犬のベッドの種類とそれぞれのメリット

犬のベッドの種類とそれぞれのメリット

お気に入りに追加

犬のベッドにもいろんな種類があって選ぶときに迷ってしまいますよね。種類とそれぞれのメリット、ベッドを選ぶときのポイントなどご紹介しています。

3741view

愛犬のためのベッドの選び方

お布団に入っているチワワとポメラニアン

みなさんの愛犬も、専用のベッドを持っているのではないかと思いますが、どのように選びましたか?
夏であれば涼しく快適に過ごせるもの、冬であれば暖かいものや保温性のあるものでしょうか。
ベッドにもいろんな種類があって、それぞれにメリットがあります。
ベッドを買ってあげたけど使ってくれない、という声もよく耳にします。

愛犬にピッタリのベッドを選んでもらえるよう、ベッドの種類やそれぞれのメリットと選ぶときのポイントなどをご紹介します。

カドラータイプ(ボックスタイプ)

グレーのベッドの中にいる子犬

カドラータイプはボックスタイプと呼ぶこともあるのですが、フチがあり、ボックスのような形になっているベッドです。
ホームセンターやペットショップなどで、最も多く取り扱われているタイプなのではないでしょうか。
犬は囲われていることで安心するとされています。
クレートやキャリーケースを選ぶときも、広すぎずカラダにぴったりサイズなくらいが良いと言いますよね。
囲いがあることで安心でき、ゆっくりくつろいだり眠ったりすることができるベッドになると思います。
うちの愛犬たちもカドラータイプのベッドを使っているのですが、フチを枕のようにして使っています。犬も枕があることで、眠っている間も呼吸がしやすいのだそうです。

ドームタイプ

白とチェック柄のベッドの中で眠るチワワ

まるで室内用の犬小屋のようなタイプのベッドです。
入り口が狭いものもありますし、広いものもあります。
屋根もあるので、入り口が狭いものを選ぶと、隠れ家のように使うことができます。
ドームタイプは、特に寒い時期におすすめのベッドです。
囲われているので温まりやすいですし、入り口にカーテンをつけてあげると、冷たい空気が入りにくくなって、より暖かいと思います。

マットタイプ

マットの上で猫と一緒に眠る犬

マットタイプは、カドラータイプやドームタイプのようなフチがないベッドです。
カラダをうんと伸ばしてくつろぎたいワンちゃんにおすすめです。

また、老犬になるとフチに手足が引っ掛かり転倒してしまうことがあるため、フチなしのマットタイプがより安全なのではないかと思います。

オーバルタイプ

オレンジのクッションの上でくつろぐ犬

オーバルタイプとは、ゴム製のベッドのことを言います。
そのまま使っても良いですし、クッションやブランケットなどを入れてあげるとより快適だと思います。
水洗いも可能ですし、洗っても型崩れしてしまうことがないのでお手入れしやすいです。
ベッドをホリホリ掘ってしまうワンちゃんも多いですが、ベッドが破けてしまったりボロボロになったりしてしまいますよね。
オーバルタイプはそう簡単には破けませんので、ホリホリが大好きなワンちゃんにもおすすめです。

ハンモックタイプ

おしゃれなベッドでくつろぐヨークシャーテリア

ハンモックタイプのベッドは通気性に優れていて、特に夏を快適に過ごすことのできるベッドです。
床や地面に直接触れることがないので、屋外でも汚れにくく、日なたぼっこのときにもおすすめです。ハンモックの布の部分は取り外して洗うことができるので、清潔を保つことができます。
防水加工がされた布が使用されているものもあり、アウトドアを愛犬と一緒に楽しみたいという飼い主さんや、海や川で泳ぐことが大好きなワンちゃんが多く使用しています。

ベッドを選ぶときのポイント

ベッドの中で座っている子犬

ベッドの種類やそれぞれのメリットを知ると、愛犬にピッタリなベッドを選んであげることができます。
ベッド選びで迷っている飼い主さんの参考になれば嬉しいです。
種類とメリット以外にもベッドを選ぶときのポイントがあります。

  • 暑さ対策や寒さ対策ができるかどうか
  • お手入れがしやすいかどうか
  • 洗濯機や手洗いで水洗いが可能かどうか
  • 耐久性や機能性に優れているかどうか

これは、私が愛犬たちにベッドを選ぶときにポイントにしている4つです。
暑さ対策と寒さ対策のために、夏用のベッドと冬用のベッドそれぞれを用意しています。
清潔に使い続けるためにお手入れがしやすく、水洗いできるものを選んでいます。
お洗濯することで型崩れしてしまわないかどうかもチェックします。
カラダに負担がかかりにくいなどの機能性、ホリホリが大好きなので耐久性のあるものを選んでいます。

まとめ

国旗柄の赤いベッドとポメラニアン

ワンちゃんたちにも好みがありますよね。
ベッドを買ったけど使ってくれない、という飼い主さんも多いようですが、ベッドの種類を変えてみると使ってくれるかもしれません。
ドームタイプは、はじめは中に入ることを怖がってしまうワンちゃんもいるようなのですが、快適で安心だとわかると、ベッドに入ったまま出てこなくなってしまう子もいるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。