柴犬の皮膚病について アレルギー性皮膚炎には要注意

【獣医師監修】柴犬の皮膚病について アレルギー性皮膚炎には要注意

柴犬の皮膚病「アレルギー性皮膚炎」の管理はいろんな意味で他の犬種よりもちょっと難しいと言われ、なかなかやっかいな病気です。この柴犬の皮膚病「アレルギー性皮膚炎」は、現状では完治できないとされています。この記事ではその理由を解説し、少しでも日ごろから柴犬の皮膚病対策を行っていただければと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

柴犬の皮膚病「アレルギー性皮膚炎」とは

柴犬の皮膚病とは

柴犬に多い病気の一つに皮膚病の「アレルギー性皮膚炎」があります。

しかし、柴犬の皮膚病「アレルギー性皮膚炎」は、いろんな意味で他の犬種よりも管理が難しいことが多く、なかなかやっかいな動物の病気です。

柴犬の皮膚病「アレルギー性皮膚炎」の原因とは、アレルギー反応を起こす「アレルゲン」が原因で起こる場合が考えられます。

アレルギー性皮膚炎の仕組みは、体に侵入してくる異物に対して過剰な反応を起こし、その結果として皮膚に炎症をおこす病気です。また、この皮膚病は犬にとって、かなり多い病気だそうです。

そして柴犬も例外ではなく、アレルギー性皮膚炎にかかってしまうケースを多く見ています。

柴犬のアレルギー性皮膚炎の症状

アレルギー皮膚炎の症状は、かゆみだけではなく、皮膚が赤くなる、外耳炎、下痢などといった様々な症状を引き起こします。前述したように、アレルゲンとなる食物や植物などを摂取することでアレルギー反応を引き起こしたり、接触性の場合はアレルゲンが皮膚に触れることで、触れた部分に炎症が起こったり、痒みが出て湿疹状態となったりします。

柴犬のアレルギー性皮膚炎の対策

通常、アレルギー性皮膚炎は、アレルギーの元になる異物(アレルゲン)を特定し、それを避けることで、発症を抑えたり、症状のコントロールを行います。病院で血液検査をしてアレルゲンの対象となるものが明確となった場合には、それを取り除きます。

対策としては、主にドッグフードを「アレルギー専用食」に切り替える食事療法があります。また、接触性の場合は、例えば毛布などとの接触が影響するときには、毛布を取り除いたり、寝具を変えます。

そして、外の植物などとの接触が原因の場合には、散歩時には洋服を着せたり、散歩コースを変えてみるなどして、できるだけアレルゲンとの接触を防いで症状が出ることを予防します。

また、アレルギー性皮膚炎の症状がひどいときには、ステロイド剤や抗アレルギー薬を使用し、治療を行う場合もあります。そして、皮膚をなるべく病気に侵さず正常に保つために、サプリメントやシャンプーなどでスキンケアを実施します。

その犬に適した薬用シャンプーを患部に浸透させるように洗うことで、症状を和らげることも可能です。つまりアレルギー性皮膚炎は、原因が分かったら現状を良くすることを考えていきましょう。

皮膚病は完治(=体の異物に対する過敏反応を改善する)はできないため、様々な手法を組み合わせて管理をしていきます。

柴犬に皮膚病用の薬を上手に与えられない

皮膚病の進行を止める薬

柴犬は、他の犬種に比べて多少なりとも神経質なところがあります。

うまくしつけることができていれば問題ないのですが、中には皮膚病の飲み薬を上手く飲ませられない子もいます。

しかし、慢性化したアレルギー性皮膚炎は、長期での飲み薬による管理が重要ですので、飲み薬を飲ませられないとなると、管理が非常に難しくなります。

また、アレルギー性皮膚炎のお薬や皮膚にとって良いサプリメントの中には、カプセルタイプのものもありますが、飲み薬が苦手な柴犬の場合、カプセルとなるとさらに飲ませるのが難しくなることが多いです。

もちろん、好物に包んでみたり、手を変え品を変えてみなさん懸命に努力するのですが、一度、お薬に気づくと好物作戦も見破られてしまい、なかなか手を打てなくなることもあります。

そして余談にはなりますが、うまく薬が飲めたとしても、薬によってはとても喉がかわきやすくなり、それまで以上に水を多く飲むようになることがあります。それまではトイレを失敗することがなかった柴犬が、薬を飲むことによって、ときには粗相をしてしまうこともあります。

柴犬はデリケートな性格の犬が多いので、なかには自分が粗相したことに落ち込んだり、一生懸命に舐めて隠そうとしたりする子もいるようです。そんなときには叱らずに、そっとしてあげましょうね。

柴犬の皮膚病はシャンプーが大変

ここでもやはり柴犬の性格的なところが出てくるのですが、柴犬は特にお水が苦手な子が多いように感じています。

アレルギー性皮膚炎では、スキンケアとしてのシャンプーがすごく重要なのですが、お水を嫌う場合は一回一回のシャンプーが大変ですし、回数を重ねるごとに嫌がり方が強くなってしまいますので、だんだんとシャンプーが難しくなってしまいます。

さらに柴犬は毛が非常に密なワンちゃんなので、その毛の下にある皮膚へのアプローチはなかなか大変。

シャンプーもしっかりと濡らして、しっかりと泡立てないと、皮膚の汚れは落ちませんし、さらにすすぎもきっちりしないとシャンプーが残ってしまい、それによる皮膚の炎症なんかも起こしてしまいます。

アレルギー性皮膚炎を起こしている柴犬の皮膚は、とてもデリケートになっています。薬用シャンプーは市販でも売られていて、手軽に購入ができますが、その犬に適していないシャンプーを選んで使用してしまった場合に、副作用が出たり、症状を悪化させる原因となったりすることがあります。

できるだけ病院でお医者様と相談をして、犬の症状にあったシャンプーを選びましょう。

柴犬との日ごろのコミュニケーションが大切

柴犬とのコミュニケーション

柴犬のアレルギー性皮膚炎は、たしかに他の犬種よりも食事療法などによる改善が乏しいケースもあります。

ですが、ほとんどがその管理の難しさにありますので、逆に考えると、きちんとお薬を飲ませることができたり、おとなしくシャンプーできるようにトレーニングできれば、他の犬種と同じように、しっかりと管理できることがほとんどです。

「柴犬はトレーニングが難しい」と言ってあきらめることなく、一人でのトレーニングが難しければ、ドッグトレーナーさんにもぜひ相談してみてください。

▼柴犬について詳しく知りたい方はこちら
柴犬を飼うにはどんな人が向いてる?

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 sarang

    うちの柴犬もアレルギー性皮膚炎と闘っていました。
    10歳で発症し、亡くなる17歳までの間、7年間も闘病生活を送っていました。
    最初は小さな円形脱毛症のような「あれ?ハゲてるかな?」程度でした。
    やはりハゲができてしまうのは異常なことなので病院へ連れて行ったのですが、診察を終えて戻ってきた愛犬は、何故かバリカンで毛を全て刈り取られてしまいました。
    それは大きな間違いだったと思います。
    犬の毛は皮膚を守る役割も持っているのですから、皮膚が晒された状態ではバリア機能も低下してしまうと思うのです。
    何故そのような判断を獣医が行ったのか未だに疑問ですが、二度とその病院へは行っていません。
    バリカンで毛を全て刈り取られてしまって以降、小さい円形脱毛症のようなハゲだったものが、どんどん広がって行き、しまいには全身の毛が生えなくなってしまいました。
    柴犬の皮膚病に詳しい獣医がいるよと勧められて行った病院で7年間治療をしていただいたのですが、皮膚に「カビ」が生えていると診断されたこともありました。
    この頃には全身の毛が生えなくなってしまっただけではなく、皮膚がベタベタし、強烈なニオイも生じるようになってしまっていました。
    最終的には強い痒みを伴うようになり、皮膚は傷だらけで出血することもありました。
    シャンプーは使用せず、ぬるま湯で皮膚の汚れを洗い流すようにし、常に清潔な状態を保つようにすることで、ベタベタやニオイや痒みを抑えることができました。
    いろんな治療方法を試してきましたが、最終的には錠剤タイプのステロイド剤を服用する毎日になってしまいました。
    治療費もとても高額でしたし、何より犬自身にとてもツライ思いをさせてしまいました。
    全身の毛が生えなくなってしまい、お散歩をしていると心ない声がヒソヒソと聞こえてくることもありました。
    同居している家族からクサイ汚いと言われたこともありました。
    市販のドッグフードは何ひとつ合わず、オーガニック食材を買ってきて、何が合って何が合わないのか探りながら手作りごはんを与えていました。
    「ちゃんと薬を飲めたりおとなしくシャンプーができればしっかりと管理できる」と書かれていますが、ちゃんと管理できたとしても、皮膚の病気を甘くみてはいけないと思います。
    ちゃんと管理できたとしても悪化することもありますし、完治しないこともあります。
    アレルギー療養食も全てのアレルギーの症状に合うわけではありませんし、どんなに有効的な薬を服用しても効果が得られない場合もありますし、獣医さんにもどうすることもできない場合もあります。
    どんな姿になっても愛情を持って幸せに過ごさせてあげて欲しいです。
    なるべくならステロイド剤や薬は服用させないで欲しいです。
    アレルギーの症状や皮膚病の症状を抑えることはできたとしてもカラダは蝕まれていくばかりです。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    以前通院していた動物病院では皮膚炎のわんちゃんが多くいました。その中でも特に目立って多かったのは柴犬とポメラニアンでした。
    一部の被毛がごっそり抜けてしまった円形脱毛のような犬や、数か所に炎症が起きて被毛をバリカンで短くされてしまった犬など様々でした。

    皮膚炎になると内服薬の他に外からの対処も重要になってきますが、柴犬のようにダブルコートで特に被毛の量が豊富にあるとシャンプーをするのも大変です。水を弾きやすい毛質でもあるため、薬用シャンプーも必要なところに届きにくいそうです。ポメラニアンも同様です。
    皮膚炎になりやすい犬種というのは被毛の量も原因のひとつになっています。上手くシャンプーができないことで、肌の汚れを落としきれず炎症になることも多々あるそうです。

    内服薬の飲ませ方のコツは慣れも必要ですが、犬の口を上手く開けさせることが第一です。
    マズルを握り、上から口の端の部分の頬を両方から押すと口を開きます。そのまま維持したらなるべく喉の奥に薬を押し込みます。指で押し込むので飼い主さんは爪を短くしておいてくださいね。
    マズルを閉じて上を向かせ、喉を下へとさすれば反射で飲みこみます。

    この流れはとにかくスピード勝負です。最初は奥歯で噛まれたり大変な思いをするかもしれませんが、続けていくと犬自身も慣れてくるので楽に投薬できるようになります。
  • 投稿者

    30代 女性 joe

    先代の犬が(柴犬ではありませんが)アレルギー性皮膚炎を発症しました。
    5,6才の頃に、大好物のペット用ミルクを与えたところ体中掻きむしっているのでおかしいな、と思ったら、皮膚が真っ赤になっていて急いで病院へ連れて行きました。
    血液検査の結果、いろいろな食材のアレルギーがわかったのですが、思い返すとその半年くらい前から抜け毛がひどくなってきていました。もしかしたら何かのサインだったのかもしれません。
    それまで食べていたフードには検査で引っかかった食材がいくつも使われていたため、出来るだけアレルギー反応の出た食材を含まないフードを探していろいろと試しましたが、抜け毛は収まらず、尻尾がどんどん痩せて行ってしまいました。
    一念発起して手作り食をはじめ、半年ほどしたころからでしょうが、気が付いたらピタっと抜け毛が収まっていました。
    アレルギーとの戦いは一生続くものなので、飼い主のプレッシャーは相当ですが、愛犬の健康のために頑張りたいですね。
  • 投稿者

    50代以上 男性 ちび

    うちの柴犬は今年で13歳になりますが、皮膚炎を発症したのは8歳ぐらいからでした。最初は後ろ足の内側がはげてきて、その内4本足に広がり、耳まで炎症を起こしすぐに病院に連れて行きました。診断は草アレルギーとの事でした。なるべく草むらには行かないようにしてましたがそれでも改善しなく、本当に草アレルギーなんだろうかと疑問を持つようになりました。そして人間でいうセカンドピ二オンで違う病院に連れて行きましたが、やはり結果は同じでした。その内、段々ひどくなり痒みも増してきてる感じで、2.3歩歩くたびに体をひっかくようになり、見ててかわいそうなぐらいかきむしってました。夜中、昼間問わず熟睡も満足に出来ない状態でした。しばらくして顔、目のあたりもかきむしるようになりまるでお岩さんみたいになり、散歩してる時は周りからこそこそ、そして指を指される毎日でした。時には、他の飼い主から、随分汚い犬だなぁ、とも言われた事もありました。でもそれでも家族の一員として迎えてあげた以上、責任を果たす義務があると思い今もアレルギーと闘ってます。今はネットでアポクエルを購入して飲み始めて約2週間経ちますが少し落ち着いてきてるように感じてます。耳の傷はオロナインを少々付けて少しづつ改善に向かってます。ゲージの中は毎日掃除機をかけて、消毒をしながら経過を観察してます。完治は難しと思いますが少しでも楽になってくれればと思ってます。
  • 投稿者

    女性 せとか

    うちの犬もある時急に十円玉くらいの大きさにごっそり毛がなくなっていることに気が付いてアレルギーを疑いました。結果、アレルギーではなかったのですが、毛が一度なくなった場所は、完全に元通りになるまで1年近くかかりました。
    十円ハゲの原因は、留守番のストレスだったようです。ちょうど私が転職したばかりで留守番が長くなってしまっていたのがストレスだったんだと思います。
    ちょっとおかしいことがあると、すぐにアレルギーを疑ってしまいますが、動物病院の先生には、アレルギー検査はしてもいいけど何か見つかっても現在問題がなければ大丈夫だからと言われまだやったことがありません。多かれ少なかれ、何かは出ることが多いんだそうです。きっと見つかっちゃうとフードもあれこれ悩んでしまうし、でも本当は分かっていた方がいいのかな、など悩むところです。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    柴犬のように毛が密集している犬種は皮膚にトラブルを起こしやすいですよね。
    今はフードでもアレルギーが出るので、愛犬に合わないものは把握しておいた方がいいかもしれません。おやつがダメな場合もあります。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

【教えて!】柴犬の皮膚病について

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。