犬公方 徳川綱吉の「生類憐みの令」は生活にどんな影響を与えた?

犬公方 徳川綱吉の「生類憐みの令」は生活にどんな影響を与えた?

お気に入りに追加

生類憐みの令は人や犬や動物を守るために徳川綱吉によって発令された法令です。厳しく細かい規則、犬や庶民に与えた影響、江戸時代に暮らしていた犬の様子など、徳川綱吉の真の目的を知ってもらいたくご紹介します。

2253view

「生類憐みの令」とは、どんな法令だったのか

真っ白な犬の横顔

生類憐れみの令(しょうるいあわれみのれい)をご存じでしょうか。

「犬公方(いぬくぼう)」と呼ばれていた五代将軍である徳川綱吉が出した法令です。

日本の歴史上で最も悪法だったとされています。しかし、本当に悪法だったのでしょうか。

生類憐みの令で、犬を過剰に保護していたというイメージによって犬公方と呼ばれるようになり、悪法であるとされていました。

実際に保護されていたのは犬だけではなく、牛・馬・鳥・魚・貝・虫など、ありとあらゆる生き物を対象としていました。さらに、とても細かく厳しい規則や罰則が伴っていたため、悪法とされたのでしょう。

なぜ、徳川綱吉はこのような法令を出したのか。犬と庶民にどのような影響を与えたのか。現在の犬や私たちにも繋がっているのか。もっと詳しくみていきましょう。

生類憐みの令が出された真の目的とは

パグとブラックボードに書かれたクエスションマーク

1685年に生類憐みの令が発令されました。徳川綱吉が将軍となった時代です。

天下が統一されてから80年ほどが経っていました。平和が訪れたようではあったのですが、実際には戦国時代の空気が漂っていた時代です。

江戸時代初期が描かれた、江戸図屏風に描かれているかぶき者の中には、犬を殺して食べる者もいたそうです。

そんな中、「刀を振り回す風潮を改めたい」そして、「人々の意識を変えたい」という思いから、生類憐みの令が出されたのではないかという説があります。

世の中を安定させること、真の平和な世の中を築くこと、それが徳川綱吉の真の目的だったのではないかとされています。

人間であれ動物であれ、殺しは悪いことである。現代なら当たり前のことですが、それが当たり前ではない時代だったのでしょう。類憐みの令は、「動物愛護」を掲げるために出された法令だったのです。

人間も保護対象だった

生類憐みの令は、動物の保護を対象としている法令であると認識している人が多いようなのですが、実は人間も保護対象でした。籠に子供を入れて捨てたり病人を山に捨てたり、そのようなことが頻繁に起きていた時代でした。

捨て子を禁止すること、病人を保護すること、これらも生類憐みの令に含まれていました。弱い者を保護することが目的である、福祉政策だったのです。

巨大な犬小屋を作った!犬公方と呼ばれた徳川綱吉

芝生と赤い屋根の建物

愛犬家のみなさんにぜひ知ってもらいたいのが、犬公方と呼ばれた徳川綱吉による「犬」に関するお話です。犬公方と呼ばれることは決して良い意味ではありません。からかわれていたのです。

生類憐みの令だけではなく、たくさんの犬に関する法令を出したことによって、犬公方と呼ばれていました。

野良犬が多く存在した江戸時代

江戸や都市部では野良犬が多く存在し、人々を襲う事件が多発していました。浮世絵にも犬が描かれているものが多いですよね。

一見、人々と犬が仲良く暮らしている様子が描かれているようにも思えます。しかし、人が犬を食用としていたこともありました。狩りをするためのエサとして犬の肉を使用していたこともありました。

そのようなことを禁止するため、野良犬に対する法令がたくさん出されました。生類憐みの令が出されたのはこれよりも後のことでした。生類憐みの令を出すことで犬を保護し、守ろうとしたのです。

犬を保護するために徳川綱吉が命じたこと

「犬毛付書上帳(いぬけつきかきあげちょう)」という犬の戸籍のようなものを作るよう命じた徳川綱吉は、犬を保護するための収容施設を作り上げました。

東京ドーム20個分ほどもある巨大な犬小屋です。10万頭ほどの犬が保護されていたそうです。

保護されている犬たちの食事や施設を維持するための費用は、江戸の市民や周辺の農民から徴収された税金でまかなわれていました。当然ながら不満を持つ者もいました。

そして、徳川綱吉が亡くなった後、すぐに撤去されることとなったのです。

生類憐みの令は「細かすぎる規則」だった?!

道を歩く垂れ耳の子犬

  • 1.迷子の子犬を見かけたら、母犬を見つけてあげること
  • 2.ケンカをしている犬を見かけたら、水をまくなどして引き分けにさせること
  • 3.田畑を荒らす鳥は生け捕りにし、伊豆七島へ運んで放すこと
  • 4.馬のタテガミを切ることは禁止する
  • 5.生きた魚小鳥鶏亀貝類を食料として売買することは禁止する
  • 6.ウナギやドジョウを売買することは禁止する
  • 7.金魚を飼うときは、金魚の数を届け出ること

まだまだたくさんありますが、中には「…え?」と言いたくなるような規則もありますよね。

生類憐みの令は人や動物を保護することが真の目的でしたが、ちょっとやりすぎてしまっていたようです。

あまり守られていなかった?

あまりにも厳しく細かい規則は、決して完全に守られることはありませんでした。鶏や豚などの肉食が習慣化されるようになりましたし、徹底することは難しかったのです。

こっそりと釣りを楽しむ者もいたようですし、釣りは庶民の娯楽として広まっていきました。

みなさんもよくご存じの水戸黄門は、生類憐みの令を批判していた一人です。徳川綱吉に犬の毛皮を送ったなんていう逸話も残されているほどです。

まとめ

青空と浜松城

今回ご紹介したのは徳川綱吉が制定した「生類憐みの令」についてのお話でした。

歴史の中に出てくる犬の話はたくさんありますが、「犬を守るために巨大な犬小屋まで作ってしまった」なんて、現代では考えられない話ですよね。

何だか徳川綱吉への印象がちょっと良くなったな、という人もいるかもしれません。
生類憐みの令が現代にも良い形として残されていたとしたら、捨てられたり、殺処分されたりする不幸な犬はいなかったかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。