犬の耳垢の役割とは?溜まりやすい犬種から注意すべき症状まで

犬の耳垢の役割とは?溜まりやすい犬種から注意すべき症状まで【獣医師監修】

お気に入りに追加

犬の耳垢、身近なようでいて意外と知らないことが多いものです。デリケートな部分なので知っておきたいこと、気をつけたいことなどをご紹介します。

3633view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の耳垢には役割がある!

耳掃除をしてもらうダックスフンド

犬の耳垢、きれいなものではないし、健康で清潔に保つために、いつもスッキリと掃除しておいた方が良いというイメージを持っている方も多いと思います。けれど耳垢には、れっきとした役割があるんです!

耳垢は耳の中にある腺から分泌され、入ってきた汚れや耳の中の古い剥がれた皮膚細胞、微生物、花粉などを包み込む機能を持っています。不要なものを包み込んだ耳垢は、本来は自然と押し出されてくるので、耳垢は生き物が本来持っている耳のクリーニング機能でもあります。

ですから、犬が健康で感染症の兆候などが見られない場合は、耳の見えるところまで出てきた汚れを、耳用ウェットティッシュや綿棒などで、そっと拭き取るだけで十分です。耳の奥に綿棒などを入れて掃除することは、耳の中を傷つけたり、耳垢を奥まで押し込んでしまったりすることにつながるので、避けましょう。

また、感染症などがないのに殺菌作用のある洗浄液を使うことも、耳の中のpHバランスを崩してしまうので、かえって感染症に罹りやすい状態になるので気をつけてください。

どんな状態なら耳垢が多すぎ?

獣医師に耳を診察されるビーグル犬

では、犬の耳がどんな状態なら、耳垢が正常な量ではないと言えるのでしょうか?

通常は、月に一度くらい目に見えるところを拭く程度できれいに保てるのですが、拭いてもすぐに汚れるなど、「おかしいかな?」と思ったら、早めに病院で診察を受けることが一番です。

また、アレルギーで外耳道が腫れている場合、耳垢の分泌量そのものは正常でも、自然と外に押し出すことができないため、耳垢が溜まりがちになります。足指などにアレルギーの症状が出ているときには、病院で耳のチェックもしてもらいましょう。

海やプールで水泳をした後には、一時的に耳垢が増える場合があります。水が入ることで、溜まっていたものが流れてくるためですが、慢性的に耳垢が増えた感じがするときには病院で受診しましょう。

耳垢の溜まりやすい犬種

飼い主に耳掃除をしてもらうイングリッシュブルドッグ

病気や異常ではないのですが、その身体的な特徴から耳垢が溜まりやすい犬種があります。

例えば、バセットハウンドは耳道がたいへん長いため、耳垢が溜まりやすい傾向があります。またイングリッシュブルドッグは、耳以外の部位のしわや皮膚のひだが、耳道の形にも影響を与えて、耳垢が溜まりやすくなります。また耳の感染症も起こしやすい傾向があります。

プードルやシーズーなど、耳の中にも毛が多く生える犬種は、耳垢と毛が絡み合うため、耳が塞がりやすくなります。それを防ぐために、耳の中の毛を抜く処理をしますが、毛を抜くか切るかは近年賛否両論で、結論が出ていない状態です。獣医師やトリマーとよく相談して、愛犬に最適な方法を見つけてください。

身体の形状から来る理由ではないのですが、コッカースパニエルは耳の中の腺からの分泌が過剰になる遺伝的な問題があり、耳垢が過剰になる個体が多い犬種です。

アレルギーなどによるものでも、犬種の特徴から来るものでも、耳垢が溜まりすぎた状態を放置すると痛みを伴う感染症や、聴力の低下につながります。愛犬が耳垢のリスクが高いタイプだと思ったら、かかりつけの獣医さんと相談して、定期的な耳掃除を検討してみましょう。

耳垢と間違いやすい症状

感染症に罹った犬の耳

上の画像は酵母様真菌類(マラセチア)の感染症に罹った犬の耳です。ある種の感染症では、このように黒い汚れが出て、耳垢と勘違いしてしまうことがあります。ミミヒゼンダニ感染や、マラセチア感染ではこのように黒い耳垢がたくさん出ることもあります。

このような状態は、感染症の種類などを特定するために早急に獣医師の診察を受ける必要があります。耳の感染症は繰り返し罹る場合が多く、免疫力が落ちたときに再発しやすくなるので、普段から健康管理と念入りな観察が大切です。

まとめ

犬の耳を診察中の獣医師

犬の耳垢について、知っておきたいポイントをご紹介しました。

  • 耳垢は自浄作用の一つなので、健康な犬なら基本的には外に出てきた汚れを拭く程度でOK
  • 自然な量としては多すぎるのでは?と思ったら、早めに受診
  • 耳垢が溜まりやすい犬種は特に注意。場合によっては病院で定期チェックを
  • 異常に多い耳垢や臭いの強い耳垢は、耳への感染症がこじれている可能性があるので、極端な汚れは病院で受診

夏の暑さで体力が落ちたり、水遊びの機会が増えたりで、夏は耳のトラブルも増えやすい時期です。
愛犬の耳をしっかりと観察して、トラブルを回避してあげたいですね。

《参考》
https://www.petmd.com/dog/care/what-normal-earwax-pets

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。