【獣医師監修】わんちゃんのしぐさと誤解しやすい本当の気持ち3選

【獣医師監修】わんちゃんのしぐさと誤解しやすい本当の気持ち3選

ペット保険のアイペット損保獣医師チームからわんちゃんのしぐさについてお伝えします。ずっとわんちゃんと暮らしていると、その行動から色々な気持ちを読み取れるようになりますが、それでも、本当はどんな気持ちなんだろうと、気になることもあるのではないでしょうか?今日はそんな飼い主さんの疑問をいくつかご紹介したいと思います!

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の提供

アイペットに在籍している獣医師チーム。臨床経験が豊富な獣医師によって構成されたチームです。獣医療の知識や経験を活用し、正しい知識をわかりやすくお届けします♪

①視線をそらされた!これって嫌われてる?

犬を抱き寄せる女性

私たちは小さい頃から、「相手の目を見て話をしましょう」と教えられますよね。でも、わんちゃんにとって視線を合わせることは、相手への敵対心を意味します。はじめて出会ったわんちゃんと正面から見つめあっている時は、ケンカ一歩手前の緊張状態である場合も!
つまり、わんちゃんが飼い主さんから視線をそらすのは、「敵意はありませんよ」という気持ちの表れなんです!
人に目をそらされたら嫌われた?と思うかもしれませんが、わんちゃんの場合そんなことはないので安心してください♪
ちなみに、飼い主さんとわんちゃんが見つめあうと、オキシトシンというホルモンが分泌されることが知られています。これはお母さんと赤ちゃんが触れ合う際にも分泌されるもので、「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」とも呼ばれています。わんちゃんが目を合わせるのを嫌がらない子であれば、ぜひアイコンタクトやスキンシップをたくさんとって、絆を深めていけたら素敵ですね!

②こんな時に大あくび!?リラックスしてる?

犬のあくび

飼い主さんが大きな声を出した時や動物病院に連れて行った時など、本当は緊張するはずの場面でわんちゃんがあくびを連発しているのを目撃したことはありませんか?
実はこれ、わんちゃんが相手や自分の緊張を和らげるためにやっている、「カーミング・シグナル」という行動の1つなんです。飼い主さんが大声を出している時は「まあまあ、少し落ち着いてよ」、動物病院にいる時は「落ち着け自分!」といった心境です。
あくびなんかしてのんきだなぁと思われるかもしれませんが、実はとてもストレスを感じているかもしれません!
そんなときは、優しく声をかけてあげてくださいね♪

③ごはんを一瞬で食べちゃうのはなぜ?

犬の食事

ほとんどのわんちゃんは、一瞬にしてごはんを食べてしまいます。もう少し落ち着いて食べたらいいのに・・・と思う飼い主さんも多いのではないでしょうか。
わんちゃんの早食いの理由のひとつは、祖先が集団生活をしていたことにあります。捕ってきた獲物は早い者勝ちなので、少しでも自分のお腹を満たそうと、目の前にあるものを一気に食べてしまいます。
また、わんちゃんは人間ほどグルメではありません。舌にある味を感じ取る味蕾(みらい)の数は、人間のおよそ5分の1しかないといわれています。なのでわんちゃんはごはんをしみじみ味わうという習慣がなく、早食いになってしまうんですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?おうちのわんちゃんに当てはまることはありましたか?
これからも楽しみながら、わんちゃんのことをたくさん知っていってくださいね♪

☆本記事執筆の獣医師がオススメするペット保険はこちら☆ トイプードル

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい