと、ガードします(我が家は、これで頭にシャワーを当てることを嫌がらなくなりました)
  • シャワーの音や、シャワーの圧力を嫌がる時は、シャワーのヘッド部分を、犬の体に密着しておくと違和感を感じることなく、怖がることも少なくなると思います
  • ドライヤーの風を嫌がるときは、風が顔に当たらないように、気を付けましょう
  • どうしてもドライヤーの風が当たってしまうときは、飼い主さんが手でガードしてあげるとよいでしょう。その時は、ドライヤーを真上からあてましょう。

皆さんから寄せられた犬をお風呂に入れるときの注意点

皆さんから寄せられた、愛犬をお風呂を入れる時に注意していることをご紹介します!

みんなの声


女性 30代
犬をお風呂に入れる時、一番注意しなければいけないことは、耳に水を入れないようにすることです。特に、耳が垂れている犬の場合は中耳炎になったり、外耳炎になってしまう事が多いため、水が入ってしまったら濡れたティッシュなどで拭くようにしましょう。シャンプーは必ず犬用の物を使用しましょう。オーガニックなどであっても人間用のものは犬には刺激が強すぎてしまいますので使用しないようにしましょう。


女性 20代
犬のお風呂の温度は38~40度!人間からしてぬるいぐらいが適温です。水はNGです!水だけでは汚れが落ないうえに、身体を冷やしてしまうため、犬の体調は悪くなってしまいます。犬も人間と同様、犬によって体温が違うので、体温に適した温度にしてあげてください。犬にとってお風呂は体温より少し高いくらいが丁度いいでしょう。熱すぎるのも絶対にNGです!低温火傷することもあります。とくに毛の長い犬は注意しましょう。犬がお風呂嫌いなのは、温度に原因があるのかもしれません。愛犬が気持ちよくお風呂に入れるようにしてあげましょう。


女性 30代
私が愛犬をお風呂に入れる時に注意するのは、洗い終わった後、お風呂場で「プルプル」させてから上がらせるという事です。お風呂の外で「プルプル」されると部屋がビショビショになってしまいます…。最近は「プルプルは?」と言うと素直にしてくれます。


女性 30代

手ぬぐいをのせているチワワ

愛犬をお風呂に入れる時、気をつけることは「湿度」です。お風呂に入る事で、耳にも水が入ってしまう事も多いと思います。わんちゃんは耳を振って水分を出しますが、湿度が多い時には、どうしても耳の中に水分が残ってしまいます。耳の中に水分が残ってたり、湿度が多いと耳の病気の原因にもなりかねません。毛もしっかり乾かさないと、皮膚病の原因にも繋がります。足の指の間等も痒みの原因にもなります。お風呂に入れても、自然乾燥ではなく、しっかりわんちゃんを乾かす事を注意して下さい。


女性 30代

犬がお風呂を入れられる予感を感じている

・犬にお風呂をサトラレない(これはうちだけ?)
うちのきなこはシャワーが大キライです!なので、「これからお風呂(シャンプー)するぞ~」ってのを、きなこに悟られない様にしなくてはなりません(笑) お風呂グッズの用意は全て前日のうちに済ませ、当日用意を始めたりバタバタしたりしてはいけません。察知すると、ケージに逃げ込んで出てこないので外に出てる時にケージのドアを閉めて入れない様に(先手必勝)

犬がお風呂を入れられるのを警戒している様子

でもすごく勘がいいコなので、お風呂に入れるその前に気付いてケージに引き蘢ることも多いです…

・犬用のシャンプーを使う
犬の皮膚は人より厚さが1/4~1/10と薄いので、非常にデリケートです。愛犬に市販されている人用のシャンプーを使ってる方もいますが、人と犬では皮膚のPH値が違うのでおすすめしません。うちは保存料などの添加物が入っていない犬用石鹸を使ってお風呂に入れています。

犬のお風呂用の石けん

・お風呂のお湯の温度はぬるめ
犬の体温は37.5~39℃前後なので、お風呂のお湯も同じくらいの温度にしてあげると急激な温度変化もなく体に負担をかけません。人間からしたら「ぬるいかな?」ってくらいが犬にとってはちょうどよいです。

・体を十分湿らせてからお風呂でシャンプー
シャンプー後の仕上がりが、家で洗う時とサロンに出した時と全然違う!って言う方が多いような気がします。それは、おうちでは表面だけで皮膚まで水分が届いてなくてキチンと汚れを落とせていないケースが多いからです。お風呂のシャワーヘッドを体にピタッと密着させると皮膚まで届き、泡立ちもよく汚れも落ちやすいです。淡い流す時も密着させて流すと、シャンプー剤を綺麗に落とせます。

・お風呂後の生乾きはNG!
お風呂で濡れた体を乾かすの面倒だから天日干しでいいや~とかタオルドライのみで生乾きのままにしておくと、細菌が繁殖して皮膚病をおこしてしまったりするので、時間はかかりますがドライヤーできっちり乾かす事をおすすめします♪

犬のお風呂まとめ

犬がお風呂でキレイになった

犬をお風呂でシャンプーすることは清潔にするためにとても大切なことです。だからといって、シャンプーのし過ぎは、皮脂をとりすぎて、逆に皮膚を悪くしてしまい、皮膚病になってしまうことがあります。犬のお風呂は、多くても”月に2回”くらいが、ベストです。体調が悪い時に、犬をお風呂に入れてしまうと、体に負担がかかってしまうので、やめましょう。どうしても、汚れてしまったときは、ぬるま湯で濡らした、タオルで拭いてあげましょう。また、寒い時期は犬をお風呂に入れるのは、避けてくださいね!風邪を引いてしまったら大変です!

我が家は、3匹の多頭飼いをしていて、運がいいことに、愛犬がお風呂をそこまで嫌がることはありません。その中の一匹は、愛犬がお風呂大好きで、濡れたくて濡れたくて仕方ない感じで、違った意味ではしゃいでます。私は、トリミングサロンには、一度もつれていった事はありません。動物看護士や、動物介護士、動物セラピストの資格を取得していて、いまは、トリマーの資格取得の勉強をしています。

愛犬を、自分でしっかりと観察してみていきたいので、これからも、たくさんの知識をまなんでいきたいと思っています。大切な家族の一員の愛犬を、自分の力で幸せいっぱいにしてあげたいです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 すず

    我が家のわんちゃんはシャンプーが苦手なので、自宅でわんちゃんをお風呂に入れるのは大変です。しかし、ブラッシングなどでは落としきれない汚れがあるので最低でも週に1度はお風呂にいれます。
    優しくシャワーをかけ爪を立てないように優しくシャンプーしていきます。

    私はミニチュアダックスフンドを飼っているのですが、愛犬が入るくらいの桶を用意しそこにぬるま湯をためて少し足を入れてあげてお湯を体全体にかけていきます。
    そうすると気持ちがいいみたいでリラックスしています。わんちゃんもリフレッシュが大事です。
  • 投稿者

    10代 女性 のんのん

    お風呂が大好きな子も話を聞くこともありますが、基本的には嫌がる子が多いですよね。そんな子でもまず「怖がらせない」事が大切です。1度嫌な思いをした。と犬が思えばその後はなかなかお風呂に入ろうとしなくなってしまいます。
    シャンプーの方法でかえって皮膚を悪くしてしまうことがあります。記事にも書かれているように、お湯の温度はとても大切だそうです。犬の皮膚は人間の赤ちゃんよりも更に薄く敏感だと動物病院の先生に教わりました。そのため38度以上のお湯では皮膚のバリア機能をなくしてしまうそうです。人間と違い、犬には犬にあったシャンプー方法をしっかり確認してから行うことが大切なのだと改めて感じました。

  • 投稿者

    30代 女性 TIKI

    記事にあったように、犬に水が怖いと思わせないことが1番大事だと思います。
    快適な温度のぬるま湯で洗うと汚れやニオイが取れやすいです。(水だとニオイなどあまり取れないです)確かに股の内側や耳の裏側など洗い残しやすいので注意した方がいいですね。

    良く乾かして、愛犬が気持ち良く感じてくれることが次も楽しく入ってくれる秘訣だと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 ミニー

    犬のお風呂は、難しそうと言う思いがあり、サロンにお願いしようとしていました。しかし、動画と本を見て自分でお風呂に入れるとあまり嫌がらず、出来ました。しかも、リラックスしている表情が観れてハッピーでした。
  • 投稿者

    女性 あむ

    私はこの記事をみて先ほど愛犬をはじめて風呂に入れてきました。とても良かったのでこれからはこの入れ方で入れようと思いますありがとうございます(*ˊૢᵕˋૢ*)
  • 投稿者

    30代 女性 あー

    犬のシャンプーは、洗うときは体から、お湯で流すときはお顔からが基本ですね。目にシャンプーが入ると炎症を起こしてしまうことがあるので注意されることと、必ず最後に流水で目を流してあげます。お顔にお湯をかけるときの注意点として、ワンちゃんは、水圧が強いシャワーでいきなり顔にお湯をかけられるのを嫌がります。水圧を弱め、お湯の量を少なくして顔や目を流すようにしてください。耳の中も水分が入らないようにしたいですね。脱脂綿を適当な大きさに切って犬の耳に詰めてあげると良いと思います。脱脂綿をあまり小さくしすぎてしまうと耳の奥のほうにいってしまいますから、すぐ取り出せる大きさにして軽く耳の穴に詰める感じで良いと思います。シャンプー後は、忘れず耳の中の脱脂綿をとってあげてくださいね。
  • 投稿者

    30代 女性 ちょびこ

    我が家も自宅シャンプー派なので参考にさせてもらいます。今までずっと月1回ペースでやってきましたが、2回にした方がいいのかな?顔は上に向けて洗うんですね!顔にシャワーを充てると少し怖がるので、あえて真下を見させるようにして目や鼻にお湯が入らないように気をつけていたつもりでしたが逆だったんですね…。次からは上を向かせてやってみようと思います。シャワーの水圧が苦手だったので弱ーくしてやっていたんですうが、それだとなかなか洗い流せなくて時間がかかっていたので、ここで書かれているように皮膚に密着させるようにして流してみようと思います。確かにそれだと水圧を感じにくいですよね!とっても参考になりました、ありがとうございます♪
  • 投稿者

    30代 女性 zzz

    うちの犬は細くて長い被毛のため、土ぼこりなんかを溜め込みやすく、しかしシャンプーをし過ぎると被毛が乾燥してしまってはじめのうちはタイミングが難しかったです。
    一カ月に1回トリミングへ出しているのですが、その間全くなにもしないとさすがに汚れやもつれがひどくなってしまいます。子犬の頃は頻繁にドッグランへ連れて行っていたのもあって、4,5日に1回洗っていたのですが、被毛がカスカスになって毛玉や切れ毛がひどくなってしまいリカバリーするのに半年ほどかかってしまいました。
    今は、2週間に1回、上質なシャンプー剤・トリートメント剤を使用して洗っています。ドッグランへ行くのも、シャンプーやトリミングのスケジュールに合わせて行くようにしています。
  • 投稿者

    女性 ひまわり

    うちの子もお風呂を嫌がって困っていましたが、根気よくお風呂という環境に慣れさせる事で、多少嫌がらないようになってくれました。ただ、お湯の加減やシャワーする場所が悪いと嫌がってしまうので、その点は注意しながらシャンプーしています。ちなみにドライヤーは音の少ない物を選ぶと怖がらなくなるのでオススメですよ。
  • 投稿者

    20代 女性 てと

    愛犬はシェットランドシープドッグという犬種で毛も長く多いのでよく汚れます。ですが我が家はシャンプーは多くても月に1回であとはタオルで拭いたり、こまめにお腹まわりをカットしています。あまり多くシャンプーをすると自分の臭いが無くなってしまって逆にストレスなんてこともあるようなので月に1回に留めています。また3ヶ月に一度はトリミングにも通ってきれいにしてもらっています。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    うちの愛犬はどういうわけか石鹸(無添加)が好きなので、それを使って洗うと気持ちがいいようです。汚れもよく落ちますし、泡切れもいいので、足回りやひげなどの汚れが強いところに使っています。問題はないです。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。