チワワの成犬の大きさや体重、餌の量やしつけ方について

チワワの成犬の大きさや体重、餌の量やしつけ方について

チワワの成犬の大きさや体重、しつけ方やかかりやすい病気などについて詳しく解説します。チワワの被毛や毛色、性格についてもご紹介しますのでこれからチワワをお迎えしたいと考えている方や既にチワワと暮らしている方も是非チェックしてみてくださいね♪

はてな
Pocket
お気に入り登録

チワワの成犬の大きさ

笑顔のチワワ

世界で最小の純血種と言われるチワワの成犬の大きさは、体型のタイプや血統、個体によって若干異なりますが体高は12cm~20cm程度であることが多いようです。近年では一般的なスタンダードチワワよりも更に小さいティーカップチワワや極小チワワなど、公式には認定されていないものの希少価値の高い犬種として人気が集まっている種類の存在もあります。

過去には極小チワワとして体高9.65cmのチワワがギネス認定されており、手乗りサイズと言われるティーカップチワワより更に小さい個体も増えつつあるようです。基本的にチワワの体高についてはJKC(ジャパンケンネルクラブ)においても特に規定はなく、体重のみが考慮されます。

また、チワワの体型は以下の3つのタイプに分類されます。

ドワーフ

ドワーフタイプのチワワは、短い脚にがっしりとした体型をしています。まさに「ずんぐりむっくり」といったイメージで丸々としたフォルムが魅力の一つです。チワワの体型タイプのなかでもイメージ的に骨格の良い大きめの印象を与えるのもこのドワーフタイプかもしれません。

ハイオン

ハイオンタイプのチワワはスラッとした首周りと長い脚が特徴です。前述したドワーフタイプのチワワとは真逆のイメージで「モデル体型」といったところでしょうか。ハイオンタイプのチワワは華奢ですが脚がスラッと長いため体高が高くなる傾向にあります。

スクエア

スクエアタイプのチワワはドワーフタイプとハイオンタイプの中間にあたる体型を指します。日本国内で飼育されているチワワはこのスクエアタイプに該当することが多いようです。

チワワの成犬の体重

2匹のチワワ

チワワの成犬の体重は、1.5kg~3kgとされています。JKC(ジャパンケンネルクラブ)では500g~1.5 kgは許容されるが体重が500g未満、3kg超の場合は失格と定めています。一般的に極小チワワやティーカップチワワは体重1.5kg前後のチワワのことを指すようですが、1.5kg前後のチワワは珍しくないためその基準は曖昧であり、体重よりも見た目が重視されるようです。

体重推移には個体差があるものの、生後12ヶ月頃には2kg~2.5kg程度の体重であることが多いようです。ただし、個体の骨格によって適正体重は異なるためかかりつけの獣医師に愛犬の適正体重についてしっかりと確認しておくことが重要です。

チワワの成犬の性格

走るチワワ

チワワの成犬の性格についてご紹介します。

陽気

チワワは陽気で活発、明るい性格をしています。好奇心旺盛で遊び好きなため、何にでも興味を示す傾向にあります。超小型犬であるチワワの運動量はそう多くありませんが、広々とした場所で飼い主さんと思いっきり走ったり、遊んだりすることも大好きです。

勇敢

チワワはその小さな見た目によらず非常に勇敢な性格をしており、時には自分よりも遥かに大きな体を持つ大型犬に向かっていくなど大胆な行動をとることもあります。強気で意思表示もはっきりしているため、子犬期に正しい服従関係、信頼関係を築くことが大切です。

警戒心が強い

チワワは神経質で警戒心が強い一面を持ちます。個体差はありますが、なかには常に気を休めることなく辺りを警戒するなど用心深い性格をしているため番犬にも向いていると言えます。しかし、社会科期に上手く環境に馴染めなかった場合などにこの警戒心が攻撃的な行動や無駄吠えなどに繋がってしまうことも多いため注意が必要です。

利口

チワワは利口で自己判断力にも長けるため、少々勝ち気で頑固な一面も持ちます。物覚えも良く、しつけトレーニングもそう難しくありません。ただ、見た目が小さく弱々しいからと甘やかしてばかりいると「自分のほうが偉い」と認識してしまうこともあるため注意しましょう。

愛情深い

チワワは飼い主や家族に対して非常に愛情深く、甘えん坊な性格をしています。その反面、知らない人や犬に対して警戒心を強めることもありますが、社会科期に様々な環境に慣れさせておくことで攻撃的な行動を防ぐことが可能です。正しい信頼関係、服従関係を築くことさえできれば常に飼い主や家族の側に寄り添うことを好み、とても一途で従順な性格であると言えます。

チワワの成犬の被毛

タンカラーチワワ

チワワの成犬の被毛は以下の2種類のタイプがあります。

スムースコートチワワ

チワワはメキシコ原産の犬種であり温暖な気候で育種されてきたため、本来光沢のある短い被毛を持つスムースコートしか存在しませんでした。スムースコートのチワワの被毛は薄いため、寒さには弱く夏場でも衣服の着用が必要な場合もあります。スムースコートは短毛ではありますが換毛期に関わらず常時抜け毛があるため、ブラッシングなどのお手入れは必要となります。

ロングコートチワワ

チワワのロングコートタイプの長い被毛はふわふわと柔らかく、頭や腕、しっぽには飾り毛を持ちます。元々チワワは前述したスムースコートしか存在しませんでしたが、人気の高い長毛のチワワを生み出すためにアメリカでの交配過程でダブルコートを持つ犬種と交配された結果、ロングコートチワワが誕生したとされています。

スムースコートよりも長い被毛を持つロングコートはお手入れが大変というイメージもあるかもしれませんが、意外にもスムースコートよりも抜け毛が少ないとされています。ただし、細く絡まりやすい毛質をしているため、日々のブラッシングは欠かせません。また、長毛であっても寒さには弱いため防寒対策は必須と言えます。

スムースコートチワワとロングコートチワワの種類の違いは主に被毛の長さや毛質などがありますが、なかには性格や体型にも若干違いがあるという意見もあるようです。また、元々温暖な国で育種されていたチワワは本来シングルコートであったようですが、ロングコートチワワの作出の際にダブルコートの犬種との交配が行われたため現在ではシングルコート、ダブルコートのどちらのチワワも存在しているようです。

チワワの成犬の毛色

あくびをするチワワ

チワワの成犬の毛色は「マール」と呼ばれる同系の明るい背景色に暗いパッチの大理石模様が入ったボーダーコリーなどの犬種が持つ毛色を除いた全ての色調、組み合わせが認められています。そのためチワワの毛色は多種多様なのですが、特に人気の高い毛色のパターンには以下のようなものがあります。

ソリッドカラー

ソリッドカラーとは単色のことを指します。チワワのソリッドカラーは非常にバラエティ豊かでホワイト、クリーム、レッドの他に金色がかった色に黒の差し毛が混ざったフォーン、黒貂(テン)色と呼ばれる基本色に黒い毛が入り混じったセーブルなどがあります。またレアカラーと呼ばれるブルー、グレー、イザベラなどの薄い毛色を持つ個体も存在しています。

パーティーカラー

パーティーカラーとは部分的にベースカラーとはっきり区別できる毛色を持ち、2色以上の色で構成された被毛パターンのことを指します。チワワのパーティーカラーにはブラック&ホワイトやフォーン&ホワイト、ブルー&フォーンなどがあります。

タンカラー

タンカラ―とは「タンマーキング」と呼ばれる模様が両目の上や口の周り、脚などに表れる被毛パターンのことを指します。特に両目の上にタンマークを持つチワワは「まろ眉」のように見えることから非常に人気が高いようです。タンカラーはベースカラーによってブラック&タン、チョコタン、ブルー&タンなどと呼ばれます。

トライカラー

トライカラーとは3色以上で構成される被毛パターンを指します。前述したタンカラーに1色を加えたようなイメージです。

スポットカラー

スポットカラーとは乳牛のような斑点の模様を持つ被毛パターンを指します。

ブリンドル

ブリンドルとはベースカラーに満遍なく他の色の差し毛が混ざった被毛パターンのことで、日本では「虎毛」と表現される非常に珍しい毛色を指します。

このようにチワワの被毛はバラエティに富んでおり、非常に個性豊かな犬種であると言えます。チワワの毛色は成長と共に変化することも珍しくなく、成犬になると印象が異なることもあります。特にフォーンでは差し毛の量の変化によって成犬になると子犬期に比べて明るい毛色になることが多いようです。

ちなみにJKC(ジャパンケネルクラブ)で唯一認められていない「マール」についても近年ではブルーやイザベラ同様にレアカラーとして扱われることもあります。チワワのマールは遺伝性疾患への懸念からその繁殖は認められていないため、お迎えする際はしっかりとその事を理解しておかなくてはなりません。

チワワの成犬の餌の量

食べるチワワ

チワワの成犬の餌の量については与えるフードの種類や愛犬の年齢、体型、体調などによっても異なります。近年ではチワワ専用のドッグフードも様々なペットフードメーカーから販売されていますので愛犬の好みやライフステージに合わせて選ぶのも良いですね。必ずチワワ専用のドッグフードを選ばなければいけないわけではありませんが、口の小さなチワワにとって大粒の固いフードは食べにくい場合もありますので、食事中の様子をしっかり観察することも大切です。

また、成犬のチワワは肥満に十分に注意しなければならないため主食以外のおやつなどのカロリーも含めて1日の総摂取量が多くなり過ぎないようにしてください。1日の総摂取量はドッグフード毎に定められていますが、それらはあくまでも目安であるため愛犬の適正体重と照らし合わせながら調節しましょう。

チワワの成犬のしつけ

女性とチワワ

チワワの成犬のしつけについてご紹介します。

トイレトレーニング

チワワの成犬のトイレトレーニングについては、子犬期のトイレトレーニング同様に行います。寝起きや食後などトイレのタイミングを見計らってトイレへ連れて行き、成功したら大袈裟に褒めます。失敗した時は叱ったりせずに黙って片付けることを徹底してください。

あくまでも排泄は生理現象ですから、トイレを失敗した時に叱ってしまうと何故叱られているのかが理解できず、トイレを我慢したり、隠れて排泄したりするようになってしまう可能性もありますので注意しましょう。

散歩

チワワは非常に警戒心が強い犬種でもあります。そのため散歩に出ると外の音や知らない人、犬などに過剰に反応してパニックを起こしたり、一切歩こうとしなかったりする個体も珍しくありません。そんな時はまず抱っこで外の環境に慣れることから初めてみましょう。毎日数分だけ、家の前だけでも構わないので外の環境に触れさせて「外は危険な場所ではない」ことを教えてあげることが大切です。

また、チワワが外を怖がるからといって飼い主さんが過剰に心配したり不安を感じたりするとその気持ちが愛犬に伝わり、更に警戒心を強めてしまうケースも少なくありません。飼い主さん自身も「歩けなくてもいいよ」と伸び伸びとした気持ちで散歩に出かけるよう心がけましょう。

噛み癖

成犬のチワワの噛み癖をしつけで直す場合、まずは何故「噛む」のかということを理解する必要があります。例えば何かに恐怖を感じて自己防衛のために噛んでいるのか、遊びのつもりで噛んでいるのかなどです。子犬期には遊びや歯のむず痒さから甘噛みをすることも珍しくなく、この行動を止めさせずにいることが成犬の噛み癖に繋がることが多いと言われています。

恐怖心から噛んでいるのであればその要因を取り除き、遊びのつもりで噛んでいるのであれば甘噛みを無視することで時間を掛けて解決していく必要があります。この場合も大きな声で怒鳴ったり、名前を呼んだりすることは逆効果になるため「無視」することが基本となります。

無駄吠え

チワワの成犬の無駄吠えについても「吠える理由」をしっかりと理解する必要があります。そもそも「無駄吠え」というのはその名の通り「無駄」に吠えることを指しますが、チワワにとっては吠える理由があり、時には飼い主さんを守りたい一心で吠えている場合もあるのです。チワワが吠える理由は物音や人や犬の気配であることが殆どなので、吠え始めた時に飼い主さんがコントロールできるよう「信頼関係」「服従関係」の見直しから始めましょう。

名前を呼んだ時に目線を合わせる「アイコンタクト」や飼い主さんの側に呼び寄せるおいで、戻れなどのコマンドなど、基本的なトレーニングから復習してみてください。チワワを吠えさせないようにするというよりは、飼い主さんがチワワをコントロールして落ち着かせることを目的としてトレーニングを行いましょう。

成犬のチワワのしつけもその内容は基本的に子犬期と殆ど変わりません。ただ、子犬期と比べて自我や習慣が完成した成犬期のしつけが難しいものであることも事実です。しかし、犬のしつけで大切なのは正しい服従関係と信頼関係であることには変わりありませんので気長にトレーニングを行うことが大切です。

しつけというと「叱る」「怒る」などのイメージがありますが、基本的には失敗した時は「無視」、成功したら「大袈裟に褒める」ことだけで十分です。大きな声で怒鳴ったり名前を呼んだりするなどの感情的な怒り方をしないよう寛大な気持ちで向き合いたいですね。

チワワの成犬のかかりやすい病気

伏せるチワワ

チワワの成犬のかかりやすい病気には以下のようなものがあります。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)とは、膝の皿である膝蓋骨が骨からずれてしまった状態のことを言います。膝蓋骨脱臼の原因は遺伝性と外傷がありますが、その重度によって足を引きずって歩く、触れると痛がる、腫れなどの症状が現れます。膝蓋骨脱臼はチワワなどの体の小さな犬種に多く見られる病気であり、基本的に手術療法が用いられます。

気管虚脱

気管虚脱(きかんきょだつ)とは空気の通り道である気管が押し潰されることで呼吸困難などの症状を引き起こす病気です。気管虚脱はチワワなどの小型犬に多く見られ、一度治っても再発を繰り返すことも珍しくなく、時には生命に関わることもあります。治療方法はその症状の度合いによって異なりますが、投薬治療や外科治療などが用いられます。なかにはチワワの肥満やリードの引っ張り癖が気管虚脱の原因となるケースもあるため、日頃から注意しておきましょう。

心臓病

チワワの成犬、特に高齢犬は僧帽弁閉鎖不全症(ぞうぼうべんへいさふぜんしょう)などの心臓病を患うリスクが高いとされています。僧帽弁閉鎖不全症(ぞうぼうべんへいさふぜんしょう)を発症すると乾いた咳や歯茎などの粘膜が青紫色になるチアノーゼなどの症状が現れます。治療方法は薬物療法や食事療法が基本となり、激しい運動は避ける必要があります。

7歳までの成犬のチワワは年に1度、7歳を過ぎたら半年に1度、動物病院での定期的な健康診断に通うことはもちろん、少しでもチワワの体調に異変を感じた場合はすぐに動物病院を受診するなどの方法で早期発見、早期治療を心がけましょう。

眼病

チワワの瞳は大きく飛び出ているため、ゴミが入ったり傷が付いたりしやすいので眼病には注意しなければなりません。目ヤニが多い、常時涙が出ている(瞳が潤んでいる)、充血しているなどの症状が現れた場合、結膜炎や角膜炎などを引き起こしている可能性がありますので早急に動物病院を受診しましょう。

低血糖症

低血糖症(ていけっとうしょう)とは血液中の糖分(グルコース)が低下し、細胞への栄養補給が十分に行えなくなった状態のことを言います。低血糖症の原因は長時間の空腹や体の冷え、内臓障害など様々でありどの年齢、犬種でも発症する可能性がある病気ですが、体が小さく寒さに弱いチワワも注意が必要です。

低血糖症を引き起こすとぐったりする、意識消失、痙攣などの症状を引き起こします。チワワが運動をした後にぐったりする場合は低血糖症を引き起こしている可能性がありますので、何か食べやすいものを与えるなどしてしっかり様子を観察しましょう。

チワワは小さい体ながら健康で長生きする犬種としても知られています。しかし、その小さな体故のトラブルも存在するため、チワワの成犬がかかりやすい病気をしっかり把握しておくことで日常的にサポートできれば良いですね。

まとめ

7匹のチワワ

チワワの成犬の大きさやしつけ方などについてご紹介しました。チワワの体の大きさはその体型タイプや被毛の長さ、更に毛色によっても印象は異なり、まさに個体の個性が生きる魅力的な犬種であることが分かりましたね。ただ、そのか弱そうで愛らしい見た目に反して勇敢で勝ち気、大胆な気質を持つことからその関わり方や服従関係の築き方には注意が必要です。

家庭犬としても不動の人気を誇るチワワですが「無駄吠えが多い犬種」と言われてしまうのは、飼い主さんの「叱ると可哀想」という間違った関わり方が原因なのかもしれません。見た目だけでなく、チワワが持つ本来の気質をしっかり理解して向き合うことを心がけたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。