犬のしつけ教室で正しいトレーニング方法を身につけよう

5091view

犬のしつけ教室で正しいトレーニング方法を身につけよう

皆さんは、犬のしつけ教室という場所に関して、どのようなイメージを抱いているでしょうか?この記事では、実際にしつけ教室に通う私の目線から、しつけ教室の意義について解説したいと思います。

犬のしつけ教室とは

犬のしつけ教室

犬のための「しつけ教室」というものがあることは、おそらく皆さんがご存知でしょう。

皆さんは、「しつけ教室」と聞くとどんな場所だというイメージを持たれるでしょうか?

犬にしつけをしてくれる場所、あるいは、厳しく犬をしつける場所、犬にとっては嫌な場所、そんなイメージを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際に愛犬のためのしつけ教室に通っている私からすると、それらのイメージはいずれも間違いだと感じています。

というのも、私自身も以前は先程挙げたようなイメージを持っていました。

ですが実際にしつけ教室に通ってみると、そのようなイメージとは全く異なる場所だったということに気付きました。

実際のしつけ教室とは、「犬をしつける場所」なのではなく、「飼い主である私たちが犬との付き合い方やしつけ方を学ぶ」場所だったのです。

なぜかというと、私たち飼い主の態度によって、犬の態度や行動も大きく変わってくるのです。

つまりは、「飼い犬の行動は飼い主次第」ということです。

犬は、人の様子を見て学習し、行動します。

ですから、犬を正しくしつけたいと思うのならば、私たち飼い主がそのために正しく行動することが必要なのです。

私が通っているしつけ教室でお世話になっているトレーナーさんのモットーは、「人が変われば犬も変わる」です。

私は、まさしくその言葉が、しつけ教室は犬が学ぶ場ではなく人が学ぶ場なのだということの意味を教えてくれていると思います。

もう一つ、以前抱いていたイメージと異なった点は、「しつけ教室は犬にとっても楽しい場所だった」ということです。

しつけ教室に通う前は、「しつけ教室は犬をいわば訓練する場所だから、犬にとっては厳しくて嫌な場所なんだろうな〜」と思っていました。

しかし実際のしつけ教室は、犬にとっても大変楽しく素敵な場所でした。

なぜだかわかるでしょうか?

犬にとっての一番の喜びは、飼い主さんと過ごすこと、飼い主さんの指示に従うこと、褒められること、そして飼い主さんとの良好な関係を築くことなのです。

皆さん、「トレーニング」や「しつけ」と聞くと、犬にとっては嫌なこと、と思っていませんか?

実はそれは大きな間違いなのです。

飼い主さんと一緒に行動し、時には褒められ、そして最終的にはより犬と人との良好な関係に繋がっていく。

そのようなトレーニングは、実は犬にとっても遊びと同じくらい楽しいことなのです。

コマンドの教え方

事実、しつけ教室で過ごす愛犬は、日頃家で過ごしている時よりも、活き活きとした楽しそうな表情をしています。

以上のようにしつけ教室は、多くの方が抱かれているだろうイメージとは異なる、犬にとっても私たち飼い主にとっても楽しく価値ある場所なのです。

犬のしつけ教室で学ぶ内容

それでは次に、しつけ教室では具体的にどのようなことをするのかについてお話したいと思います。

しつけ教室では基本的に、その犬の成長段階に合ったしつけやトレーニングを行っていきます。

「成長段階」というのは、もちろん年齢といった意味もありますが、「現在どの程度までしつけが出来ているか」という意味でもあります。

ドッグトレーナーの方は、犬と飼い主の行動や関係をある程度観察すれば、現在どのような関係が築けているか、どの程度適切なしつけが出来ているか、ということを把握出来ますから、それに応じて必要なしつけやトレーニングを提案してくださいます。

まだ何もしつけを行っていないというような状態の場合には、おそらく全てのトレーニングを行うための基礎として必要になる「アイコンタクト」のトレーニングから始めるでしょう。

その後、「おすわり」や「ふせ」、「待て」というなコマンドの教え方などについて学んでいきます。

それらが出来ているようであれば、更にその先のヒールウォーク(犬を横に付けて歩くこと)や、ドッグトリック(ダンスの要素の一つで、いわゆる犬の芸)などについても希望があれば学んでいきます。

犬の芸を学ぶ

他にも、正しい犬との遊び方や、お散歩の仕方、おやつの使い方やご飯など、様々なことについて教えてくださいます。

その他にも、何かしつけ上の悩みがある場合には、トレーナーの方に相談すれば、その適切な解決方法についても教えてくださいます。

ですからしつけ教室は、しつけを学びたい、という方はもちろん、ある特定のしつけにおける悩みを持って入るという方も大変多いです。

しつけ教室においては、ただ講義のように話を聞くだけでなく、どんどんアクティブに実践をしていきます。

話を聞いて理解することももちろん大切ですが、何より大切なのは「実際にやってみること」です。

トレーナーさんがお手本を見せてくださいますから、それに沿って自分自身でも実際にトレーニングをやってみるのです。

もちろん、始めからトレーナーさんのようには上手くいきません。

ですが、一度しつけ教室で正しい方法を学べば、あとは自宅に帰ってから何度も繰り返せば良いのです。

中には、「しつけ教室に通えば必然的に犬が正しい行動を覚える」と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、ただしつけ教室に通ってその場でやってみるだけでは、実はあまり意味がありません。

大切なのは、「しつけ教室で学んだことを、家に帰ってから何度も繰り返し実践する」ということなのです。

帰宅後、私たち飼い主がしつけ教室にて学んだ正しい行動をしなくては、結局のところ何も変わりません。

ですから、しつけ教室に通うことそのものが大切というよりは、しつけ教室に通って学んだことを、日頃から心掛けて犬と接していく、そのことこそが大切なのだと思います。

犬のしつけ教室に通ってみた感想

アクティブに実践

結論から言うと、私は愛犬と共にしつけ教室に通って本当に良かったと思っています。

というのも、しつけにはもちろん、正しいしつけと間違ったしつけがあります。

愛犬との良好な関係を築いていくには、無論正しいしつけが必要なのです。

しつけ教室に通う前の私は、正しいしつけ方法など何もわかっていませんでした。

愛犬を迎え入れてから間もなくしつけ教室に通い始めたのですが、振り返って「もしもあの時しつけ教室に通っていなかったら…」と思うと、どんなに間違った方法を取り、どんなに愛犬が問題行動の多い犬になってしまっていただろう、と正直怖くなるほどです。

正しいしつけ方法など、今は本やインターネットを見ればたくさん出てくるだろう、とお思いの方もいるでしょう。

もちろん、しつけ本やインターネットに載っているしつけ方法などは正しいしつけ方法です。

ただし、注意しなければならないのは、あくまでもそれらの情報は「正しいしつけ方法の一つ」であるということです。

どういうことかというと、例えば私たち人間であっても、「これをやったらこんな効果があるよ!」「こういうやり方をしたらこれが上手くいくよ!」という情報があったとしても、必ずしも全ての人にそのことが当てはまるわけではないですよね?

その方法が確かに合う人もいれば、合わない人もたくさんいます。

自分にはこっちの方法の方が良い、といったことだってたくさんあります。

このことは、犬だって同じなのです。

しつけ本やインターネットに載っているしつけ方がそのまま確かに合う犬もいれば、その方法が合わない犬も同じくらいたくさんいます。

つまり、しつけ本やインターネットに載っている方法は、確かに正しいけれど、「唯一絶対の方法」ではないということなのです。

犬にも個体差がありますから、自分の愛犬に合う方法、合わない方法があり、愛犬に合うしつけ方や接し方を見つけるには、実際に愛犬の様子や特徴をプロのドッグトレーナーの方に見てもらい、おそらく合うだろうという方法を教えていただくしかないのです。

実際私自身も、しつけ教室に通う前からしつけ本などでしつけについて独自に学び、愛犬に対してそれらの方法を実践していました。

しかし、どうも上手くいかない、問題行動が直らない、といった事象が多くありました。

ですがしつけ教室に通い、実際にトレーナーさんと愛犬と共に試行錯誤をしながら色々な方法を試したところ、それぞれの問題に対して合う方法が見つかり、それまでは上手くいかなかったしつけや、解決しなかった問題行動などが全て上手くいくようになりました。

この記事の冒頭で、「人が変われば犬も変わる」ということについて述べましたが、その言葉通り、しつけ教室に通うことによって、私や家族の考え方や愛犬に対する接し方が変わり、そのことによって愛犬の行動も大きく変わったと感じています。

私が今、それなりでもある程度愛犬との良好な関係を築くことが出来ているのは、紛れもなくしつけ教室に通ったことのおかげだと思っています。

「良い」犬のしつけ教室を見つけるには

実践トレーニング

それでは、実際に犬のしつけ教室に通う!と決めた時に、どのようにして良いしつけ教室を見つけたらいいのか、ということについて最後にお話したいと思います。

その教室が、自分にとって良いしつけ教室かどうかを見極めるポイントは、ズバリ「ドッグトレーナーさんとの相性」、これに尽きると思います。

というのも、もちろんドッグトレーナーの方は皆ドッグトレーナーの資格を有していますが、皆それぞれにトレーニングの際に重視するポイントや教え方、トレーニングに対する考え方などは少しずつ異なります。

実際にしつけ教室にてトレーナーさんから様々なことを教えていただくわけですから、そのような時に「言っていることが理解出来ない」「その考え方には納得出来ない」「その教え方は嫌だ」などというようでは、身になるものも身にならなくなってしまうでしょう。

ですからしつけ教室を選ぶ際には、そのしつけ教室自体が良いかどうかということよりも、実際に教えていただくトレーナーさんと合うかどうかということがより重要になると考えます。

大抵のしつけ教室では、定期的にトレーナーさんによる無料のしつけ相談会や、無料で見学出来るトレーナーさんによるしつけのデモンストレーションなどを行っています。

ですから、自分が通うことを考えているしつけ教室やその教室のトレーナーさんについて何も知らない状態で通うことを決めてしまうのではなく、まずはそのようなイベントの機会に参加し、実際にトレーナーさんと一度話してみるなどして、そのトレーナーさんの考え方や雰囲気を掴んでから、「ぜひこの人に指導して欲しい!」と感じたら、通うことを決めると良いでしょう。

私自身も、今通っているしつけ教室のトレーナーさんによる無料のしつけ相談に一度参加し、「ぜひこの人に教えていただきたい!」と強く感じ、その教室に通うことを決めました。

実際通ってみると、やはりその決断に間違いはなく、非常に多くの大切なことを、その教室で、そのトレーナーさんから学ばせていただきました。

大変良い出会いがあったことに、本当に感謝しています。

犬のしつけ教室に関するまとめ

以上今回は、犬のしつけ教室に関して、犬のしつけ教室とはどういうものなのか、、また、良いしつけ教室の選び方などについて、実際にしつけ教室に通う私自身の感想を交えながら述べました。

この記事を通して皆さんに何よりもお伝えしたいことは、しつけ教室とは犬をしつけさせるための場所ではなく、私たち飼い主が犬との接し方を学ぶ場所であるということ、そして、しつけ教室は犬にとっても大変楽しい場所であるということです。

私は、愛犬と共にしつけ教室に通って本当に良かったと思っています。

絶対に通うべきとは言いませんが、しつけ教室は、皆さんの愛犬にとって、そして何よりも飼い主である皆さん自身にとって、多くのことを学ばせてくれる場所であるということだけは間違いないでしょう。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。