犬が飼い主にくっついて寝る心理3つ

犬が飼い主にくっついて寝る心理3つ

お気に入りに追加

愛犬が自分にピタッとくっついてスヤスヤ眠る姿はいとおしく、癒されますね。ところで愛犬は、どんな心理でそうするのでしょうか?また、飼い主さんにくっついて寝たい愛犬が布団に潜り込んできた場合、一緒に寝ても大丈夫なのでしょうか?この記事では、「犬が飼い主にくっついて寝る心理」と「犬と一緒の布団で寝ても大丈夫か」についてご紹介します。

9399view

犬が飼い主にくっついて寝るのは「大好きだから」だけではない!?

飼い主にくっついて寝るミニチュア・ダックスフンド

部屋でくつろいでいるときや寝ているときに、愛犬がくっついて寝てくれるとうれしくなりますよね。飼い主としての幸せを感じるひと時でもないでしょうか。
愛犬が飼い主さんにもたれ掛かったり、顎やお尻など体の一部をくっつけたりして寝るのは、もちろん飼い主さんのことを大好きだからこそですが、それ以外にもさまざまな心理が働いているようです。さて、愛犬はどんな心理から飼い主さんにくっついて寝るのでしょうか?

犬が飼い主にくっついて寝る心理

飼い主の膝の上で寝るフレンチ・ブルドッグ

①温まりたい

「犬は毛皮を着ているから寒くても平気」と思ってしまいがちですが、犬だって寒いときはあります。特に、シングルコートの犬、短毛種、小型犬、子犬、高齢犬などは寒さに弱いとされています。
犬は寒さを感じると、体温を逃がさないように丸くなったり、同居犬がいれば犬同士くっつき合って暖を取ったりしますが、飼い主さんにくっついて温まろうとすることも。寒い日や冷房の効いた部屋で過ごしているときに、やたら愛犬がくっついて寝たがるのであれば、寒さを感じているのかもしれません。室温をチェックしてあげましょう。

②安心したい

野生時代の犬たちは、数頭~数十頭の群れを作って暮らしていました。群れ単位で行動し、眠るときも仲間同士で折り重なるようにしたり、体の一部をくっつけ合ったりしていたようです。その名残から今でも、信頼できる相手とくっついていると安心感を得ることができるといわれています。つまり、信頼できる飼い主さんにくっついて寝ると安心して眠ることができるのです。

③そばにいたい

できるだけ好きな相手のそばにいたいと思うのは、人も犬も同じ。飼い主さんのことが大好きなら、寝るときもくっついていたいと思っても不思議ではありません。飼い主さんの存在や温もりを感じながら眠りたいのでしょう。
愛犬が「いつもそばにいたい」と思うほど飼い主さんのことを大好きなのはいいことですが、いつもべったりで過ごしていると分離不安(飼い主さんと離れると強い不安を感じ、問題行動や体調不良を起こすこと)になる要因になります。お互いが別々に過ごす時間も作り、愛犬とほどよい距離感を保つようにしましょう。

犬と一緒の布団で寝ても大丈夫?

飼い主の足とあくびをするジャック・ラッセル・テリア

飼い主さんにくっついて寝たい愛犬が、飼い主さんの布団に潜り込んでくることはありませんか?「犬と同じベッドや布団で寝るのはよくない」という声も聞くので、愛犬と一緒の布団で寝るべきか否か迷う飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

温もりを感じ合えたり、絆を深めたりすることができるので、犬と一緒の布団で寝ることが悪いとは一概に言えません。愛犬との間に信頼関係ができていて、愛犬がクレートなどのハウスでも眠ることができるのであれば、一緒の布団で寝ても大丈夫ともいわれています。
しかしその一方で、眠っている間に犬を下敷きにしてしまうリスクや、犬から人へうつる病気に感染するリスクがあります。また、前述の分離不安にもなりやすくなります。

愛犬と一緒の布団で寝るかどうかは、こうしたメリットやデメリットをよく考慮した上で決めなくてはいけません。一緒の布団で寝る場合は、安全面や衛生面に十分気をつける必要があります。また、一緒の布団で寝ることが習慣になると、愛犬がハウスで眠れなくなってしまうことがあります。そうなってしまうと、動物病院に入院するときやペットホテルに預けるとき、避難所生活になったときなどに愛犬が大きなストレスを感じ、体調を崩してしまうことも。分離不安を予防するためにも、日頃からハウスで過ごす時間を作り、ハウスでも眠れるようにしておきましょう。

まとめ

飼い主の足元で寝るビーグル

愛犬が自分にくっついて寝てくれるだけでもうれしいですが、さらにそこに「安心したい」「そばにいたい」という心理が働いているのだとしたら、飼い主として最高に幸せですね。いつまでもこうした心理でくっついて寝てもらえるように、愛犬にとって信頼できる大好きな飼い主でいたいものです。
飼い主さんにくっついて寝たがる愛犬と一緒の布団で寝るかどうかは、メリットとデメリットを踏まえて決めてくださいね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    先代のヨーキーといつも一緒にベッドで寝ていました。とても可愛くて幸せを感じる反面、旅行に行く時にペットシッターさんにお任せをしていたのですが、どれほどのストレスと不安があっただろう…と考えると、やはり少し可哀想だと思ってもハウスで寝る習慣があった方がいいと思い、今の子はハウスでお留守番、ハウスで寝る習慣を付けています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。