良かれと思っていたことが…実は虐待につながる行為5つ

良かれと思っていたことが…実は虐待につながる行為5つ

お気に入りに追加

愛犬のために良かれと思ってしていたことが、結果的に虐待に繋がっていたという話は割とよくあります。愛犬を可愛がり過ぎている人ほど、知らず知らず悪影響を与えてしまっている傾向にあるので要注意です。

9041view

良かれと思っていたことが…実は虐待につながる行為5つ

飼い主に可愛がられているドーベルマン

1.厳しくしすぎている

愛犬をお利口に育てようと思って、つい厳しくしすぎている人はいることでしょう。しつけをすることはとても大切といえますが、完璧を求めすぎて叱ってばかりいると、犬がとても苦痛に感じてしまうようになるので気をつけないといけません。

厳しくしつけをする方が犬がいうことを聞くようになる。お利口になる。そう感じている飼い主はいると思いますが、実際は効果的でなかったり逆効果となる場合が多かったりします。例えば、間違ってオシッコをしたときに毎回叱っていると、犬は自信を失って余計に失敗するようになることがありますし、逆に構ってくれていると勘違いしてオシッコをすると遊んでくれる、といった間違った解釈をすることもあるそうです。

また、犬は叱られてばかりいると飼い主のことを怖がるようになり、信頼関係が崩れやすくなってしまいます。そうなってしまうと、怖い飼い主から自分を守ろうとして攻撃的な性格になったり、ストレスを溜めやすくなったりすることが多いみたいですね。このように良かれと思ってしていたことが、虐待をしているときと同じような影響を愛犬に与えてしまうことがあるので気をつけましょう。

2.干渉しすぎている

可愛い愛犬には不自由をさせたくない!そんな愛犬が大好きな人がついついやってしまいがちなこと、それが過干渉となります。できるだけ愛犬には嫌な思いをさせず快適に過ごさせたいと思うのは親心として当たり前といえますが、干渉しすぎていると愛犬に悪影響を与えることがあるので要注意。

例えば、愛犬のために苦手なものを取り除きすぎたり、何不自由ない生活をさせたりしていると犬は自分で考えないようになり、自立心が育ちにくくなってしまいます。また、快適な暮らしに慣れすぎることでちょっとした変化に対応しにくくなり、結果的にストレスや苦痛を感じやすくなることもあるみたいですね。
『可愛い子には旅をさせよ』という言葉があるように、あえて試練を与えることも時には必要といえるでしょう。愛犬に快適な暮らしをさせてあげるのはとても大切といえますが、過干渉しすぎていないか、ときどき見直してみることをおススメします。

3.過保護にしている

王冠を被って伏せている犬

過干渉と同じように、愛犬が可愛いあまりつい甘やかしすぎてしまう、という飼い主はとても多くいることでしょう。愛犬に何かを要求されたときは毎回応じる。甘えてきたときは常に構ってあげる。どこに行くにも愛犬と一緒。そういったことに心当たりがある人は過保護に接している可能性があるといえますよ。

あなたは『過保護にするのは虐待をしているのと同じ』という言葉をご存じでしょうか?簡単にいいますと、必要以上に可愛がったり甘やかしたりすることで、愛犬に様々な悪影響を与えてしまうという意味となります。
甘やかしすぎていると愛犬がワガママで我慢のできない子に成長しやすくなり、自分の要求が通らないとすぐにストレスを感じるようになってしまいます。さらに、過保護に育てていると飼い主に強く依存することが多く、飼い主と少しでも離れたときにストレスに感じたりパニックを起こしたりする『分離不安症』になるなんてことも。

可愛さゆえについ甘やかしてしまう人はたくさんいると思いますが、可愛がりすぎると愛犬のためになりませんので、時には我慢させたり厳しく接したりすることも必要といえそうですね。

4.においを嗅がせない

犬にとってにおいを嗅ぐという行為は情報を得るためのとても大切な行為となるのですが、においを嗅がせないようにしている飼い主は少なからずいることでしょう。においを嗅ぐという行為は犬にとってごく自然な行為となり、毎回においを嗅がせないようにしているとストレスに感じることが多いので要注意。

例えば、散歩中に愛犬が他の犬のオシッコを見つけてにおいを嗅ごうとしたとき、不衛生に感じて止めさせる飼い主はいると思います。たしかに、人間からすると他の犬のオシッコを嗅ぐという行為は不衛生で不快に感じることが多いと思います。しかし、犬にとっては相手の情報を知るための大切な方法となるので、なるべくにおいを嗅がせてあげてください。

他にも、犬は食べ物や興味を持ったものに対しても「これは何だろう?」とにおいを嗅ぐことが多いですよね。そういったときに、においを嗅がせないように取り上げてしまうと、犬はモヤモヤした気分になり、ストレスを感じてしまうことがあります。もちろん、愛犬が危険なものを嗅ごうとしたときは、取り上げないといけませんが、安全なものでしたら気が済むまでにおいを嗅がせてあげるようにしましょう。

5.食べ物をあたえすぎている

飼い主の手からオヤツを食べるチワワ

愛犬の食べ物を欲しがる顔が可愛すぎて、食べ物をたくさんあげてしまうという飼い主は数多くいると思います。「たくさん食べ物を食べて太っても幸せそうならそれでいいか」そう思う飼い主は少なからずいると思いますが、肥満になってしまうと愛犬の体に様々な悪影響が出たり、大病の原因となる可能性が高かったりするといえるので注意が必要です。

例えば、愛犬が肥満になってしまうと心臓病や糖尿病になる危険が増したり、首周りに脂肪がつくことで気管を圧迫して呼吸器に負担をかけやすくなったりします。体重が増えることで、体中の関節や筋肉に負担をかけてしまい、椎間板ヘルニアになってしまうこともあるそうですよ。このように肥満は体中に様々な悪影響を与えてしまう危険なものとなります。少し可哀想に思うかもしれませんが、愛犬の健康のために食べ物をあげ過ぎないように気をつけましょう。

まとめ

割れた花瓶と飼い主に叱られているダルメシアン

愛犬のために良かれと思ってしていることが、実は虐待と同じような意味をもっていたという場合が意外と多かったりします。私もつい食べ物をあげすぎたり甘やかしてしまうことがあったりするので、人ごとではないなと感じてしまいました。

愛犬が大好きな人ほど知らず知らずのうちに悪影響に繋がることをしている傾向にあるといえるので、心当たりのある人は犬にとって悪影響を与えるきっかけになっていないか、定期的に愛犬との接し方を見直すことをおススメします。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 もも父ちゃん

    オヤツを与えすぎると体調が崩れるので
    余り与えてはいけないですね。過保護すぎるのは 別に気にしていません 人を噛んだりしなければ 自分は気にしていません
    何故かと言われますが 人間と同じ様に
    数十年行きれないので 好き勝手にやらせています。体調だけは気にかけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。