犬のトイレを外だけでするメリットとデメリット

犬のトイレを外だけでするメリットとデメリット

お気に入りに追加

犬のトイレは外だけでするのが良いという話を聞いたことはありますか?外だけでトイレをすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、どのようなデメリットがあるのか気になりませんか?

2975view

犬のトイレを外だけでするメリット

散歩中のミニチュアピンシャー

室内を清潔に保ちやすい

犬に外だけでトイレをさせることは、衛生面に大きなメリットがあるといえます。
例えば私の愛犬の場合、室内でオシッコをすると、時々ペットシーツからはみ出したりオシッコが足について、そのまま床にもオシッコが点々とついていたりすることがあります。

ときには、愛犬がオシッコだけでなくウンチを踏んでしまったり、ときどき床にコロンっとウンチのかけらが落ちていたりして、思わず踏んでしまった!という経験をもつ飼い主もいることでしょう。
ちなみに、私はドアを開けて部屋に入った瞬間に、何回か愛犬のウンチトラップにひっかかったことがあります。

愛犬のオシッコやウンチは気にならないという飼い主は多くいると思いますが、外だけで散歩をさせると、そういった不衛生な環境をつくらずに済むといえますね。
また、トイレのニオイもなくすことができるといえそうです。

生活リズムをつくりやすい

外だけでトイレをさせるとなると少なくとも朝、昼、晩の3回は散歩に連れて行くことになると思います。
そうなると、毎日大体同じ時間帯に散歩を行くことになるので、自然と飼い主と愛犬の生活リズムがつくられるといえるのではないでしょう。
また、散歩に行く回数も自然と増えることになるので、毎日の運動量が確保されることにも繋がります。
結果的に生活リズムがつくられるだけでなく、犬の健康にもメリットがあるといえますね。

ペットシーツ代がかからない

愛犬が室内でトイレをしていると、どうしても必要となってくるのがペットシーツなどのトイレ用品。一枚一枚は安いのですが、年単位で見ると意外とお金がかかってしまいますよね。
外だけでトイレをしていたら、そういったトイレ用品の出費を大幅に節約することができ、節約したい人にとってはメリットの1つといえそうですね。

室内やケージのスペースが広くなる

犬用のトイレはいろいろなサイズがあります。
室内のスペースを少しでも広くしようと小さめのトイレを使う飼い主もいると思いますが、おそらく、愛犬がトイレをしやすいようにある程度の大きさのトイレを用意することと思います。
ちなみに、私の愛犬は40cm×70cmのトイレを使っています。

犬用のトイレは意外と室内やケージ内のスペースをとりますよね。
愛犬に外だけでトイレをするようにしてもらうことで、そういったトイレスペースがなくなり、室内やケージのスペースが広くなるといえるでしょう。

犬のトイレを外だけでするデメリット

室内から雨をみる犬

雨の日が大変

トイレを外だけでするデメリットとして全体的にいえることは、どういう状況でも散歩に行って愛犬に外でトイレをさせないといけないということでしょう。

外だけでトイレをするのに慣れてしまった犬は基本的に、限界がくるまで室内でトイレをしないようになります。
私の愛犬も、体調が悪いとき以外はウンチは外でしかしないので、雨の日は屋根のある場所まで、抱っこして連れて行ってトイレをさせています。
雨の日ならそれほど問題ないのですが、台風など外に出るのが危険なときは、とてもデメリットに感じてしまうことでしょう。

体調が悪いとき大変

天候以外に愛犬の体調が悪いときでも、外に連れて行ってトイレをさせないといけないので大変となります。
また、体調が悪いからといって外でトイレをさせる回数を少なくしてしまうと、膀胱炎などの病気に繋がるかもしれません。

外だけでトイレをするようにしていると、愛犬だけでなく飼い主の体調が悪いときでも、無理をして散歩に連れていき、トイレをさせないといけないので、とても大変といえます。
飼い主以外に散歩に連れて行く人がいれば問題ありませんが、飼い主以外に連れて行く人がいないと、大きなデメリットになってしまいますね。

老後のトイレが大変

愛犬が外だけでトイレをすることに慣れていると、老犬になって足腰が弱くなってしまったとき、愛犬にとってトイレをするのが大変になってしまうかもしれません。

私の話になってしまうのですが、以前飼っていた愛犬は、室内にあるトイレの位置を変えてから外だけでトイレをするようになりました。
外だけでトイレをすることに慣れていた愛犬は、老犬になって足腰が衰えても外だけでしかトイレをしなかったので、毎回体を支えながらトイレに連れて行っていました。
そんな愛犬の姿を思い出したら、犬が外だけでしかトイレできないのは大きなデメリットになるなと感じました。

まとめ

ペットシーツに座る犬

犬がトイレを外だけですることは、いくつかのメリットやデメリットがあります。
できれば、臨機応変に対応できるように、外だけでなく室内でもトイレができるようにするのが理想的だといえるのではないでしょうか。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    真っ当な犬の飼い主として『犬の公の場での排泄』を良しとする行為は本当に困ったものです。
    自称愛犬家の方々は犬を『大切な家族なのー』と言います。
    あなた方の大切な家族の人間が屋外で排泄したら、それは軽犯罪法違反、立派な犯罪です。
    時に犬を擬人化してエゴを振りまき、都合の良い時だけ動物扱いする、そんな身勝手な飼い主がなんと多いことでしょうか。

    我が家は大型犬と小型犬を一匹ずつ飼っています。
    東日本大震災の時の様々な経験から愛犬と人間社会の関係性をしっかり飼い主が築くことを学びました。
    そう、この社会は人間社会で犬を飼っている世帯なんて1割程度なのです。
    我が家では、公道では決してトイレをさせません。マーキングも決してさせません。厳しくしつけました。

    参考までに実例を、
    今の我が家は隅田川の遊歩道の近くです。その遊歩道から幹線道路の歩道にかけていつも散歩をするフレンチブルドックがいます。
    平気で公道でトイレをさせていました。大便は持ち帰りますが、小便やマーキングはそのまま放置で夏は臭いが立ちこめます。
    ご近所の方々含め、何度か複数人に注意されても知らん顔でした。
    そこでご近所の方々と協議し、現場を押さえて逃がさないように確保し警察を呼びました。
    警視庁はしっかりしたもので、本人確認をちゃんと行い『人間なら検挙です。警告します』と厳しく指導してくれましたよ。

    屈強な男性数名で行いましたので無事に事は運びましたが、おそらく犬のトイレに関しては我慢されている方がたくさんおいでです。
    私たち飼い主が真っ当なモラルを持たなければなりません。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ミンバジママ

    2頭のトイプードルを飼っています。先住犬は外でしかトイレの出来ない子です。台風の日も体調の悪い日も必ず連れ出してやらないと我慢をします。健気さに涙が出そうになります。2頭目が家に来た時に一緒に室内で出来る様にチャレンジしてみましたが、まだダメです。今はまだ5歳なので大丈夫ですが、老犬になった時が心配です。経験された方で良い方法があれば、是非教えて頂けたらありがたいです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 動物福祉活動家

    犬が家でトイレをすると言うのは、日本特有の考え方です。大便は持ち帰らねば、それは日本で、軽犯罪法違反ですが、おしっこに関しては、犬の本来の生き方を考えて、外でさせることが、自然なのです。東京では、ちゃんと後を洗われる方が多いです。それも何も義務ではありません。家のトイレでしかさせてもらえない犬がいることの方が、とてもかわいそうです。英語では、house breakと言って、外でさせることを、幼いときに一番にしつけます。日本は雨も多くおしっこも流されます。それを、文句を言う人がいるとしたら、その方々は、地球は人間だけのものだと言われているようなものです。うんちの落とし物が無くなるよう、私共では、この度、社会貢献として、関東エリアから、うんち袋ディスペンサーを設置始めることにしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。