複数のドッグフードをローテーションする効果はあるの?必要性と注意点

【獣医師監修】複数のドッグフードをローテーションする効果はあるの?必要性と注意点

お気に入りに追加

複数のドッグフードをローテーションすると良いと聞いたことはありますか?そもそも複数のドッグフードを与えるとどのような効果を得られるのでしょうか。注意点も含めてローテーションする必要性をお伝えします。

3577view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

複数のドッグフードをローテーションする必要性

笑顔の犬とドッグフード

栄養の偏りを防ぐ

ドッグフードをローテーションすると良いという話をちらほら聞くことがあります。
ふだんバランスの良いドッグフードをあげているので、別にローテーションしなくても良いと思っている人は多いと思います。
そもそも、ドッグフードは栄養のバランスを考えて作られているのに、なぜローテーションすると良いと言われているのでしょうか。

ずばり、栄養の偏りを防ぐためというのが、ローテーションをする大きな理由と考えられています。
いくら栄養のバランスを考えられているドッグフードでも、それぞれに特徴や個性があり、完璧なバランスをもったドッグフードというのはそうありません。
ですので、複数のドッグフードの強みを活かしながら組み合わせて、よりバランスの取れた栄養を確保しようというわけです。

ドッグフードをローテーションするときの与え方

ドッグフードをローテーションするときの与え方は、一度に数種類のドッグフードを混ぜて与えるの?と思うかもしれませんが、それは間違った与え方となります。

一般的には、1種類のドッグフードを1週間から1か月ごとに変更しながら与える。
もしくは、1種類のドッグフードがなくなったら、別のドッグフードに切り替える、というのがローテーションをしながらドッグフードを与える方法となります。

また、新しいドッグフードに慣れるまでは、今まで食べていたドッグフードに新しいドッグフードを少しずつ足していき、徐々に慣れさせながら切り替えるようにしましょう。

ドッグフードをローテーションすることによる効果

青い器に入ったドッグフードと犬

アレルギー予防になる

ドッグフードをローテーションすると、栄養のバランスだけでなく様々な効果を得られます。
効果の1つには、アレルギー予防ができるというものがあります。
ずっと同じドッグフードを食べていると、それらに対してアレルギーを発症してしまうことがあるそうです。

ドッグフードをローテーションすることで、アレルギーの原因となるものを、常に体内に溜め込むことがなくなり、結果としてアレルギーを発症しにくくなります。

食欲がないときに選択肢がある

ふだんドッグフードを1種類しか食べていないと、食欲がないときにそのドッグフードを食べてくれなければ、しっかりと栄養を取ることができません。
しかし、ふだんからローテーションをして愛犬の食いつきの良いドッグフードを知っておくと、食欲がないときでも、食べてくれるので対処しやすくなります。
また、食欲がないときのためにドッグフード以外にも、愛犬が好きなウェットフードを探しておくのも良いと思いますよ。

いろいろなドッグフードを食べられるようになる

ドッグフードをローテーションして与えていると、好き嫌いが少なくなったり食べ慣れていないドッグフードでも食べやすくなったりします。
災害などでいつものドッグフードが食べらない環境におかれたときに、好き嫌いなく食べられるというのはとてもありがたいですよね。 また、将来療法食などを食べなければいけなくなった時にも好き嫌いがないほうがいいかと思います。

お気に入りのドッグフードが買えなくなったときのリスク回避

愛用しているドッグフードが販売中止になったり、食材が不足することで製造が遅れたりして、突然お気に入りのドッグフードを入手するのが困難になるときがあります。
ふだんから数種類のドッグフードを食べさせていると、そういったリスクを回避できるといえるでしょう。

ドッグフードをローテーションする際の注意点

芝生の上でドッグフードを食べる犬

病気によって食事制限されているときは獣医に相談する

もし、愛犬が療法食(病気に合わせたドッグフード)を食べている場合は、安易にローテーションしない方が良いと思います。
もし、ローテーションを考えているのでしたら、必ず担当の獣医に相談するようにしましょう。

いきなり全部違うドッグフードに変えない

いきなりドッグフードを切り替えて食べさせると、胃や腸に負担をかけてしまい下痢や嘔吐など体調を崩すことがあります。
また、ドッグフードは意外と体質に合うものと合わないものがハッキリしているので、少しずつ様子を見ながら切り替えるようにしましょう。

ちなみに、私の愛犬は少しずつ切り替えても、ドッグフードによっては、すぐにお腹の調子が悪くなることがありました。お腹を壊しやすい子は少量ずつ試すことをおススメします。

アレルギーの原因特定が難しい

ドッグフードを数種類与えてアレルギーを発症してしまった場合、アレルギーの原因を特定するのが難しくなってしまいます。
ドッグフードを1袋食べ終わったら別のドッグフードに切り替える、というふうに切り替える期間を長めにすることで、少しでもアレルギーの原因を特定しやすくなるといえるでしょう。

まとめ

ドッグフードを欲しがる犬の顔

複数のドッグフードをローテーションすることで、様々な効果を得られます。
ただ、デメリットも少なからずありますので、ドッグフードをローテーションする際は、愛犬の健康をこまめに気にしながら、時間をかけて行うようにしましょう。

いろいろな味のドッグフードを食べられるようになると、愛犬はより食事を楽しむことができそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。