鯉を使ったドッグフード!?アメリカのドッグフードメーカーの試み

鯉を使ったドッグフード!?アメリカのドッグフードメーカーの試み

お気に入りに追加

アメリカのシカゴにあるペットフードメーカーが魚の鯉を原材料に使ったドッグフードや犬用トリーツを販売しています。そのユニークな背景をご紹介します。

1515view

鯉を使ったドッグフード

泳ぐ鯉を覗き込む犬

『ベア・イット・オール』という、アメリカのシカゴを拠点とする小規模なペットフードメーカーがあります。その小規模なメーカーが、大手ペットフードメーカーの主催する、ペットのための発明を競うイベント「ペットケア・イノベーション賞」で、2018年のグランプリを受賞しました。

ノミネートされた面々は、バイオ技術を使ったペット用サプリメントや、ペットの健康管理アプリなど、いずれも強豪たちです。

それらのライバルを抑えてグランプリに輝いた『ベア・イット・オール』が出品したのが、「鯉を原材料にしたドッグフード」でした。

確かに鯉が原材料のドッグフードというのは珍しいけれど、何がグランプリを獲るほどのイノベーションだったのでしょうか?

アメリカで生態系を脅かす「アジアン・カープ」

野生の鯉

鯉というと、日本では淡水に住む害の無い魚という印象ですが、アメリカでの野生の鯉は、日本におけるブラックバスやブルーギルのように、元々の生態系を脅かす迷惑な外来魚という位置づけです。

河川や湖の増え過ぎた藻や、虫を駆除するための対策として輸入され、放流されたアジアン・カープ=鯉たちは、その強い繁殖力と旺盛な食欲で、先住の他の生物を押しのける形になってしまい、ミシシッピ川や五大湖周辺で、大きな問題になっています。

人間の食用に捕獲しようという試みもあったそうですが、鯉はアメリカ人の口に合わず、ほとんど消費されることはありませんでした。

そこに目をつけたのが、ベア・イット・オールの創設者コーディーさんと、ハニーカットさんでした。

「鯉をタンパク源にしたドッグフードを製造しよう!」

鯉はペットフードの原料として理想的な魚

魚の形に置かれたフード

そんなふうに、数が増え過ぎてアメリカの河川や湖を占領している鯉ですから、ドッグフードの原材料に使いたいというアイデアは地元から歓迎されました。

最初にフードを試食するモニターになったのは、コーディーさんとハニーカットさんの愛犬たちでした。友人の愛犬たちもモニターに加わり、評判は上々でした。

鯉はドッグフードのタンパク源としてとても優秀で、理想的なのだそうです。低脂肪高タンパクで、必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸が豊富で、しかも海洋魚と違って水銀を含む心配がありません。さらに、栄養的によく似ているサーモンなどに比べると、ずっと低コストです。そして何と言っても、増え過ぎた鯉を有効に利用することができると、メリットだらけですね。

ベア・イット・オールではドッグフードの他に、鯉の魚肉をフリーズドライ加工した犬用トリーツも販売しています。また、今年度中にはキャットフードの製造販売もスタートする予定だそうです。

まとめ

バケツの中の魚とジャックラッセル

アメリカのシカゴで、外来魚として迷惑な存在になっている鯉を原材料にして、ドッグフードを製造販売しているベア・イット・オールというメーカーのお話をご紹介しました。

川や湖の生態系を脅かす問題の解決につながり、栄養価が高く、犬の体にも優しいという理想的な原材料ですね。これは考えてみれば、日本でのブラックバスやブルーギルにも応用できそうな方法です。日本流にアレンジした方法で、犬の体にも飼い主のお財布にも優しい高品質なフードが製造されればいいのになあと思います。

ペットフードメーカーの方、このアイデアいかがですか?

《参考》
https://www.bareitallpetfoods.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。