犬が何度も吐き続ける!代表的な原因からやりたい対処法まで

【獣医師監修】犬が何度も吐き続ける!代表的な原因からやりたい対処法まで

お気に入りに追加

犬が何度も吐き続ける原因について、日頃から注意することで防ぐことができるもの、ワクチンの接種で防ぐことができるもの、それぞれ2つずつご紹介しています。

5800view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

繰り返す嘔吐の原因 その①「異物を飲み込んでしまった!」

具合の悪い犬

おもちゃの破片を飲み込んでしまったとき、飼い主さんの小物を飲み込んでしまったときなど、食べ物ではない物を飲み込んでしまったことが原因です。

異物の大きさによっては、食道や胃や腸に詰まってしまったり、傷つけてしまったり、穴が開いてしまうケースもあります。

異物を吐き出そうとして、胃の中にある食べ物を嘔吐したり、胃液や血液が混ざった消化物を嘔吐したりすることがあります。異物が詰まってしまった場所によっては、呼吸困難を引き起こしてしまう可能性も考えられます。

対処法

口の中や喉など、異物が目で見てわかる場所にある場合には口を開けて異物を取り除きますが、飼い主さんが行うことは難しいでしょう。すぐに病院へ連れて行ってあげてください。

飲み込んでしまったものが小さく、粘膜を傷つけるものではない場合、薬品を用いて吐き出させる処置が行われます。また、自然に排出されることを待つ場合もあります。

どちらも難しい場合には内視鏡を用いた手術や開腹手術が必要になる場合もあります。

繰り返す嘔吐の原因 その②「中毒症状を引き起こしてしまった!」

白い犬とタマネギ・チョコレート・ブドウなど

タマネギ中毒やチョコレート中毒は有名な例ですが、除草剤が付着した草を食べてしまったとき、害虫駆除のための殺虫剤を誤飲してしまったとき、人間の薬や化粧品や洗剤など、身近にあるものを誤飲してしまったことが原因です。

中毒症状を引き起こしている場合、嘔吐・下痢・血尿・発熱・ヨダレを垂らすなど多くの症状があらわれます。呼吸困難・痙攣・昏睡状態など命の危険を伴う可能性もあります。

対処法

中毒症状を引き起こすものを誤飲してしまったときはすぐに病院へ行きましょう。

飼い主さんが気づかない間に誤飲してしまっていることもありますので、症状が出たらすぐに病院へ行けるよう、夜間にも診てもらえる病院を探しておきましょう。

胃の洗浄・吸着剤の投与・下剤の投与・輸液などの治療法が用いられます。何が原因で中毒症状を引き起こしたのかによって治療法が異なります。

繰り返す嘔吐の原因 その③「犬パルボウイルス感染症」

点滴を受ける子犬

イヌパルボウイルスが原因で引き起こされる感染症です。子犬の場合、発症してから1日~2日ほどで死亡するケースがほとんどです。成犬の場合、25%ほどが死亡するとされています。

イヌパルボウイルスに感染している犬の便や嘔吐物などが口から入り、ウイルスに感染することで腸に炎症が起きます。感染してから2日~5日ほどで激しい嘔吐が起こり、食欲がなく、血の混じった下痢が起こります。

対処法

お散歩中、他の犬の便や嘔吐物が落ちていることがありますが、決して愛犬を近づけないようにしましょう。激しい嘔吐が起きたらすぐに病院へ行きましょう。

嘔吐による脱水症状を防ぐ処置が行われ、輸液・栄養補給・保温・整腸剤・抗生物質などによる治療が行われます。

感染が疑われる場合、多頭飼いしている場合は感染した犬を隔離しましょう。伝染力が強く、接触した犬や同じ家に住む犬全てに感染するとされています。犬パルボウイルス感染症はワクチンの接種で予防することができます。

繰り返す嘔吐の原因 その④「コロナウイルス性腸炎」

ワクチンの接種を受けるラブラドールレトリーバーの子犬

イヌコロナウイルスが原因で引き起こされる感染症です。ほとんどの場合、突然の嘔吐と下痢の症状が起こります。

下痢は強い悪臭を放ち、オレンジ色っぽいという特徴のある下痢をします。嘔吐と下痢が同時に繰り返されるため、急速な脱水症状がみられます。子犬の場合は死亡率が高く、脱水によって死亡するケースもあります。

対処法

輸液・栄養補給・保温・整腸剤・抗生物質などによる治療が行われ、脱水症状がみられる場合には輸液が行われます。感染が疑われる場合、多頭飼いしている場合は感染した犬を隔離しましょう。

伝染力が強く、接触した犬や同じ家に住む犬全てに感染するとされています。コロナウイルス性腸炎はワクチンの接種で予防することができます。

まとめ

青いシートに横たわる具合の悪そうな犬

愛犬が嘔吐してしまったときは、「いつ」「どんな状況で」「何を」「どのくらい」「何回嘔吐したのか」という情報をしっかり把握し、病院では獣医さんに細かく伝えましょう。

嘔吐物を袋に入れて持って行っても良いですし、嘔吐物を写真や動画に撮って見せても良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。