犬のあくびが多い!主な原因や考えられる病気まで

【獣医師監修】犬のあくびが多い!主な原因や考えられる病気まで

犬のあくびが多いとき理由があるのをご存知でしょうか。単純に眠いときや疲れているとき以外で犬があくびを多くするときは、体調不良を起こしていて病気のこともあります。犬の様子は、頻繁に確認し、早めに気づいてあげることが大切です。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のあくびが多い主な原因6つ

あくびをする犬

犬があくびをする理由はいくつかあります。

1.眠いとき

まず犬があくびをする一つ目は犬が眠いとき、これは人間と同じですね。犬も同様に眠いとき、脳に酸素を取り込みながら血行をよくするために犬はあくびをするのです。なのでいっぱい遊んだ後や、ご飯を食べ終わった後など、眠いときにはあくびが見られます。

2.相手が興奮している感情を収めたいと思っているとき

犬があくびをする二つ目は、あくびをすることで相手が興奮している感情を収めたいと思っているときにします。飼い主さんに叱られたときや飼い主さんが怒っているとき、イライラしている様子が犬に伝わっているときあくびをします。

3.緊張しているとき

犬があくびをする三つ目は緊張しているときです。犬自身が緊張を和らげようとするときにあくびをします。初めての場所に行ったときや初めての人に抱っこされたときなど、何らかのストレスや緊張している場面で、犬自身や相手の気持ちに対して緊張を和らげるためにします。

4.つられてあくびをしてしまうとき

犬があくびをする四つ目はつられてあくびをしてしまうです。人間も誰かがあくびをしているのを見ると、つられてあくびをしてしまうことがありますよね。これと同様で飼い主さんがあくびをすると、犬もつられてあくびをすることが最近の研究でわかりました。

5.犬同士で喧嘩をしたくないとき

犬があくびをする五つ目は、犬同士で喧嘩をしたくないときです。知らない犬と出会ったときに犬があくびをしたときは「争うつもりはないよ」と伝えています。出会った犬とご自身の犬のどちらかがあくびをしたら、もうそれ以上関わらない方がお互いに良いのでその場を離れましょう。

6.病気のとき

犬があくびを多くする六つ目は病気が考えられます。「犬のあくびの回数が多いな」と感じるときには何か体調不良が原因かもしれません。犬はしゃべることができないので、様子を伺い、早めに動物病院へつれて行き、獣医師さんに診てもらいましょう。

上記の六つの中で、疲れている、眠いときでないのに出てしまうあくびのことを「生あくび」と言います。生あくびは、人間で言うと冷や汗が出ていることと同じです。犬のあくびが、何らかの病気のサインであることもありますので、見逃さないようにしましょう。

犬のあくびが多いことで考えられる病気

伏せる犬

貧血症

犬のあくびが多いことで考えられる病気に貧血症があり、犬に貧血が起こっているときの主な症状は、元気消失、運動を嫌がる、舌や粘膜が白っぽい、 おしっこが赤くなる、呼吸が早くなるなどです。これらの症状にプラスして頻繁にあくびを多くしているときは注意が必要になります。

寄生虫

犬のあくびが多いことで考えられる病気に、犬が寄生虫に感染することで上記に紹介した「貧血症」を引き起こすことがあります。主にマダニやノミなどが原因です。犬の体の皮膚に寄生して血を吸って感染させます。特にマダニから感染する「バベシア」は黄疸や貧血を起こし命にかかわります。 素人には取るのが難しいので、動物病院へつれて行き適切に処置をしてもらいましょう。

低血糖

犬のあくびが多いことで考えられる病気の低血糖状態とは、犬の血液中の糖分が少なくなり、脳の働きが低下している状態を言います。

特に超小型犬や子犬時期に起こりやすく、寝てばかりいるときやフラフラしているときにあくびが多い、などの症状が見られたときは要注意です。

うつ病

犬のあくびが多いことで考えられる病気に、人間と同じように強いストレスを長期間感じると、犬もうつ病にかかることがあります。

犬のお留守番が長時間で毎日続く、コミュニケーション不足、お散歩に連れて行かない、飼い主さんがいつも怒っていてイライラしているなど、犬に強いストレスがかかる状態で過ごしているとうつ病を発症してしまいます。

犬のうつ病の症状も人間と同じで、食欲がなくなり、狭いところに閉じこもって反応が悪くなったり、犬自身が自分の手や足などを噛んだりする自傷行為をすることもあります。

その初期症状として犬のあくびが多いときがありますので、上記の症状に当てはまる場合には犬ときちんと向き合い、ストレスを溜めにくくする工夫をしましょう。

まとめ

部屋の中の犬

今回は犬のあくびが多いことについてご紹介いたしました。犬も人間と同様にあくびをするときは理由があります。犬のあくびが多いことで病気のサインであることもありますので、犬のあくびが多く繰り返す場合には、必ず早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。