犬がシャンプーを嫌がる理由と対処法

犬がシャンプーを嫌がる理由と対処法

お気に入りに追加

犬がシャンプーを嫌がることにお悩みの方はいらっしゃいませんか?シャンプーを嫌がるのは何も珍しいことではありません。たとえ水浴びが大好きな犬でも、シャンプーだけは苦手だという子も多いのです。今回はそんな、犬がシャンプーを嫌がる理由と対処法をご紹介していきましょう!

1962view

犬がシャンプーを嫌がる理由

犬のシャンプー

自分のニオイが消えるから

シャンプーが苦手だというワンちゃんの中でも、最も多い理由がこちらの「自分のニオイが消える」というものです。犬にとって自分のニオイは、縄張りを主張するためにとても大切なものです。

自分のニオイは、相手に自分の存在を認識させるだけではなく、自己主張をするためのツールとしても大切です。そんな自分のニオイがかき消されてしまうシャンプーを嫌うのは、犬の習性上仕方がないことなのです。

特に、ニオイのきついシャンプーを使用している場合はシャンプー嫌いになる可能性がとても高いので注意をしましょう。

ジッとしているのが嫌

シャンプーをしているときは、飼い主に固定をされたり、リードで固定をされるため身動きが取れなくなります。その、自由を奪われるという行為が苦痛に感じてシャンプー嫌いに陥っている可能性もあります。

ジッとしているのがどうしても嫌なのに、シャンプー中は飼い主にしっかりと固定をされるので嫌気がさしているのかもしれませんね。

目や鼻にシャンプーが入ってきた

犬は過去に自分の身にふりかかった嫌なことや耐え難いことに対して拒否反応を示す場合があります。特に痛かった経験はずっと頭の中に残り、一種のトラウマのようになってしまうことも。

もしかしたシャンプー嫌いの犬は、過去に目や鼻にシャンプーや水が入ってしまい不快な思いや痛い思いをしたのかもしれません。人間でもシャンプーや水が目や鼻に入ると苦痛に感じますよね。それは犬にとっても同じことです。不快感を感じたものを喜んでする犬はなかなかいませんよね。

怖い

シャンプーが嫌いな理由は、もしかしたらシャンプーという行為自体に言い知れぬ恐怖を感じているのかもしれません。本来、犬はお風呂に入ることはありませんし、個体によっては水に濡れるという行為自体が苦手な子もいます。

そのため、シャンプーが嫌いというよりはシャンプーをするための浴室やシャワーが嫌いだと感じている子もいます。この場合は、水は楽しいもの、浴室は面白い場所だと、印象付けることができればあっさりと解決をするかもしれません。

恐怖心を抱いているのに、無理に引っ張ってお風呂場へ連れて行く必要はありませんが、機会があればお風呂は楽しい場所だと教えてあげるようにしましょう。

犬がシャンプーを嫌がる時の対処法

犬

お風呂は楽しい場所だと教える

散歩を嫌がる犬が少ないのは、散歩は楽しいことだと犬が認識しているからです。それと同じように、犬に「シャンプーは楽しい」と教えることができれば、シャンプーを嫌がることなくすんなりとお風呂に入ってくれるようになるはずです。

たとえばお風呂場でおもちゃを使って遊んであげたり、水浴びをさせてあげたりすると犬は水に対して抵抗を持たなくなります。シャンプーが嫌い=水が嫌いになっている犬ならば、特にお風呂は楽しい場所だとアピールするのがおすすめです。

少しずつ慣れさせる

シャンプー嫌いだからといって、一気に、そして無理矢理シャンプーをさせてしまうと「嫌なことを無理矢理やられた!」という思いが強くなってしまい、余計にシャンプー嫌いになってしまうかもしれません。

焦る気持ちはよくわかりますが、愛犬の気持ちも考えてシャンプーを少しずつ慣らしてあげるようにしましょう。最初は足に水をかけるところから始め、体をシャンプーできたら次は頭と段階を踏んでシャンプーをしてあげれば、犬も気持ちよくなれるはずです。焦らずに愛犬のペースに合わせてシャンプーをしてあげるようにしましょう。

犬が快適だと感じるシャンプーのやり方を心がける

シャンプー嫌いになっているのは、飼い主さまのシャンプーによって不快感を感じているからかもしれませんよ。犬が不快感を感じる理由としては様々あります。温度が熱すぎる、冷たすぎる、目や耳に水が入った、シャンプーが痛かったなど、犬が不快に感じるポイントはたくさんあります。

それらを改善できればシャンプー嫌いも克服できるかもしれませんので、犬にとって負担の少ないシャンプーを心がけましょう。

プロに任せる

どうしても自分では難しいと感じたなら、プロのトリマーに任せるのもおすすめです。プロに任せれば、素早くかつ丁寧に行ってくれるだけではなく、うまく行けばシャンプーに関するトラウマを克服させてくれるかもしれません。

また、シャンプーのやり方をトリマーから聞くのもよい方法でしょう。犬のシャンプーは難しいですが、上手に行えば意外と簡単に行えます。ぜひ、どうしても難しいならばプロにお任せをしてはいかがでしょうか?

まとめ

犬とシャンプー

犬がシャンプー嫌いになる理由は、シャンプーによって苦痛を覚えたり不快感を感じたりするのが大きな理由です。逆を言えば、それさえなくなれば克服できる可能性があるということです。ぜひ、愛犬のためにも犬がシャンプー嫌いになる理由と対処法を覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。