犬用クッキー 手作りレシピから人気の市販・通販商品まで

犬用クッキー 手作りレシピから人気の市販・通販商品まで

お気に入りに追加

犬用クッキーってどんなものがあるの?と疑問に思う飼い主もいるのではないでしょうか。犬にクッキーを与えるなら、安心で安全なものをあげたいですよね。ここでは犬用クッキーの種類や安全性についての話とともに、手作りレシピや人気の通販商品、アレルギー対応商品まで紹介します。

12675view

犬用クッキーってどんなものが安全?

クッキーをなめる犬

ホームセンターやスーパーでは犬に限らずペット用に沢山のおやつやドッグフードが売られています。

国産や無添加素材など材料にこだわっているものや、値段も様々で何を基準に選んだら良いのか、どんなものが安全なのか、犬用クッキーを選ぶ際に目安となる項目をあげてみました。

国産か外国産か

犬用クッキーに限らずドッグフードのパッケージに「国産」の表示のあるものは、日本が安全性を考慮して定めた基準に基づいて作られています。一方、外国産のものでも、その国の基準が日本より高ければ、そちらのほうが安全であるということになります。

犬用フードの安全性を重視する場合、国産では「◯◯ミール」「◯◯肉副産物」「動物性油脂」「香料」などの表示のないものを選び、外国産を選ぶ場合は正規取扱店の表示がある店舗で購入しましょう。

無添加のもの

ペットフード安全法では、添加物の使用基準が設けられています。犬用クッキーを選ぶときは、原材料名と成分表をよく見て検討しましょう。添加物というと悪いイメージがありますが、栄養分の強化や品質保持などの役割を持つものもあり、一概に悪いものばかりとも言えません。

加えて原材料表示に、原産国などの細かい表示があったり、犬用であっても、人間が食べられる食品(ヒューマングレード)であるかも選ぶ時の基準になります。

アレルギーに考慮したもの

飼い犬に食物アレルギーがある場合は、商品パッケージの原材料の欄をよく読んで、アレルギー物質を避けた犬用クッキーを選んであげましょう。例えば、小麦アレルギーに対応した犬用クッキーは、小麦の代わりに米粉や穀類自体を使っていない商品など選択肢も様々です。

また、アレルギーを引き起こす予防として、同じクッキーを続けて与えるのではなく、お気に入りをいくつか見つけてローテーションであげることも必要です。

手作りのもの

一番安全なのは飼い主の手作りクッキーでしょう。飼い犬の好みやアレルギーを考慮しながら、市販品にはない愛情たっぷりの犬用クッキーを心を込めて作ることができます。ただし、人間にはよくても犬に食べさせてはいけない食品もあるので、使う材料には注意が必要です。

犬用クッキー 簡単レシピ4選

クッキーをくわえる犬

犬に手作りごはんを作ってあげたいけれどお料理はあんまり得意じゃないという人も、犬用クッキーなら材料も少なく工程も簡単なのでぜひ挑戦してみてください。

小麦粉アレルギーであれば片栗粉や米粉に変更したり、水分をペット用ミルクや豆乳に変えたりと、犬の好みや年齢に合わせてアレンジもできそうな、おすすめレシピを5つ紹介します。

にんじんクッキー

にんじんと薄力粉で簡単に作ることができる犬用クッキーです。このレシピを基本にして、にんじんをさつまいもに、薄力粉を片栗粉にするなど犬の好みやアレルギーに合わせて自在にアレンジできそうです。いろいろな色の野菜を使ってカラフルに作ることもできますよ。

おからのクッキー

ヘルシーなおからを使った犬用クッキーレシピです。 おからは繊維質が豊富で腸内環境を整える効果があります。バターで風味付けをしたり、はちみつで甘みをつければ犬も大喜びしそうですね。ただし、おからはカロリーが高いのであげすぎには注意が必要です。

かぼちゃの種のまぜまぜクッキー

普段捨ててしまうかぼちゃの種を乾燥させて、種の中身を使います。かぼちゃの種には、犬の毛艶を良くすると言われている亜鉛が豊富です。かぼちゃの種さえ用意したら、あとは粉類、水分、甘みは犬の好みや年齢に合わせて自在にアレンジできる犬用クッキーレシピです。

ささみアップルスティック

犬が大好きなささみとりんごを米粉でまとめて、ヨーグルトを加えた犬用クッキーのレシピです。りんごに含まれるアップルペクチンは整腸作用があると言わています。さらにヨーグルトを加えることでおなかにも良く、ほんのり甘い香りの美味しいクッキーができます。

犬用クッキー 人気の市販・通販商品6選

クッキーを目の前にした犬

通販で人気の犬用クッキーを紹介します。無添加でオーガニックの商品や、オーダーメイドでかわいい名前入りのクッキーを請け負ってくれるお店など、人気の6点です。

ドギーマン「おなかにやさしいわんわんビスケット」

ドギーマン おなかにやさしいワンワンビスケット チーズ&ヨーグルトミックス 450g
1,038円(税込)

チーズやヨーグルトのほか、オリゴ糖も入ったビスケットで、犬のおなかに優しい成分を配合しています。肉と乳製品が含まれていないので、アレルギーの犬にもあげられると評価も高い、人気の犬用クッキーです。

ハイペット「プチ・クッキーミルクカルシウム入り」

ハイペット プチ・クッキー ミルクカルシウム入り 40g
円(税込)

日本が原産国の、サクサク美味しいヘルシーな犬用クッキーです。犬に吸収しやすいミルクカルシウム配合で丈夫な骨格づくりと、グルコサミン配合で関節のサポートも期待できます。小粒なので小型の犬にも楽に噛めるサイズです。

ナチュラルバランス「スウィートポテト&ベニンソントリーツ」

ナチュラルバランス スウィートポテト&ベニソントリーツミニ 227g
921円(税込)

アメリカで人気のペットフードメーカーです。 穀類・卵・添加物不使用のアレルギーに対応した犬用クッキーで、穀類アレルギーの犬に配慮し、いも類を主原料に鹿肉で風味付けしています。人工香料、人工着色料、人工防腐剤も使っていないシンプルで嗜好性の良いクッキーです。

ドッグダイナー「北海道産かぼちゃでできたクッキー」 

犬用 無添加・クッキー(名入れ メッセージ クッキー)
842円(税込)

小麦粉不使用、米粉で作られており、かぼちゃの天然の甘さと風味で美味しく食べられる犬用クッキーです。注文時に名前や好きなメッセージをクッキーに入れることができます。無添加・無農薬・減農薬の材料を使用し、犬用クッキーだけでなくケーキ、おせちなどもオーダーできます。

ベーカリーてぃす「犬の豆乳クッキー」

犬の豆乳クッキー

犬の豆乳クッキー
価格 360円(税込)

小麦粉、豆乳、オリーブオイルだけで作られた犬用クッキーです。豆乳は犬の健康維持に必要な良質のたんぱく質とビタミン、ミネラルを多く含んでいます。この会社は、犬の健康に配慮したクッキーなどの商品をそろえています。

まとめ

クッキーを顔に乗せる犬

犬用クッキーにはいろいろな種類がありますが、一番安心で安全なのは手作りのものでしょう。犬の好みに合わせたり、アレルギー対策をするなど、愛情を込めて作れます。簡単に作れるおすすめレシピを、ぜひ試してみてくださいね。

市販品を買う時は、原産国や原材料、成分表などをしっかりとチェックして、なるべく無添加で人間が食べても安全な材料でできたものを選びましょう。おやつは、全体の食事の10%から20%が目安と言われています。栄養補助として適切な量を見極めながら、より安全なものを選んであげたいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 momo

    我が家も愛犬が病気をしてから、市販の添加物のあるおやつではなく、手作りのクッキーや鶏の胸肉のチップなどを与えています。記事にあるように、シンプルな材料のクッキーは簡単で良いと思います。他にも<無塩バター・小麦粉・牛乳>で同じように作るレシピもあります。最近は我が家は14歳のシニア犬なので、消化の良いおやつに切り替えて、おからチップというのを作っています。これは、大豆アレルギーがなければ大丈夫ですし、抗菌作用のある皮膚にも良いココナッツオイルを大さじ2位混ぜて作るので、被毛はもちろん、便の調子も良いです。作り方は簡単で、①市販のおから250gをフライパンで乾煎りして、ココナッツオイル大2をヘラで良く混ぜてビニール袋に入れてまとめる。この時に「おからパウダー」という粉を少し混ぜると更にまとまりやすいです。②少し冷めたら、一口大にチップ状に平たくして、クッキングシートを乗せた天板に並べてオーブンで180℃で25分、ひっくり返して10分程焼く。たったこれだけで、消化の良いおからチップの出来上がりです。特にシニア犬にオススメのおやつです。
  • 投稿者

    30代 女性 ラズベリー

    折角愛犬に手作りオヤツを...というレシピなのに、子犬やシニア犬は避けた方がいい「ボツリヌス菌」が含まれているハチミツの使用とか、ハチミツがなければケーキシロップ?人間用のケーキシロップに入っている甘味は自然のものでなはなく、化学合成物質が含まれているものあるし、「本物」のメープルシロップならまだしも、ものすごく高額なもの。犬は確かに甘いものを好む傾向がありますが、食事が摂れないシニア犬にはともかく、そこまでして甘味をつける工夫が必要かどうか、とても疑問に思いました。どちらにせよ、当方の愛犬は小麦、片栗粉(このレシピの場合、ジャガイモの片栗粉ですよね?)にアレルギーがあるので、このレシピ通りにクッキーを作ることはありませんが、どうしても気になるのでコメントさせて頂きました。コメントされているmomo さんのレシピを押したい(笑)
  • 投稿者

    40代 女性 hiro

    うちでは犬用のクッキーを作る時には、小麦粉ではなく米粉やきな粉を使っています。小麦は犬にとっては消化が悪く、またアレルギーの原因にもなりやすいため控えています。うちの犬の場合は涙やけが気になるので、小麦粉は積極的には与えません。ペットミルクについておすすめしたいものがあります。うちの犬はミルクが大好きなのでたまにごほうびに与えていますが、小型犬で、ほんの少ししか与えませんので、市販のペットミルク1パックでも多すぎます。そこで見つけたのが、ちょっと大きめのスーパーになら売っているアカディという牛乳です。犬が一般の牛乳を飲むとお腹を壊してしまうのは、乳糖が分解出来ないからだと言われていますが、これは人間にも同じことが言えるそうです。乳糖分解酵素をあまり持っていない体質の人は、牛乳を飲むとお腹を壊してしまいます。そんな方に向けた商品で、乳糖を分解してある牛乳です。これなら余っても人間がおいしくいただけますので一石二鳥です。
  • 投稿者

    30代 女性 38moto

    はちみつはちょっと心配ですね。生ものなので、子犬や老犬は特に注意した方がいいと思います。甘味が必要なら、オリゴ糖に置き換えた方が整腸作用もあってお腹にもいいですよ。
    ごまを入れるのはいいアイデアですね。ご飯にふりかけるくらいしか使っていなかったのですが、焼いて温めることで風味も立ちそうです。

    うちでは小麦粉、スキムミルク、オリゴ糖、サツマイモ、おからをメインに手作りおやつを作ることがあります。しっかり火を入れることと、甘いものの量を注意して作っています。特にアレルギーはないのでこれで問題はないです。

    手作りにすることで添加物などの心配はないですが、長期保存には向かないので作ったら早めに消費した方がいいと思います。
  • 投稿者

    女性 ポメ

    手作りクッキーかわいいですね。手作りだと愛犬の好みやとってもらいたい栄養素の食材もまぜられるのでとてもいいですね。私はまだ手作りクッキーを作ったことはありませんが、コメントにあるほかの方のアイデアもとても素敵ですね。小麦粉ではなく米粉やサツマイモなどの代用でぜひチャレンジしてみたいです。私はあまりまめなほうではないのですが、、自宅でふかしたサツマイモを少しあげたりしています。お塩や砂糖を使わなくても自然の甘みとおいしさがありますし、人間のおやつとも兼用できてとても便利です。さつまいものいいにおいにはうちのわんこの鼻はとても敏感ですぐにおやつの時間だと気づきます。あげすぎには要注意ですが、ふかし芋も簡単ですよ~
  • 投稿者

    40代 女性 SUSU

    市販の犬用クッキーは添加物が多く、また、愛犬も食べようとしないものが多いため、我が家でもクッキーは手作りをしています。そのため、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。
    みなさんのコメントを読んでいると、はちみつや小麦粉を心配されている方が多いようですね。確かに心配な面もある食材ではありますが、もし使えない材料の場合には、それぞれの愛犬の体質に合わせて代用品を探していくといいのかなと思います。アレルギーもなく健康にも問題のない成犬のワンコであれば、毎日一定量を食べるフードではないので、あまり心配する必要もないのかなと個人的には思っています。

    我が家では、たまにレバークッキーを作っています。レバーを茹でて火を通します。そこに米粉やハトムギ粉、玄米粉などお好みの粉とオリーブオイルやグレープシードオイルを加えてよく混ぜて生地を作ります。甘味を出すのであれば、かぼちゃやさつまいもを茹でたものを潰して加えます。干し椎茸の戻し汁を加えることもお薦めです。
    あとは記事に書かれている行程と同じです。生地を寝かせた後、棒で薄く延ばして型を取ってオーブンで焼きます。私は100均で売られているシリコン素材の型を使用しています。ステンレス素材のものも使用したことがありますが、上下が分かりづらく、また、何度も型を取っていると手が痛くなってくるため、シリコン製がお薦めです。
    なお、型は取らずに薄く延ばした生地を包丁で食べやすい大きさの長方形にカットすることでも問題ありません。
    ワンコにとってはどんな形の型であっても関係ありません。完全に飼い主の自己満足なのですが(笑)この作業はとても楽しくて、個人的にはとても気に入っています。
    レバーは茹でてあるため、火の通りの心配はありません。200℃に温めたオーブンでお好みの硬さになるまで焼くと出来上がりです。オーブンにもよりますが、目安は20分前後といったところです。
    レバークッキーのデメリットとしてはカロリーが少々高めであるということです。小型犬のワンコであれば、量に気を付ける必要があります。また、保存料が入っていないため、冷蔵庫で10日程で使いきる量を目安に作られることをお薦めします。レバーの良い香りがして食いつきは抜群です。トッピングとしても代用できます。

    なお、記事に書かれているペット用の牛乳についてですが、常温保存出来る物もありその成分には多少不安を感じるものもあります。酸化防止剤として発がん性の高い亜硫酸塩が添加されている商品もあります。ペット用ミルクを使うのであればその成分をチェックした方が良いのかなと思いました。粉状のヤギミルク、又は無調整豆乳などで代用されることも一案だと思います。
  • 投稿者

    女性 クラウン

    記事を読んで早速作ろうと思いました!
    ワンコの味覚は甘味を一番に感じ、一番に好む性質を持っています。
    なので、人間が食べようとするパンやお菓子をほしがるのは甘いのが大好きだから。
    とはいえ、確かに人間のお菓子をちょっと与えていたことに反省・・・(笑)
    はちみつ大丈夫なんですね!
    とはいえ、確かに熱をしっかり加えないといけないこと、幼犬や老犬は避けた方が良さそうですね。砂糖やココナッツミルクなどがダメなわんちゃんはぜひサツマイモやかぼちゃを入れてみて下さい!サツマイモは他のお野菜よりも匂いも甘いので絶対に食い付きがいいと思います。黒ごまやワンコ用のふりかけもイイアイデアですね!!!このレシピを参考に色々なパターンで作ってみたいと思います。
  • 投稿者

    女性 vivi

    いつも売っている犬用クッキーなどを購入していましたが、ある時犬友達からクッキーの
    作り方を聞いて、なるべく家ではクッキーを作ってあげています。とにかく、人間のクッ
    キーよりも簡単にできます!それでヘルシーなので最高です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。