犬が大はしゃぎする時は注意が必要?考えられる危険性について

犬が大はしゃぎする時は注意が必要?考えられる危険性について

お気に入りに追加

犬が喜んでおおはしゃぎしている様子はとても微笑ましいものですが、実はそれが事故やトラブルの元になってしまうこともあります。犬がはしゃいでいる時に起こりうる危険性やそれを防ぐ対処法などをまとめたので、ぜひ改めて確認しておきましょう。

2270view

犬がはしゃぐ時の危険性①衝突などによる怪我

脚に怪我をしている犬

犬がはしゃいでいる時に最も起こりやすいのが犬自身の怪我です。はしゃいで走り回ったりジャンプをしたりすることで、どこかにぶつかったり物を落としてしまいそれが原因で傷を負ったり…。特に家の中ではしゃぐとどうしてもそのようなトラブルが起きやすいので、飼い主が十分に気をつけてあげましょう。また、散歩中にはしゃいで走り回った結果、リードが飼い主の足に絡まって飼い主共々怪我をしてしまったということも聞かれるので注意してくださいね。

犬がはしゃぐ時の危険性②興奮による事故・喧嘩

喧嘩する2頭の大型犬

犬が大はしゃぎしている時、興奮状態にあるため自分でも何をしているのかよくわからなくなってしまうことがあります。そのため、興奮のあまり近くにいる人や物に飛びついたり噛みついたりすることもあるでしょう。はしゃいでぶつかる程度なら問題ないかもしれませんが、それが子供や高齢者であれば押し倒して大きな事故につながることもあるので周囲には十分気をつけなければなりません。

また、遊んではしゃいでいたはずの犬同士が興奮のあまり喧嘩に発展してしまうこともめずらしくありません。はしゃぎすぎてどちらかの犬がやりすぎてしまい、片方が怒るなどのパターンが多いので、犬同士が遊んではしゃいでいる時も時々休憩をはさんで冷静にさせるなどの対応が必要でしょう。

犬がはしゃぐ時の危険性③関節など体への負担

高くジャンプしているジャックラッセル

犬が大はしゃぎしている時に、どこかにぶつかったり高いところから落ちたりすることで突発的な怪我をする可能性があります。それ以外にも一見わかりにくいものの、大はしゃぎすることで体に負担がかかったり、それが蓄積されて大きな疾患につながることもあるのです。

特にトイプードルやポメラニアン、チワワのように足が細い小型犬がはしゃいでジャンプすることで膝の関節を傷めてしまったり、ダックスフンドやコーギーがはしゃいで立ち上がることで腰を傷めたりすることは多く見られます。これらの犬種は元々膝や腰が弱く膝蓋骨脱臼などの先天性疾患を抱えている場合も多いので、ちょっとした負担によって大きなダメージを受ける可能性があります。はしゃぎすぎて何度もジャンプをしたり走り回って横すべりするような行動が見られたら、すぐに落ち着かせるようにしたり抱きかかえるなどして行動を抑えるようにしましょう。また、室内ではしゃいで走り回っても関節に負担が少ないよう、カーペットを敷くなど床が滑りにく状態に環境を整えてあげることも大切です。

犬が大はしゃぎする時の危険性まとめ

うれしそうに走るMダックス

犬がはしゃいでいる時、周囲の状況や環境が安全であれば様子を見ていても問題ありませんが、怪我や事故を防ぐためにもある程度のところで一度落ち着かせて冷静さを取り戻すようにしましょう。動物は動きや行動が精神面に影響を与える場合があり、はしゃいで走り回るなど体を動かし続けていると興奮状態が収まらず自分では落ち着くことができなくなってしまうことがあります。そのため、気持ちのコントロールのためにも少しはしゃいで走り回ったとことで犬を呼び戻したり抱きかかえたりして、動きを止めるようにすると落ち着きやすくなると思います。はしゃいでいる時に「こら!」「やめなさい!」などと大声で止めようとしても、興奮状態の犬には聞こえていない可能性が高いので、小型犬であれば抱き上げる、大型犬であれば首輪を持つなどやや強制的に制止することも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。