犬のペットカートの選び方と使うメリット!おすすめの商品まで

犬のペットカートの選び方と使うメリット!おすすめの商品まで

お気に入りに追加

最近、わんちゃんをペットカートに乗せてお散歩したり、ショッピングを楽しんだりする飼い主さんが増えています。そこで今回は、犬のペットカートの選び方と使うメリットをご紹介します!併せて、おすすめの商品もいくつかご紹介します。

9477view

愛犬に「ペットカート」はいかがですが?

カートに乗る2匹の犬

最近、わんちゃんを「ペットカート」に乗せている飼い主さんを多く見かけます。実は、このペットカートにはメリットがたくさんあるのです!

今回は、犬のペットカートの選び方と使うメリット、併せておすすめの商品まで一挙ご紹介します!

ペットカートの選び方

カートに乗る犬

犬のペットカートが欲しいと思っても、何を基準にして選ぶべきなのかいまいちよく分からない…と悩む飼い主さんは少なくないはずです。ペットカートは決して安いお買い物ではないため、選んでいるうちに購入を考え直したという経験もあるかもしれません。

そんな飼い主さんのために、ペットカートの選び方を詳しくご説明します!

1.安全性を確認する

ペットカートに慣れないうちは、犬が怖がって飛び出してしまう可能性があります。そんなときに、リードを引っ掛けておく”飛び出し防止フック”があると便利です。

大型犬を乗せる場合は、タイヤの強度も確認しましょう。このとき、タイヤのクッション性も併せて見ておくことをおすすめします。クッション性があることで、あまりガタガタと振動することなくスムーズに動いてくれるでしょう。タイヤにはストッパーが付いているものを選ぶことで、思わぬ事故を防ぐことができます。

ブレーキ付きのペットカートもあるため、ペットカート=危険なのでは?という考えは捨ててよさそうですね。

安全性を確認するポイントのおさらい

  • リードを引っ掛ける飛び出し防止フックが付いているか
  • タイヤの強度はどうか
  • タイヤにストッパーが付いているか
  • ブレーキが付いているか
  • 車輪にクッション性があるか

2.重さや大きさを確認する

いくら安全性の高いペットカートでも、飼い主さんの手に負えない重さや大きさのものは選ぶべきではありません。

持ち上げられるか、マンションの通路を通ることができるか、エレベーターにおさまるかなど、あらかじめ確認しておきましょう。

3.通気性があるか

ペットカートに乗った犬を見たことがない方は、中を覗きこんで、ときには触ろうとする可能性があります。そうしたときに思わぬ事故を防ぐため、キャリー部分はしっかり閉まるようになっているペットカートがほとんどです。

キャリー部分を閉めたとき、カート内に温度や湿度がこもってしまうものはいけません。暑さに弱い犬は、それだけで熱中症にかかってしまう恐れがあります。

おすすめなのは、キャリー部分にメッシュ素材を使用したペットカートです。通気性に優れたものを選ぶことで、少しでも快適に過ごしてもらいましょう。

4.無理のない価格か

ペットカートは、安全性や使い勝手の良さにこだわるとそれなりのお値段になります。だからといって、妥協して安い商品を選ぶと、すぐに買い替えなければいけないことになる場合も…。

無理のない価格で、納得いくペットカートを選ぶには、それなりの時間がかかりそうです。

ペットカートを使うメリット

カートに乗るヨーキー

ペットカートの選び方をご説明しましたが「そもそもなぜペットカートが必要なの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。その疑問にお答えするべく、ペットカートを使うメリットについて見ていきたいと思います。

犬の怪我を防ぐことができる

街中やショッピングモールなど、人が集まる場所へ出掛けるときは、小さな犬の足が踏まれないかヒヤヒヤしますよね。そんなときにペットカートがあれば、犬の怪我を防ぐことができます。

さらに、炎天下のアスファルトを歩かなければならないときにも、ペットカートが犬の足や肉球を守ってくれるのです。

シニア犬や持病のある犬のために

ペットカートに犬を乗せる理由で1番多いのが、愛犬の高齢化でしょう。シニア犬になると、いくらお散歩が大好きでも、歩ける距離は限られてきます。ペットカートがあれば、シニア犬にも外の景色を思う存分見せてあげることができるのです。

その他、持病があったり、足が悪かったりするわんちゃんも、ペットカートでお散歩を楽しむことができます。

ドッグカフェで椅子代わりに

ドッグカフェで、椅子代わりにペットカートを利用している飼い主さんもいます。そうすることで、粗相の心配をすることなく、落ち着いて過ごせるでしょう。

移動が楽チン♪

ペットカートなら、抱っこできない大型犬も軽々運ぶことができます。大型犬と暮らしている友人のマンションでは、エレベーターに乗る際抱っこかペットカートに乗せることが義務付けられているため、かなり重宝していると言っていました。

犬にとっても、苦しい姿勢で抱っこされているより、カートに乗ってゆらゆら揺れている方が楽なのではないでしょうか^^

ペットカートのおすすめ商品3選!

買い物を楽しむ犬

それでは、ペットカートのおすすめ商品をご紹介します。実際に販売されている商品を集めたので、気になるものがあれば詳細をチェックしてみてくださいね!

G-pet ペットカート 折りたたみ 4輪バギー

G-pet ペットカート
4,980円(税込)

商品情報
・メッシュ窓で前後と上から愛犬の様子が分かる
・折りたたみ式
・カート下に収納カゴ付

こちらの商品は、小型犬用のペットカートです。前後と上に小窓があるため、カートを押しながらも愛犬の様子を見ることができます。
カートの下には収納カゴがあるため、お散歩グッズを入れることができるのが嬉しい♪

レビューも「買ってよかった」「大満足」「しっかりした作りです」など高評価です!

ジェックス わんわんカート 多頭用DX

ジェックス わんわんカート 多頭用DX ブラック
24,916円(税込)

商品情報
・最大4頭(6kg以下の小型犬の場合)対応可能
・収納バスケットと背面ポケット付き
・折りたたみ可能

次にご紹介するのは、多頭用のペットカートです。6kg以下の小型犬なら4頭乗せることができるため、皆でそろってお出掛けすることができます。

かなりゆとりがあるため、わんちゃん1頭で広々使用している飼い主さんが多いようです。

ボンビアルコン ペットバギーデカ

ボンビアルコン ペットバギーデカ
28,100円(税込)

商品情報
・スロープ付で乗り降りが楽
・底マットにペットシーツの取り付けが可能
・折りたたみが簡単

このペットカートは、重心が低いため30kgまで対応しています。ハンドブレーキが付いているため、何より安全性を重視される飼い主さんにおすすめです。

乗り心地が良すぎて、歩かなくなってしまうわんちゃんもいるのだとか…^^;

まとめ

カートに乗るフレブル

犬のペットカートの選び方と使うメリット、おすすめの商品をたっぷりご紹介しました。いかがでしたか?

わんちゃんに少しでも快適に過ごしてもらうために、ペットカートの利用を検討してみてもよいかもしれませんね。特に、人ごみやドッグカフェなどに出掛ける機会の多いわんちゃんなら、持っていて損のないアイテムではないかと思います。

ペットカートのあまりの乗り心地のよさに、歩くのを嫌がるわんちゃんが増えたらどうしましょう…^^;

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。