この人は信じられない…。犬の信頼を失うかもしれないNG行為5つ

この人は信じられない…。犬の信頼を失うかもしれないNG行為5つ

お気に入りに追加

犬は飼い主に対し深い愛情を持っています。しかし、飼い主のある行為が重なることで、犬からの信頼を崩してしまう恐れがあります。では、どのような行為が犬の信頼を失うきっかけとなってしまうのでしょうか。

10460view

犬の信頼を失う可能性のある行為とは?

手に噛みつく犬

犬と飼い主の間に作られる信頼関係は非常に重要です。犬にとって頼れるリーダーとして飼い主を信頼することは、自分の暮らしの安心にも繋がるため、犬の気持ちにも余裕が生まれます。しかし、飼い主の行動によっては犬の信頼を失ってしまう可能性があるのです。

1.すぐ感情的になる

叱られる犬

まずはすぐ感情的になる飼い主は信頼されません。感情的になるというのは、さっきまで機嫌が良かったのに、ちょっとしたことで怒り出し、感情に任せて大声を出してしまうとか、あるいはちょっとしたことに動揺し、慌てふためくといった行動が挙げられます。

このような感情的な行動を頻繁に犬が見た場合、「この人は頼れるリーダーではない」「なんだか不安だな」といった感情を持つようになります。

結果的に飼い主がリーダーとして認められなかったり、あるいは今まで信頼関係を構築してきたにもかかわらず、突然信頼を失ってしまい、立場が逆転するような態度を犬がとるようになることがあります。

2.犬に対して暴力をふるう

感情的になることで犬からの信頼を失ってしまう可能性があるという話をしました。もちろん、犬に対して暴力的な行為をすることもいけないことですし、もししてしまった場合、犬からの信頼を失うことになります。

世の中にはしつけと称して、強く叩いたり、中には蹴るなどの虐待行為をする飼い主がいますが、暴力を振るわれた犬は心に深い傷を負ってしまいます。

深い傷を負ってしまった犬は暴力を振った飼い主に対して心を開くことはありませんし、心を開くことができないために信頼することはありません。飼い主にとってはしつけ、ちょっとした感情の揺れで行った行為であっても、された側はとても怖い思いをしています。そのため信頼できる対象ではなく、怖い対象へと変わってしまうのです。

3.なんでも犬の要求に応えてしまう

犬におやつを与える

感情的になって怒鳴ったり、暴力を振るうという行為は犬からの信頼を失う可能性が非常に高いです。しかし、「私は怒ったりしないから大丈夫」というわけではありません。犬のわがままを何でも聞いてしまうことで、信頼を失う恐れもあるのです。

これは正しく言うならば、信頼を失うというよりもリーダーとして認識されないということです。「私の言う事を飼い主は何でも聞いてくれる」「きっと私の方が立場が上なんだわ」というように、何でも言う事を聞く飼い主を下に見るようになるのです。

信頼を言うのは頼りにできる相手に対して持つものです。犬が飼い主より自分の方が上の立場であると勘違いしてしまった場合には、犬から信頼されることは難しいでしょう。

4.まったく相手をしてあげない

窓から外を除く犬

犬を恐怖で支配するような行動をとったり、反対に甘やかしすぎてしまう事で信頼を失うことがあります。しかしそれと同じくらい信用を失う可能性が高い飼い主の行為として、まったく相手をしてあげない態度が挙げられます。

犬は飼い主と一緒に遊んだり、スキンシップを取ることが大好きです。スキンシップを取ることで信頼関係を構築していく方法も非常に多く紹介されています。

このスキンシップを全くとらず、ただ単に単調な散歩をし、ごはんを与えるといったお世話だけをしていては、築ける信頼関係も築けません。お世話をしてもらっているだけで、犬の心は満たされないため、信頼されることはないのです。

5.一貫した態度をとらない

一貫した態度をとらず、ころころとやることや言うことが変わってしまう飼い主も信頼されにくいです。「あれ?この前はこう言われてこうしたら褒められたのに、今日は怒られた」など、疑問が重なり、信頼が失われるケースもあります。

例えば「この前は『おいで』って言われていったらおやつを貰えたのに、今日『おいで』って言われて行ったら怒られた」というように、同じ言葉であっても全く異なる対応をされると犬は混乱してしまいます。

このように私たちにとっては小さなことであっても犬にとっては非常に大きく不安を抱きます。信頼関係を築く第一歩として、まずは指示や態度を一貫しておく必要があります。

まとめ

女性とじゃれる犬

いかがでしたでしょう。犬は飼い主の1つ1つの行動や声に大きく反応します。間違った接し方をしてしまうと、せっかく築き上げた信頼を失う恐れもありますので、愛犬との接し方には十分注意し、お互いが気持ちの良い関係を築けるよう努力しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。