犬の目やにができるのはなぜ?考えられる原因と対処法

【獣医師監修】犬の目やにができるのはなぜ?考えられる原因と対処法

お気に入りに追加

今回は犬の目やにの原因や、正常な目やにと病気の可能性のある目やにの色の特徴、目やにが出やすくなる病気、自宅での目やにのケア方法をご紹介します。

2465view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

ワンちゃんの目やにが気になる飼い主さんも多くいらっしゃることと思います。どうして目やにが出るのでしょうか?また、病院へ行った方が良い時の目やにの特徴はあるのでしょうか?

生理現象としての目やにの原因

目を開くダックス

通常、犬の目に入ってしまったホコリやゴミなどの異物は涙で洗い流されることで排出されます。その排出された異物が目の外に出て、乾いて固まったものが目やにです。その目やにの中には異物の他に、新陳代謝によって排出された目の古くなった細胞も含まれています。

起きた時に目立ちやすい

特にワンちゃんが朝起きた時やお昼寝から目覚めた時に目やにが気になることが多いです。犬も人間も同じなのですが、睡眠中に最も目やにが出やすくなります。それは、睡眠中はまばたきをしないので異物を含んだ涙が目の端に溜まりやすいことと、睡眠時は新陳代謝が活発になるため老廃物が出やすくなることが原因です。

シニア犬は目やにが出やすくなる

シニア犬になると、老化により新陳代謝が遅くなることで涙の量も減ってしまいます。そうすると、目の中のゴミや老廃物を排出しづらくなり目やにが溜まりやすくなります。異物が長時間目に留まりやすくなるので、目の炎症や病気に繋がらないように注意が必要です。

チェックポイントは量と色!

検査を受ける犬

目やには生理現象として出るため、通常は出ていても心配ありません。しかし、中には何らかの病気のサインである目やにがあります。日頃から「どんな色の目やにが出ているのか」をチェックすることで、ワンちゃんの病気の早期発見に繋がります。また、どんな色であっても大量に出ている場合にも何らかの病気の可能性があるので注意が必要です。

通常の目やにの色

黒、茶色、灰色、白っぽい色の目やにが少量出ている場合は正常の範囲内なので心配ありません。黒や茶色、灰色に色が付くのは、目に入ったゴミや老廃物が混ざっているためです。白っぽい目やにも少量ならば問題ありませんが、粘り気が強かったり大量に出ている場合には一度検査を受けた方が良いでしょう。

病気の可能性がある目やにの色

黄色、緑の目やにが出ている場合にはすぐに病院で受診した方が良いでしょう。目やにの色が黄色や緑になってしまう原因は細菌やウイルスによる可能性が高く、細菌やウイルスと白血球が戦っていることで膿のような色の目やにが出るのです。

目やにが増える犬の病気

目薬をさされている犬

結膜炎

結膜とはまぶたの裏側にある、眼球とまぶたを繋ぐ部分で、ここで炎症が起きることを「結膜炎」と言います。結膜炎は多くが細菌やウイルス感染、またはアレルギー症状によるものです。免疫力が落ちてしまうと結膜炎になりやすくなります。

角膜炎

角膜とは眼球の表面を覆う部分で、ここで炎症が起きることを「角膜炎」と言います。角膜炎は、目に入った異物や草などで角膜が傷付くことで発症することが多く、痛みが強く出ることが特徴です。角膜炎は特に、鼻の短いパグやシーズーなどの犬種がなりやすい病気です。ドライアイで涙の量が減ると、角膜を守りにくくなるため角膜炎になることもあります。

ぶどう膜炎

ぶどう膜とは「虹彩(こうさい)」「毛様体」など、血流が多い膜の総称で、目の中の炎症の総称を「ぶどう膜炎」と呼びます。治療が長引いてしまうことが多いので、根気強く治療していく必要があります。

白内障

目の中の水晶体という部分が白く濁ってしまう病気です。治療には点眼液治療(目薬)と手術があります。病状が進むと視力低下が見られ、家の中で家具にぶつかってしまうといった様子が見られることもあります。

緑内障

眼球は水風船のように水分を含んでいるのですが、この水風船がパンパンになってしまっている状態が緑内障です。字の通り、瞳が緑っぽく見えることもあります。眼球がパンパンになると目の神経を圧迫してしまうため、痛みが出たり視力に低下が見られる場合もあります。

逆さまつ毛

まつ毛が目に入ってしまう方向で生えてしまっているため、眼球に刺さって傷付けてしまっている状態です。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

人間の麦粒腫は「ものもらい」「めばちこ」などと呼ばれています。別名「マイボーム腺炎」とも言い、まぶたのフチにある「マイボーム腺」という皮脂を分泌するところが炎症を起こすことで、ニキビのようなできものができてしまう病気です。

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)、眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)

何らかの原因で、まぶたが反り返ってしまう病気です。目の中の方向に反り返ってしまうのを「眼瞼内反症」、目の外側方向に反り返ることを「眼瞼外反症」と呼びます。

自宅での目やにの対処法

目を拭かれる犬

溜まった目やにをそのままにしてしまうと不衛生になり炎症に発展しやすくなりますので、目やにが出ているのに気が付いたらこまめに拭いてあげましょう。

固まってしまっている目やにはふやかしてから!

無理矢理取ろうとするとワンちゃんが嫌がって暴れてしまい、目を傷つける恐れがあります。乾いて固まってしまった目やにはガーゼやコットンを濡らして、ふやかしてから拭ってあげると取れやすくなります。

犬の正面からガーゼを当てない

目の周りは特にデリケートな部分なので、ワンちゃんが怖がったり嫌がったりしやすい場所です。ガーゼを目の正面から当てようとするとワンちゃんがビックリしてしまうので、ガーゼをワンちゃんのほっぺから目頭方向、またはおでこから目頭方向に、できるだけワンちゃんに見えない位置からそっと持っていきましょう。

まとめ

見上げる犬

犬の目やにの場合、黒や茶色、灰色、白ならば正常の範囲内なので心配ありません。しかし、目やにの色が黄色や緑色になった、または大量に目やにが出るようになった場合は何らかの病気の可能性がるため病院で受診するようにしましょう。

目やには放置してしまうと衛生的に良くないので、朝やお昼寝後などの目やにが出やすい起床時にはこまめに拭いてあげる習慣を付けると良いでしょう。その際には無理矢理に拭こうとせず、コットンやガーゼを湿らせて優しく拭いてあげるとワンちゃんも安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。