動物看護師について考えてみよう。どんな仕事?資格は必要?

【獣医師監修】動物看護師について考えてみよう。どんな仕事?資格は必要?

お気に入りに追加

動物看護師の仕事は動物に接するだけでなく、飼い主とのコミュニケーションも必要で、仕事内容は多岐に渡ります。資格は特に必要ではありませんが、専門学校などで勉強して民間資格を取得しておくことが望ましいです。

14211view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬

ペットに関係する仕事の数々

ペットに関係する仕事や資格には様々なものがあります。

ペットショップやペットホテルの店員、ペットサロンのトリマー、ペットを訓練するトレーナーなどがよく知られていますが、動物看護師も人気がある仕事の一つです。

動物看護師の仕事とは?

動物看護師とはどのような仕事なのかと言いますと、主な活躍の場は動物病院です。動物病院には獣医師がいますが、その獣医師の補助をするのが動物看護師の仕事です。

獣医師は国家資格ですが、動物看護師には公的な資格はありますが、国家資格はありません。

仕事には資格を持たなくてもつくことは可能ですが、動物に関する幅広い知識が必要であるため、専門学校や大学で学習しておいたほうが良いでしょう。

動物病院での動物看護師の役割は多岐に渡ります。受付も兼ねている動物病院がほとんどですので、まず飼い主が最初に接するのは動物看護師です。診察室では注射や診察の時に、動物が暴れないように押さえたり落ちつかせたりします。

また血液検査や尿検査、体温、脈拍の測定等も行ないます。手術の時には、獣医師の監督のもとで助手をつとめます。入院している動物のケアも大切な仕事です。

薬が必要な場合は、獣医師の指示に従って薬を用意して、飼い主に飲み方などを説明して渡します。会計なども動物看護師の仕事になっていることが多いです。

病院内の掃除も重要な業務です。特に動物を扱っている場所では、消毒なども行なう必要があります。療養食が必要な動物には、その手配も行ないます。

電話での応対も主に動物看護師が行ないます。動物病院で飼い主が最初に接するのが動物看護師であるなら、会計のために最後に接するのも動物看護師です。

動物看護師になりたいという人は、この仕事は受付、会計、事務なども兼ねなければならない、見かけよりもハードな仕事だということを覚悟しなければならないでしょう。

動物看護師の資格にはどんなものがあるの?

仕事につくには、特に資格は必要としませんが、資格を持っているということは、動物看護師の仕事について、きちんと勉強をしたという証明になりますので、持っておくに越したことはありません。

様々な団体で動物看護師の民間資格を取得することができます。

主なものをあげてみます。

  • 一般社団法人日本ペット技能検定協会の小動物看護士
  • 日本小動物獣医師会(JSAVA)の動物看護師
  • 公益社団法人日本動物病院協会の動物看護師
  • 一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会の動物看護士
  • NPO法人日本動物衛生看護師協会のアニマル・ヘルス・テクニシャン

一口に動物看護師と言っても様々な協会認定のライセンスがあり、どれを取得するのかは、どの学校で勉強するのかで違ってきます。

監修獣医師による補足

上記以外の動物看護師の資格として、動物看護師統一認定機構認定動物看護師があります。2011年9月29日に動物看護師統一認定機構が設立され、国家資格化を目指しています。現在、動物看護師統一認定機構が認定した専門学校、大学、短期大学を卒業または卒業見込みを取得した人に受験資格が与えられ合格者には認定動物看護師の資格が与えられます。

獣医師:平松育子

動物看護師の勉強はどこでする?

動物の資格

動物看護師になるためには、学校に通って勉強するのが早道ですが、通信教育でも学習することができます。

動物看護師学科だけの専門学校も増えてきていますが、トリマーの養成校に動物看護科が併設されていることも多いです。

しっかりと実習をして学んだことを身につけることが大切な仕事ですので、学校選びは慎重に行なう必要があります。

通える場所に動物看護師の養成校がない場合は、通信教育という選択肢になりますが、実習はどうするのか、どの団体の資格を取得できるのか、就職状況はどうなっているのか、などを確認しておくことが大切です。

動物看護師の就職状況は?

動物看護師の養成学校を卒業すれば、動物病院に就職するというのが卒業生の希望です。

しかし動物病院の数には限界があります。

動物看護師の中にも退職、休職する人がいたり、動物病院側が規模を大きくしたり役割を分担したりして動物看護師の数を増やしたりすることはありますが、希望者が全員動物病院に就職できるかということになると、難しいようです。

それでは、動物看護師の勉強をした人が、動物病院の他に就職するとなると、どういう所になるのでしょうか?

一番、需要が高いのは生体を扱うペットショップやペットホテルです。ペットショップには、いろいろなことを質問されるお客様が訪れます。

いろいろな動物のことについて詳しい人がショップにいると、ショップ側でもお客様のほうでも心強いことでしょう。

動物看護師の学校でも、グルーミングの学習をするところが多くなり、動物看護師の資格を持っていても、トリマーとして就職するということも多いです。

ペットシッターはお客様の家に訪問してペットの世話をするという仕事ですが、この仕事も動物看護師の資格を持っている人は強いです。

また最近は人間と同じように、ペットたちも高齢化が進んでいます。

老犬ホームという施設も見かけるようになってきました。

老犬ホームに犬を預けなければならなくなった飼い主としても、そういう施設に動物看護師の資格を持つ人がいてくれれば安心できるでしょう。

将来的にも、動物病院についで老犬ホームなども動物看護師の就職先としては伸びていきそうです。

動物看護師に向いている人とは?

犬

動物に接する仕事を志す人、ほとんどが動物が好きだからだと言う理由からでしょう。

しかし、どんな仕事もそうですが、好きなだけではつとまらないことも多いです。特に動物は生き物ですので、自分の思い通りには動いてくれません。

またしゃべることもできませんので、動物のほうでも痛いときや苦しいときは、全力で暴れることもあります。

そんな時でも、動物に愛情をかけて、どこが苦しいのか痛いのかをわかってあげようという気持ちでいることができるでしょうか?

家にペットを飼っている人は、まずそのことを冷静に考えてみましょう。

ペットを飼っていると可愛いだけではすまないことが多々あります。排泄を失敗して部屋を汚すこともあります。いたずらをして部屋の中を荒らしてしまうこともあります。食餌をなかなか食べてくれなかったり、ひっくり返したりしてしまうこともあります。

そういう時に冷静に対処できているでしょうか?ペットがわがままな行動に出たときに、カッとしてしまうようでは、動物看護師は難しいかもしれません。

動物病院には、よその家で飼われている犬や猫がたくさん訪れます。中には人見知りの子、わがままな子もいます。また暴れてしまう子もいます。噛み付かれてしまうことも日常茶飯事です。そんな時でも冷静に対処しなければいけまん。

動物に囲まれて楽しく仕事ができるという思い描いていた風景とは全く違う現実が待っているかもしれません。排泄物などの汚物処理も毎日の仕事となります。動物も犬や猫ばかりでなく、鳥やフェレット、ハムスター、また爬虫類なども来院するかもしれません。

苦手だと言って逃げるわけにはいきません。

また動物に接するだけでなく、飼い主とのコミュニケーションも動物看護師の大切な仕事です。

ペットのケガや病気で心を痛めている飼い主の心のケアも忘れるわけにはいきません。

それらのことをきちんと行なうことができるのかを自分で考えてから、動物看護師の資格を取る勉強を始めても遅くはありません。

最後に

動物看護師とは、動物に接する仕事の中でもハードで、どんな時にも冷静に対処できることが大切です。

また飼い主とのコミュニケーション力も重要です。動物病院で働いていると、悲しいこともたくさんあります。

それでも、たくさんの動物や飼い主さんを元気にしたいと考えられる動物看護師を、全国の動物とその飼い主さんたちが待っています。

動物を愛する人が資格を取って、優秀な動物看護師がたくさん誕生してほしいものです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 ぽち

    動物看護師って動物の専門学校とかあるし資格が必要なんだと思っていたんですが、必要ないんですね!もちろん就職となれば、専門学校を出ていた方が有利なんでしょうけど人間の看護師は専門学校へ行かないとならないのに動物は行かなくてもなれるということにびっくりしました。保定とかするくらいでそこまで動物自体には関わらないってことなのかな…?勉強になりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。