犬種によって適温は違う?愛犬にとって快適な室温の見極め方

犬種によって適温は違う?愛犬にとって快適な室温の見極め方

お気に入りに追加

犬種によって適温って変わるの?そもそも愛犬にとって、快適な室温を見極める方法ってあるのか?気になってしまいますよね。犬にとっての適温な様々ですし、犬種だけではなく個体によっても適温は大きく変わってきます。今回はそんな、犬種によって適温がどのように違うのか?愛犬にとっての快適な室温とはどのようなものなのか、この2点を考えてみましょう。本日は犬種による適温の違いと快適な室温の見極め方を知っていれば愛犬の健康管理にも役立つはずですよ。

3948view

犬種によって適温は違うのか?

ソファーでくつろぐポメラニアン

結論からいいますと、犬種によって適温は少し違ってきます。その違いの見極め方は、長毛種か短毛種か、アンダーコートかロングコートかによって適温が変わってくると言われています。一般的な話ではありますが、長毛種は15〜20℃、短毛種は20〜25℃程度と言われています。さらに気温だけではなく湿度にも気を使う必要性があります。

適温と聞くとどうしても室温にだけ注目をしてしまいがちですが、夏場や梅雨時期はしっかりと湿度にも気を使っていないと、熱中症になる危険性があります。犬にとって適切な湿度は40〜60%程度。60%を超えてしまうと、たとえ適温だとしても熱中症に陥る可能性がありますので、十分に気をつけてくださいね。

愛犬にとっての適温を見極めよう

微笑んでいる柴犬

夏場の適温の見極めかた

夏場は長毛種はもちろん、短毛種も暑くてバテてしまいます。特に長毛種はしっかりと気をつけてあげないと、熱中症に陥る可能性もあるのです。夏場の適温を見極めるために大切なのは犬が暑すぎると感じるサインを見逃さないことです。夏場の暑すぎるサインは以下のものがあります。

  • ぐったりしている
  • 水をやたらと欲しがる
  • 舌を出して苦しそうに息をしている
  • 冷たい場所で寝たがる

暑すぎる状態が続くと、体温が上昇しすぎて脱水症状を引き起こすだけではなく、意識障害や痙攣といった症状を引き起こしてしまいます。そのような状態になる前に、早めに対処をしてあげるようにしてあげましょう。

冬場の適温の見極めかた

冬場は暖房を入れているご家庭も多いでしょうが、人間にとってはちょうどよいと思う室温でも犬にとっては寒すぎる場合もあります。特に短毛種の犬種は、あまりにも寒すぎる環境で長期間を過ごしてしまうと、体調不良を起こしてしまう可能性もあります。犬が寒すぎるときに見せる仕草は以下のようなものがあります。

  • 小刻みに震える
  • 体を小さく縮める
  • うずくまって寝ている
  • 飲水量が少なくなっている

このような状態が続いてしまうと場合によっては命の危険に陥る可能性もあります。冬場の寒すぎるサインを見かけたら、室温の調整をするようにしましょう。

犬が適温と感じているときのサイン

犬が適温だと感じているときは、上記の暑すぎる、寒すぎるサインが出ていないだけではなく、呼吸が安定し元気に過ごしているならば、適温だと思ってもよいでしょう。人間にとっては適温だと感じる場合でも、犬にとっては暑すぎる、寒すぎると感じてしまうのです。また、最初は適温の室温設定だったとしても、時間が経つにつれて暑すぎる寒すぎると感じる場合もあります。

人間ならば暖房や冷房を消したり、ほかの部屋に移動をしたりという行動ができるでしょうが、犬は自分で冷暖房の温度調節はできません。また、冷暖房のついた部屋を締め切ってしまうと、お部屋を出ての体温調節もできなくなります。犬をお部屋にお留守番をさせるときは、自分で体温調節ができるように工夫をしてあげることが大切です。

夏場であればクールマットや冷感ベットなどを置いてあげる、冬場であれば保温機能がついているベッドやマットなどを使ってあげましょう。季節に合わせて体温調節ができるグッズをおいてあげるだけで、自分で体温調節をしてくれます。適温を保つためにも、ぜひ体温調節ができる環境を準備してあげましょう。

まとめ

犬と女の子

犬の適温は犬種や個体によって違ってきます。長毛種でダブルコートの犬種であれば夏場の室温調節が重要となりますし、冬場は短毛種のシングルコートの犬種が注意をしてもらわないといけません。また個体によっても適温は変わってきます。愛犬のためにも、愛犬がもっとも快適だと感じる室温を考えて調節をしてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。