動きたいけど動けない…。犬が飼い主の足の間で寝る心理5つ

動きたいけど動けない…。犬が飼い主の足の間で寝る心理5つ

お気に入りに追加

ゆっくりとくつろいでいる時や、夜気持ちよく寝ている時、ふと足の間に違和感を覚えてそっと見てみると、足の間で愛犬が寝ていることよくありませんか?寝る場所ならたくさんあるのに、どうしてわざわざ足の間で眠るのでしょう?今回は足の間で眠る犬の心理をご紹介しましょう。

7671view

足の間で眠る犬の心理

足の間

1.飼い主が好きだから

飼い主のことが好きで、常に温もりを近くで感じていたいと思っている甘えん坊な犬は、足の間が大好きです。足の間にいれば飼い主の温もりを常に得られるので安心感がありますし、大好きな飼い主のニオイが体を包み込んでくれるため幸せな気持ちになれるのです。

足の間で寝てくれているということは、それだけ幸せを感じている証拠。安心してゆったりと過ごしている愛犬に優しくナデナデしてあげてはいかがでしょうか。

2.温かいから

普段はそうでもないのに、冬になると足の間で眠るという場合は、足の間が温かいためだと考えられます。体全体をつつんでくれる足の間は、暖を取るのにちょうどよく、人肌が程よく温めてくれることがとても心地よいと感じるのかもしれませんね。もちろん、そこには飼い主への信頼感があることに間違いはありませんが、安心できる場所でゆっくりと温まりたいという思いが、足の間で眠るという行動に出ているのかもしれません。

3.フィット感がたまらないから

飼い主の足の間で寝る子犬

犬用ベッドに体を預けるのが大好きな犬や、どこかの狭い場所でくつろぐのが好きな犬の場合は、足の間という体がちょうどよく治るフィット感がたまらなく好きだと感じているのかもしれません。体をすっぽりと収めて眠ったり、お顔を飼い主に埋めて寝たりできる足の間がたまらなく好き!そんなワンちゃんはしょっちゅう飼い主の足の間で眠るようです。

それだけ好きでいてくれるということでしょうが、動きにくくなるのでちょっと困ってしまいますよね。

4.足の間しか空いていなかった

どうしても飼い主とくっついて眠りたいと思っても、寝相が悪かったり他の作業をしていて、なかなかくっつけないため仕方が無しに足の間で眠る場合もあります。特に犬自身に足の間で寝ようという意識もなく、足の間が好きということもないけれど、いつも空いているのが足の間しかなく、いつのまにか足の間でくつろぐのが定位置になってしまっただけかも。

なぜか愛犬は足の間でくつろぐという方は、いつもの自分の行動を思い出してください。もしかしたら、体勢的に足の間しか愛犬が引っ付いてくつろげる場所はなかったのではないでしょうか?どちらにしても、無理にでもくっつきたいほど飼い主が好きという事実は変わりありませんので、その思いを受け止めてギュッと抱きしめてあげるといいかもしれませんね。

5.邪魔をされたくないから

布団の中から顔を出す犬犬

ちょっとショックな理由が、寝ているところを飼い主に邪魔されたくないから足の間で寝ているというものです。ゆっくり寝たいと思っている時に撫でられたり、抱きつかれたり、飼い主に動かれることに嫌気がさしているのかも。たまにはのんびりゆっくり寝たい!けれど飼い主の温もりは感じていたい!そんな思いから、飼い主の手が届きにくい「足の間で眠る」という行為に繋がっているのかも。あまりにも可愛い愛犬の寝顔を思わずギュッと抱きしめたくなる気持ちはよくわかりますが、ゆっくりと眠っている時くらいそっとしてあげた方がいいかも。

まとめ

犬と女性

犬が足の間で寝るのは、飼い主といつでも密着していたいという気持ちが隠れているというのがわかりました。足の間で寝られると、動くことができずに困ってしまいますよね。しかし、それも愛犬の気持ちを考えればどこかに吹っ飛んでしまうはず。甘えん坊な愛犬のためにも、ここは一つグッと我慢をして受け入れてあげてはいかがでしょう?その飼い主の態度に、愛犬はさらに愛情を感じて信頼感をアップさせるはず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。