柴犬の子犬のしつけはいつから?飼い方の基本と噛み癖のしつけ方

柴犬の子犬のしつけはいつから?飼い方の基本と噛み癖のしつけ方

お気に入りに追加

柴犬の子犬のしつけはいつから始めるの?重要なポイントは?柴犬の子犬をお迎えした時に悩みがちなしつけのコツや飼い方の基本などについてご紹介します♪これから柴犬をお迎えしようと考えている方や柴犬の子犬と暮らしている方は是非チェックしてください!

382view

柴犬の子犬のしつけについて

3匹の柴子犬

柴犬の子犬のしつけについては、まず柴犬という犬種が本来持つ気質をしっかり理解することが重要となります。柴犬は皆さんがご存知の通り、天然記念物にも指定されている日本犬の一種であり、私達日本人にとっては非常に馴染み深く親しまれている犬種です。

その人気も根強く、中型犬の飼育頭数ランキングでも長年不動の1位を誇っている柴犬ですが、近年では柴犬本来の気質を理解せず飼育した結果、「懐かない」「性格が悪い」「しつけができない」などの理由で飼育放棄する飼い主が増加していることが問題となっています。

柴犬は日本犬らしい気質を持つため、子犬のしつけトレーニングをする時もそれらをしっかりと理解したうえで向き合う必要があります。柴犬は利口で愛情深く、一度信頼した飼い主や家族に対しては生涯忠誠心を貫く犬種でもあるため、子犬期から正しい主従関係と信頼関係を築くことが大切です。

柴犬の子犬のしつけの時期

2匹の柴子犬

柴犬の子犬のしつけの時期について、いつから始めればいいのかと悩む飼い主さんも多いようですが、柴犬の子犬のしつけは基本的にお迎えした日から始めることを意識しましょう。というのも、柴犬に限らず犬には「社会化期」と呼ばれる社会に適応する能力や柔軟性を養うための大切な時期が存在します。この社会化期は生後2ヶ月~3ヶ月頃とされているため、一般的にブリーダーやペットショップなどから柴犬の子犬をお迎えした場合、すでにこの社会化期に該当する時期にあたることが殆どです。

まだまだ赤ちゃんっぽさが抜けないこの時期ですが様々なことを吸収し、柔軟性を養うことで知らない環境や人、犬などに対しても友好的な性格の柴犬に育つチャンスがある時期とも言えます。他の犬種と比べても日本犬らしい頑固な一面を持つ柴犬の社会化は特にその後の性格に大きな影響を与えるため非常に重要とされていますので、正しい主従関係や信頼関係、社会化に関してのしつけトレーニングはなるべく早い段階から取り組むように心がけましょう。

柴犬の子犬の噛み癖のしつけ

じゃれる柴子犬

柴犬の子犬の噛み癖のしつけトレーニングは必ず早い段階から取り組むようにしましょう。とは言っても、子犬期に飼い主さんの手や足などを優しく噛むのは歯の生え変わりによってむず痒い場合や遊びに誘っている場合などの甘噛みであることが殆どです。特に生後3ヶ月頃~7ヶ月頃の柴犬の子犬は必ずと言っていいほど甘噛みをすることが多く、これは日本犬の特徴でもあると言われています。

ただ、この甘噛みを放置していると成犬になってから本気で噛むようになったり噛み癖に繋がったりする場合もあるため、可愛いから痛くないからといって人の手や足などを甘噛みさせることは絶対に避けてください。

また、柴犬の子犬が突然噛む場合などはその前後の仕草や行動などをしっかり観察して「何故噛むのか」理由を明確にすることが重要です。ただ遊びに夢中になったり甘えたりして噛んでいるのか、何かに抵抗したり恐怖を感じたりしている時に噛むのか、その理由よって噛み癖へのしつけの対処法は異なってきます。

いずれにしても「噛むと構ってもらえる」「噛むと離してもらえる」など、噛む=柴犬にとって良いことがあると認識させないように注意しなければなりません。

しかし、この甘噛みや噛んで遊ぶという行動そのものを完全に禁止してしまうと柴犬の子犬にとって大きなストレスとなるため、おもちゃやおやつのガムなど、思いっきり噛んでいいものを与えながら、飼い主(人)を噛む=良いことはないと認識してしつけられるよう意識しましょう。

柴犬の子犬のしつけのコツ

ブラッシングする柴子犬

柴犬の子犬のしつけのコツには以下のようなものがあります。

触られることに慣れさせる

柴犬の子犬のしつけのコツとして、まず体に触られることに慣れさせましょう。柴犬との関係性において飼い主がリーダーやバディであるということを認識させることは非常に重要であり、それらを伝える、わからせるという意味では体を触るという行動は非常に効果的と言えます。

柴犬は他の犬種と比べても体をベタベタと触られることを好まない傾向にあり、特に上下関係を重んじる日本犬らしい気質を持つ柴犬は主従関係にある相手にしか体を触らせないことも珍しくありません。体を触るということは主従関係の基礎を築くトレーニングにもなりますので、子犬期から積極的にスキンシップをとり、徐々にお腹や足、しっぽなど触られるのが苦手な箇所も触れるようにしていくことが大切です。

積極的に外出する

柴犬の子犬のしつけのコツとして、積極的に外出しましょう。これは前述した「社会化」のために重要なことでもあり、知らない場所や人、犬などに過剰に警戒したり攻撃的になったりすることを防ぐための最も有効的な手段とも言えます。ただ近所を散歩するだけでも良いですし、ドッグランや人や犬が集まる公園などに出向くのもおすすめです。予防接種などの関係で散歩に出かけられない場合は抱っこで家の周りを歩くだけでも十分です。

可能であれば飼い主や家族以外の人や犬と触れ合う機会があれば尚効果的ですね。つまり、知らない場所や人、犬=危険、怖いなどと認識させないために、たくさんの世界を柔軟性のある子犬期に柴犬に見せてあげられるように心がけてください。

ルールや態度を一貫する

柴犬の子犬のしつけのコツとして、ルールや態度を一貫することを心がけましょう。人よりも成長スピードが早い犬の場合、たった1年程の子犬期に社会化期や恐怖期、反抗期など様々な時期を急速に経ることとなります。そのため、柴犬の子犬が一度はできるようになっていたトイレを失敗するようになったり、悪戯を繰り返したりと飼い主さんを悩ませることは珍しくありません。

しかし、この時に柴犬の子犬を怒鳴ったり叩いたりするなど感情的に接してしまうと主従関係や信頼関係にヒビが入り、更に関係性が悪化させることとなります。個体差はあるものの、トイレの失敗や悪戯などは1歳半頃を過ぎれば落ち着くことも多いため感情に左右されず「良いこと」「悪いこと」のルールや柴犬の子犬に対する態度は一貫して大らかな気持ちで向き合うことが何よりも大切です。

柴犬の子犬のしつけのコツは、やはり主従関係や信頼関係を重んじる柴犬の気質を理解することが基本となります。逆に言えば、主従関係や信頼関係さえ築くことができれば利口な柴犬のしつけそのものは決して難しいものではないのです。

とは言え、日本犬らしい少々気難しくて頑固な一面を持つ柴犬のしつけトレーニングに悩む飼い主さんは多いので、柴犬専門のブリーダーさんやベテラン飼い主さんのしつけを参考にするのも良いでしょう。基本のトイレトレーニングやコマンドなどのしつけ方法が動画で紹介されていることもありますので、チェックしてみてくださいね。

柴犬の子犬の飼い方の基本

男性と柴犬

柴犬の子犬の飼い方の基本についてご紹介します。

性格

柴犬は飼い主や家族に対して非常に忠実な性格をしています。その半面、繊細で環境の変化やストレスに弱く、少々神経質な一面を持つことも少なくありません。警戒心も強く勇敢であるため、飼い主や家族以外の人や犬に馴れ馴れしくすることは少なく、番犬に向いている犬種とも言えます。また、飼い主や家族に対してもあまりベタベタすることは好まず、頑固で独立心も持ち合わせます。

柴犬の本来の性格はまさに日本犬らしいと言えるものですが、子犬期の社会化期やコミュニケーションによってそれらを緩和させることは可能です。個体差はありますが、少しでも柔軟で友好的な性格に誘導することを意識しましょう。

寿命

柴犬の寿命は12年~15年とされており、犬種全体で見ても比較的長生きする犬種であると言えます。26年9ヶ月の寿命を全うし、世界最高齢の犬としてギネス登録された「ぷーすけ」も柴犬とミックス犬の間に生まれたわんちゃんであり、平均寿命を超えて健康に過ごしている柴犬も多く存在しているようです。

比較的丈夫で健康な個体が多い柴犬ですが、アトピー性皮膚炎や膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)、僧帽弁閉鎖不全(そうぼうべんへいさふぜん)などにかかりやすいとされているため、子犬期から每日のボディチェックや定期的な健康診断で1日でも長生きしてもらえるようサポートしたいですね。

生活環境

柴犬の子犬の飼い方として、番犬のイメージが強い柴犬は屋外飼育が向いていると思われがちですが、なるべく室内飼育することをおすすめします。柴犬を室内飼育することで、気候の変化による体調不良を防ぐことができたり、家族と過ごす時間を増やすことで信頼関係を築きやすくなったりと、メリットがたくさんあります。ただ、警戒心や独立心が強い柴犬を室内飼育する場合は、柴犬が安心して過ごすことができる、テリトリーを確保してあげることが大切です。特に子犬期のお留守番には、ケージやサークルなどを上手く利用するようにしましょう。

散歩

柴犬は活発で運動量も多い犬種であるため1日2回、30分程度の散歩を必ず行いましょう。お散歩デビューから間もない時期は、様子を見ながら無理のないよう時間を調節してください。また、きれい好きな柴犬は室内で排泄することを好まない傾向にありますが、お散歩時にのみ排泄する癖をしつけてしまわないように注意してください。

柴犬は他の犬種と比べても変化を嫌いルーティーンを好む傾向にあります。そのため、每日決まった時間に散歩に出掛ける習慣を付けてしまうと、天候や飼い主さんの予定などで行動に変化が生じることで強いストレスを感じる場合も。そのため、柴犬の子犬とお散歩に出掛ける時間帯は、なるべくバラつきが生じるように意識してしつけてください。

しつけ

柴犬の子犬の飼い方としてどんなしつけトレーニングも短期集中型を意識しましょう。というのも、柴犬は集中力が高いと言われる犬種であるものの、その持続時間は約10分程度とされています。決して柴犬の知能が低いというわけではありませんので、焦らずじっくり時間を掛けてトレーニングを行うことが大切です。

柴犬が他の犬種と比べて個性が強い犬種とはいえ、じっくり愛情を持って向き合えば自然とその気持ちや行動の理由が分かるようになってきます。ただ、飼い方や接し方によって性格が大きく左右される犬種であるということも事実ですので、柴犬の子犬をお迎えする時は柴犬にあった生活環境の準備やしつけトレーニングが行えるのかどうかなどをしっかりと考慮しましょう。

まとめ

クッションと柴子犬

柴犬の子犬のしつけや飼い方の基本についてご紹介しました。柴犬は「利口」「忠実」などのイメージから「飼いやすい」と言われることもある犬種ですが、一般的に日本国内で飼育されている他の犬種と比べても柴犬ならではの気質を持つため少々しつけが難しいのも事実です。

しかし、これは決して柴犬の性格が悪い、知能が低いなどということではなく、飼い主側次第で解決できることが殆どです。実際に長年に渡って複数の柴犬と暮らしてきた飼い主さんが2匹目、3匹目の柴犬と暮らしてやっと柴犬の気質や向き合い方を正しく理解することができ、しつけトレーニングが楽になった、より良い関係性を築くことができるようになったというケースもあるようです。

これから柴犬をお迎えしたいと考えている方や既に柴犬の子犬と暮らしているという方は、柴犬本来の気質や性格、行動の意味や気持ちなどの根本的な部分を知ることで柴犬の子犬との絆をより深めることができるかもしれません。更に時を遡って柴犬の歴史などについて調べてみるのもおすすめですよ~♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。