犬のおもちゃ、正しく使えていますか?うまく遊ばせるコツ5選

犬のおもちゃ、正しく使えていますか?うまく遊ばせるコツ5選

お気に入りに追加

新しいおもちゃを買ってきてもすぐに飽きてしまい、家具や洋服など噛むといけないもので遊んでしまう…そんな困った悩みを解決しましょう!

4336view

1.出しっぱなしにしない

部屋でおもちゃで遊ぶ犬

遊んでいないおもちゃやその辺に転がっているおもちゃは、犬からするとただの置物で犬にとっておもちゃではなくただそこにあるだけの物になっている可能性があります。まずはおもちゃを片付ける場所を作りましょう。

犬の目線からおもちゃをなくすことがコツ

しまいこむ必要はありません簡単に出し入れできる箱等で大丈夫です。おもちゃで遊んでいると飽きる時がくるので、その時にテーブルやケージの上など犬の視界に入らない所に置いてください。

しばらく時間をあけてから「おもちゃで遊ぶひと!」などと声をかけて、再度おもちゃを与えます。これを繰り返すことでどんなおもちゃにも新鮮味が残るので、古いおもちゃも新しいおもちゃも区別なく楽しんで遊ぶことができます。

うちの子の好みを知る

わんちゃんにもそれぞれ好き嫌いがあります。大きさ、素材、噛み心地etc...。うちの子がどんなタイプのおもちゃが好きか探してみてください。

特に好まれやすい物は2種類以上刺激のあるもの。例えば「布がカシャカシャ鳴る」「噛むとピーピー音が鳴る」「噛み心地のいいロープ」が付いてる「ピヨピヨ鳴る」おもちゃ、など沢山の刺激があればあるほど犬は楽しんで遊べます。また、噛むイタズラが多い子だと木製のおもちゃを好む場合が多いです。危険のないものを与えてあげてください。

2.沢山は必要ありません

たくさんのおもちゃとシェパード

たくさん与える必要はありません。おもちゃをたくさん持っている子ほど飽き性な性格の傾向にあります。飼い主は遊ぶおもちゃを試行錯誤し探して与えますが、犬にとってはすぐに目新しい物が補充されるので古いおもちゃはすぐに飽きてしまうのです。

基本は犬1匹に対して3~5個が理想です。既にお家におもちゃがたくさんある場合は、好きな物やよく遊ぶ物を選んで置いてあげましょう。

3.おもちゃにも役割を

おやつを仕込んだおもちゃで遊ぶ犬

それぞれのおもちゃにより特別感を持たせるために、役割を付けてあげましょう。お留守番の時にしか出てこないおもちゃ、飼い主と一緒に遊ぶときのおもちゃ、常にそばにあるおもちゃなど。そうすることでより「今遊ぶこと」が楽しくなります。

お留守番の時のおもちゃは、飽きが来ないように知恵玩具のようなフードやおやつを仕込めるタイプにしてみてはどうでしょうか?季節によって凍らしてみたり、ペーストを塗り込んだりすることで、よりお留守番の質を高めることができます。犬にとって知恵玩具で遊ぶことは、頭を使い体力を消耗する行動なので長時間のお留守番にはとても効果的です。

4.一緒に遊んであげる

芝生で女性とボールで遊ぶ犬

飼い主も犬と同じように楽しんで遊びましょう。一緒に遊ぶ相手が楽しそうであれば、おもちゃで遊ぶことの特別感はさらに高まります。投げたり、引っ張りっこをしたり時にはおもちゃを持って犬と追いかけっこをしてみるのもいいでしょう。犬は犬同士で遊ぶときには、追い追われる遊びを好むためです。

ただし、遊びの始めと終わりは必ず飼い主が決めます。犬が「もう少し遊びたかったなあ」というくらいで終了することで、次の遊びがより楽しみで待ち遠しくなるはずです。

5.たまにはご褒美を

女性からおやつをもらう犬

犬が何気なく自らおもちゃで遊んでいるときは必ず誉めるようにしましょう、時にはご褒美を与えることも必要です。人からすれば「犬用のおもちゃなのだから犬が遊んで当たり前」だと思いがちです。しかし犬にとっては、それが遊ぶ物と認識できないこともあります。

こうすれば動いて、押せば音が鳴り人が投げるととても楽しい!人が手を加えて初めて犬はおもちゃだと気付けるのです。さらにご褒美を与える事で、おもちゃで遊べばいいことがあると認識すればより遊ぶようになっていきます。

まとめ

四匹の犬とたくさんのおもちゃ

おもちゃで遊ぶことで脳を使いよく考える子に成長してくれたり、イタズラ防止にも繋がります。また飼い主とたくさん遊ぶことで、人との信頼関係もより深まっていくでしょう。ご自宅で遊んでいないおもちゃがあれば、ぜひ実践してみてください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    10代 女性 そそそ

    すごくよくわかりました!!
    私の愛犬もこれで一緒なら楽しく遊ぶことができます!!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。