犬がウェットフードしか食べない原因と改善策

犬がウェットフードしか食べない原因と改善策

愛犬がウェットフードしか食べてくれない。改善策はあるの?あなたは愛犬がウェットフードしか食べない原因をご存知ですか?いくつかの原因を知ると改善策が見つかりやすくなりますよ。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ウェットフードしか食べない原因

テーブルの上に顔を乗せてご飯を待つ犬

ウェットフードの美味しさを知る

ドライフードと比べて、ウェットフードは様々な味があり、ジューシーで美味しく食べやすいので犬に大人気です。
ドライフードを食べないときにウェットフードに切り替えた途端、勢いよく食べた。
食いつきが全然違う。
といった経験をした飼い主は多いのではないでしょうか?

それほど、犬にとってウェットフードは美味しく感じる食べ物なのでしょう。
そんなウェットフードの美味しさに慣れてしまうと、ドライフードを食べなくなってしまうという可能性がありますよ。

食べないとすぐウェットフードに切り替える

ウェットフードの美味しさを知った犬は、ドライフードを全然食べなくなってしまうことがあります。食べないからといって、すぐに食いつきの良いウェットフードに切り替えて食べさせていると、ウエットフードしか食べなくなってしまうので、注意が必要となります。

シンプルな味と食感のドライフードよりも、様々な味を楽しめて食べやすいウェットフードの方が美味しいので、当然といえば当然ですよね。
「ドライフードを食べずにいたら、ウェットフードがもらえる」と、犬に思わせないようにしましょう。

ドライフードの味に飽きた

ウェットフードしか食べない原因として、いつも同じドライフードを食べていて、飽きてしまっているときがあります。
ドライフードは全部同じように見えるかもしれませんが、味や食感が全然違います。
数種類のドライフードをローテーションしてあげると、愛犬は飽きずに食べてくれるかもしれませんよ。

口の中に問題がある

口腔内に傷があったり、歯に痛みがあったりする、歯肉炎等の病気になっている等の原因があるときは、食べやすいウェットフードしか食べようとしないときもあります。
ウェットフードしか食べないときは、犬の体に異常がないか調べることも必要なようですね。

内臓に負担がかかっている

ドライフードは、基本的にカリカリに乾燥していますよね?
ドライフードの水分含有率は10%ほどしかないと言われています。

極端に水分が少ない食べ物をずっと食べていると、胃に負担がかかってしまいます。
また、ドライフードをたくさん食べた後に水を飲むと、満腹になったお腹の中でドライフードが水分を吸収して膨らみます。
場合によっては、胃に負担をかけてしまう原因となってしまいます。
犬はこうした内臓の負担や、違和感を抱いて食べようとしないのかもしれませんね。

ドライフードを食べさせるための改善策

チェック柄のランチョンマットでご飯を食べようとしている犬

食べるまで放っておく

愛犬がドライフードを食べないでいると、心配になってウェットフードをすぐにあげている場合は、すぐに切り替えないで、ドライフードを食べるまで放っておくのも1つの方法となります。
ドライフードしか食べさせないようにすることで、愛犬は諦めてドライフードを食べるようになってくれるかもしれません。

お腹を空かせるために、オヤツをあげないようにする

あなたはお腹が空いていると、何でも美味しく感じ、何でも良いから食べたい!と思うときってありませんか?
愛犬がウェットフードしか食べないときは、ふだんあげているオヤツを我慢させて、いつもよりお腹を空かせた状態にしてみるのも良いかもしれません。
とてもお腹が空いた状態だと、ドライフードを勢いよく食べてくれるかもしれませんよ。

種類を変える、徐々に切り替える

ドライフードを食べなくなっているときは、カリカリとした食感が原因で食べなくなってしまっていることがあります。
そういった場合は、しっとりとしているタイプのドライフードに変えると食べてくれることも。

また、ウェットフードとドライフードを混ぜてご飯をあげて、徐々にウェットフードを減らして、ドライフードだけで食べられるように切り替えていくのも改善策の1つとなります。

トッピングをする

ドライフードにトッピングをかけることで、食いつきが良くなることもありますよ。
ふりかけタイプのものから、スープ系のトッピングまで、いろいろな種類のトッピングがありますので、愛犬の好みのものを日替わりで与えると、とても喜んで食べると思います。

私たち人間も毎日お米だけだったり、毎日同じおかずを食べていたりすると飽きてしまいますよね?少しでも、ご飯を食べるのが楽しくなるようにしてあげると良いと思います。

ふやかしたドライフードをあげる

ドライフードをふやかしてあげるのも効果的な方法です。
ドライフードをふやかすことで、ドライフードの香りが強調されて、犬の嗅覚を刺激します。
さらに、ふやかすことによって胃にも負担をかけませんので食べやすくなります。

ご飯を完食したら褒める

愛犬がちゃんとご飯を完食したら毎回褒めてあげましょう。犬は褒められるのが大好きです。
ですので、全然食べなかったドライフードを少しでも食べたら褒めましょう。

褒めることで「食べたら褒めてくれるんだ」と思うようになり、少しずつ食べてくれるようになることがありますよ。

まとめ

カラフルなドッグフードを食べる犬

ウェットフードしか食べない原因は多くあります。
中でも、ウェットフードの美味しさや食べやすさがドライフードを食べなくなった一番の原因になっているようですね。

愛犬の体に負担がかかっていたり、病気になったりしていて、ウェットフードしか食べられないということもあるので、愛犬の様子がおかしいと感じたら病院に連れていくことをおススメします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。