知っておくと役立つ!犬の歩き方で分かる心理 

知っておくと役立つ!犬の歩き方で分かる心理 

お気に入りに追加

犬の歩き方で犬の心理が分かると知っていましたか?この記事を読んでいただけると、普段気にしていなかった愛犬との散歩が変わってくるかもしれません。

3480view

犬の歩き方の種類を知っておこう

宙を浮くように走る犬

犬の歩き方にはいくつかの種類があるのでご紹介します。

ウォーク

基本的な犬の歩行方法がこれです。ゆっくりした歩き方で、左後ろ足→左前足→右後ろ足→右前足のように順番で動かされ、地面に2本の足がついているのでいくつかある歩き方の中では一番疲れにくい歩行方法です。

トロット

速足(はやあし)と言われる歩行方法で、ドッグショーで見られる歩き方がこれです。歩幅がウォークに比べると少し広くなり長い時間歩きやすいため、散歩中にずっとトロットで歩く犬もいます。

キャンター

駆け足と言われる歩行方法で、軽やかに走るという感じです。
この歩行方法のときは身体がリズミカルに上下し、地面を蹴るようにして走ります。

ギャロップ

襲歩(しゅうほ)と呼ばれる歩行方法で、全速力で走る場合のことを言います。足を動かす順番はキャンターと同じですが、一瞬全部の足が宙に浮く瞬間があります。非常に体力を使うため、長時間この歩行方法で走ることはできません。

歩行方法

足の出し方には2種類の方法があります。それは以下の通りです。

  • 側対歩

右の後ろ足と前足・左の後ろ足と前足が同時に出る歩き方を「側対歩」といいます。

  • 斜対歩

4本の足がバラバラに出る歩き方を斜対歩といいますが、一般的にほとんどの犬はこの歩行方法で歩きます。

犬の歩き方で分かる犬の心理

女の子と犬の後ろ姿

先に述べてきたように、犬の歩行方法にはいくつかの種類があることはお分かりいただけたと思います。実は犬の歩き方には心理が表れるのをご存知でしょうか。犬は「カーミングシグナル」という合図を使いますが、これは歩き方で自分の気持ちや相手のことを落ち着かせようとするものです。

急に歩み遅くなった

散歩中に急に歩が遅くなったとき、これはカーミングシグナルのひとつです。この例として、散歩中に自分より身体が大きい知らない犬が来たときに愛犬が急に歩くのが遅くなり、ついには止まったりするという行動があります。
これは知らない犬に対して自分は敵意がないことを示しているとともに、知らない犬への自分の警戒心を落ち着かせようとするものです。

他の犬とすれ違う時に弧を描くように歩く

散歩中に向こうから知らない犬がきたときに、愛犬がその犬とすれ違う時に大きく弧を描くようにすれ違ったとき、これもカーミングシグナルです。この行動にも相手に「自分は敵意がないよ」とアピールしています。

犬が側対歩するとき

笑顔で歩く歩く犬

犬の歩き方の中で、「側対歩」という歩き方をご紹介しました。この歩き方は、右の前足と後ろ足・左の前足と後ろ足を同時に出すもので、この歩き方をしているときに犬は以下のような心理でいます。

ドキドキしている

緊張しているときや、ストレスが溜まっているとき犬は側対歩という歩行方法で歩くことがあります。人間の子どもが卒業式などで緊張しているとき、右手と右足が一緒に出てしまうようなあの心理ですね。

疲れたとき

同じ側の前足と後ろ足が出る歩き方をすると、身体をねじらなくてすむので疲れにくい歩き方と言われています。そのため、犬が普段は側対歩しないのに側対歩するようになったら疲れてきた証拠です。

ケガや病気の可能性

側対歩という歩行方法は疲れにくい歩き方だと解説しましたが、愛犬が部屋の中でも側対歩であるくようになったらケガや病気を疑いましょう。
関節や腰などに痛みがある場合や、違和感があるときに身体をかばうように側対歩で歩くことがあるので注意しましょう。

まとめ

夕日の中の飼い主と犬

犬の歩き方で心理が分かることがお分かりいただけたでしょうか。
愛犬との散歩は楽しい時間ですよね。飼い主さんが犬の歩き方でその心理が分かるようになったら、今まで以上に愛犬との散歩が楽しくなりますよ。

そして、普段から歩き方を気にしていることでケガや病気を早期発見することができますので、注意してあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。