老犬の目を傷つけるトラブルに要注意!気を付けること4つのこと

3021view

老犬の目を傷つけるトラブルに要注意!気を付けること4つのこと

犬も年を取ると、白内障になったり視力が落ちたりして、目が悪くなります。見えが悪くなることから色んな物にぶつかって目を傷つけないよう、気をつけてあげましょう

老犬

1、家の中は危険がいっぱい!

犬は嗅覚が優れているから見えなくてもそれほど困らない、という説もありますが、実は嗅覚、聴覚といった五感の中でワンちゃんが日常的に最も頼っているのが視覚なんです。

もし物にぶつかったり段差を踏み外したりすることが増えてきたように感じたら、目が見えなくなってきているのかも。

そんな様子に気付いたら、まずはケガをしないように、段差にスロープを置いたり、ゴミ箱などのぶつかりそうな物や、ぶつかった拍子に上から落ちて頭を直撃しそうな置物は片付けるなど、バリアフリー対策を始めましょう。

2、眼球が飛び出ている犬種や認知症のワンちゃんは特に注意

たとえばチワワやパグ、キャバリアのように出目ぎみのワンちゃんは、ぶつかった時に目を傷つけやすく、炎症を起こしたり本格的に失明してしまう心配もあります。

また、認知症が出始めたワンちゃんは、何かにぶつかってもよけずに、何回も同じ方に進もうとして顔や体をガンガン打ち付けてケガしてしまうことがあるので、テーブルの角張った脚や扉の角などにクッションを巻いたり、枝葉の突き出た植木は置かないなど犬目線での配慮が必要です。

3、ヒゲは切らないで

犬の毛

猫と違って犬のヒゲは切っても良いと言われていますが、実はワンちゃんのヒゲも、そこに何かあることを感知して衝突を避けるセンサーとしての働きを担っているんです。

目が見えなければ尚更、そのかすかな感覚も身を守るうえで大切な役割を果たします。

トリミングサロンにお願いする時には、ヒゲを切らないように伝えましょう。

4、お留守番のときはサークルやケージの中で

ケージ

お留守番の時には、どんな事故が起きるか分りません。

普段は室内フリーでも、できればサークルやケージの中に入っていてもらいましょう。

その際も、サークルの枠や金具で目を傷つけないよう保護するのを忘れずに。

目が見えないうえ、ひとりぼっちでいるのはワンちゃんも不安なこと。

サークルなど狭い場所にいるほうが落ち着くのです。

さらに飼い主さんのにおいがついた毛布やクッションなどを置いてあげれば、ワンちゃんも安心していられることでしょう。

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!