犬は牛乳を飲んでも大丈夫?乳製品の種類や与え方に関する注意点

犬は牛乳を飲んでも大丈夫?乳製品の種類や与え方に関する注意点

愛犬が牛乳大好き!飲んでも大丈夫?手軽に飲める牛乳にはたくさんのカルシウムと栄養があり、健康に多くのメリットや効果があることは知られています。しかし、犬は牛乳を飲んでも大丈夫なのか、体に影響はないのか心配ですね。今回はそんな疑問と、犬が食べても良い乳製品の種類や正しい与え方を詳しくご紹介します。

犬に牛乳を与えすぎるとダメな理由

犬に牛乳を与えすぎるとダメな理由

犬に人間が飲むように牛乳を飲ませ過ぎてはいけません。

アニメなどにもよく出てくるシーンで、犬にお皿にたっぷりと牛乳を与えるシーンがありますよね。あのように、犬に大量の牛乳を飲ませてしまうと体調不良を起こし、健康被害が出るおそれがあります。

犬に牛乳を与えても良い量はほんのわずかです。

では、どんなことで体調不良が起きるのか、犬に与えても良い適量とはどのくらいでしょうか?

犬に分解できない乳糖

人間が飲む市販の牛乳には乳糖(ラクトース)という成分が多く含まれています。

この乳糖を分解できる成分ラクターゼという消化酵素が犬には少ないため、大量の牛乳を飲むと乳糖を分解できず消化不良をおこして下痢する可能性があります。

人間でもラクターゼが少ない人が牛乳を飲むとお腹を壊しやすいです。体内に取り込んだ乳糖を消化するのが難しい体質のことを、乳糖不耐症といいます。

尿結石の可能性も

牛乳には含まれるカルシウムが豊富にあり、骨や体を丈夫にするとても魅力的な健康食品です。

しかし、牛乳を犬に多量に飲ませてしまうと、他の食品に含まれるシュウ酸と結びつき、尿結石を起こす場合があります。犬の尿結石は悪化するととてもこわい病気です。

初期の段階では、目に見えないくらいの細かい結晶の粒が尿中に出てきます。この結晶が膀胱や尿道を傷付けて炎症を起こし、何度も尿意をもよおしたり、トイレじゃない場所でおしっこをしてしまったりします。

さらに悪化すると、尿道が詰まったり、溜まったおしっこで膀胱が破裂したりすることもあります。スキムミルク(脱脂粉乳)も乳糖が多く、カルシウム過多な商品なので尿結石を起こしやすく、おすすめしません。

牛乳アレルギーの危険性がある

牛乳を全く飲んだことがない犬は注意が必要です。牛乳に含まれるタンパク質成分がアレルギーを引き起こす危険があります。

どうしても、栄養価的にみて日常的に摂取させたいということであれば、成犬になってから突然与えるのではなく、子犬のうちから微量に慣れさせ、正しい量を与えることが大切です。

犬に牛乳は肥満の原因になる

牛乳の栄養成分にはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、カルシウム、ミネラルなど多くの栄養があります。

その中でも、脂質である脂肪分がカロリーが高く、毎日多くの牛乳の量を餌と一緒に摂取してしまうと、あっというまにカロリーオーバーになり、肥満の原因になります。

牛乳に限らず、人間のアイスやケーキ、お菓子にも牛乳が使用されているので与えすぎると危険です。どうしても日々の食事に牛乳を取り入れたい場合、正しい量で2倍に薄めて飲ませるとよいでしょう。

犬におすすめの牛乳の種類と与え方

人間が飲む牛乳ではなく、犬用の牛乳というものがあります。それにはどのような種類の牛乳があるのかをいくつかご紹介するとともに、牛乳の正しい量と与え方を詳しく説明いたします。

犬用ミルク

ワンラック ドッグメンテナンスミルク 280g

数十年前の昔と違って、昨今のペットブームもあり今では犬用のミルクが市販されています。

犬用ミルクにはパウダータイプとリキッドタイプがあり種類が豊富です。犬の成長期別に高たんぱく、高カロリーのものから、カロリーの少ない低脂肪ミルク、シニア犬用に消化吸収サポートのミルクなどもあります。

犬の体へ負担が少なく、乳糖をカットされたものや乳糖分解酵素が配合されたミルクもありますので、おなかの弱い犬にはそれらがおすすめです。

病気やケガで食欲がでない犬の栄養補給や、食欲も無く、水も飲んでくれないシニア犬の体力、免疫力向上に飲ませることで健康維持をサポートしてくれます。

ヤギミルク

ペッツルート 無添加 やぎミルク 50g

犬におすすめなミルクとして知られている「ヤギミルク」。ヤギミルクは犬の母乳に近い成分でできているため、下痢になりにくく、栄養価もとても高いのでおすすめです。

味もおいしいため、水分補給をしてくれない犬や食欲のない犬でも飲みやすいでしょう。

ヤギミルクにはビタミン、タンパク質はもちろん、なんと牛乳より20倍のタウリンが含まれています。タウリンといえば人間が飲む栄養ドリンクに多く含まれる成分で、健康維持にはおすすめのミルクです。

ヨーグルト、チーズ

ドギーマン 犬用おやつ ごほうびセレクト hello! ダイヤカットチーズ チーズ 240g

犬におすすめな食材でヨーグルトやチーズもあります。

どちらも乳製品ですが、ヨーグルトは発酵過程で乳糖が分解され、チーズも製造過程で乳糖がほぼ取り除かれます。ですから、乳糖が分解できない犬にも好都合の栄養食材です。

与える際の注意点としては、ヨーグルトは無糖の味が付いていないもの、チーズは犬用の塩分の少ないものを与えましょう。

豆乳

マルサン 有機豆乳無調整 1000ml×6本

豆乳は犬も飲めるのでおすすめです。大豆が原料になっているので乳糖も無く、タンパク質が豊富であり、血液がさらさらになる効果もあります。

初めて与える際は、アレルギーに注意して少量を薄めて与えることから始めましょう。

アカディ

雪印 メグミルク アカディ おなかにやさしく

人間用の牛乳ですが、乳糖不耐症の方のための、お腹がゴロゴロしにくい雪印メグミルクの「アカディ」というものがあります。

こちらの牛乳は乳糖を80%カットした製品です。全てカットされている訳ではないので、与える分量には注意が必要ですが、普通の牛乳を飲ませるよりおすすめです。

犬に与える牛乳の正しい量とは?

人間用の牛乳を飲ませる場合は、乳糖が多く含まれているため、その量はほんとうにわずかになります。以下を参考にしましょう。

〈1日に与えても良い牛乳の量〉

  • 犬の体重が5kg以下の場合:大さじ2/3杯
  • 犬の体重が10kg以下の場合:大さじ1杯
  • 犬の体重が20kg以下の場合:大さじ2杯まで

犬用の牛乳を与える場合、製品ごとに与えて良い適量が記載されていますので必ず守りましょう。

牛乳の与え方

人間用の牛乳も犬用でも、突然与えるとアレルギーが出る危険がありますので、子犬の時から少量を飲ませて慣らせることが理想的です。

飲ませる時は、必ずぬるま湯で2倍に薄めて、1日与えても良い分量よりも少なくしましょう。

犬が牛乳を大量に飲んでしまった時の対処法

犬が牛乳を大量に飲んでしまった時の対処法

犬が牛乳を大量に飲んでしまった場合、急なアレルギーや、その後の体調不良の心配があります。その場合どのように対処したらよいのでしょうか。

アレルギーが出た場合

牛乳に含まれるタンパク質でアレルギー反応が出ることがあります。

症状は発疹が急にできたり、嘔吐、下痢、ひどくなると脱毛したりする場合もあるので、体調の急激な変化が少しでも見られたら病院にすぐに行きましょう。

下痢をした場合

下痢をしたからといって、水分補給にさらに水を飲ませてはいけません。痛みが増すだけで下痢が悪化します。

下痢の症状しかなく、元気な場合少し様子を見て、何日も続く場合は病院へ行きましょう。下痢をするとお腹が痛くて震えたりします。愛犬の様子をしっかりと観察してください。

愛犬が誤って牛乳を飲んでしまったら、飼い主さんができることは限られています。大量に飲んでしまった場合は、すぐに吐かせる処置をすることも考えて病院に行きましょう。

まとめ

犬と牛乳にていて、さまざまな疑問にお答えしてきましたが、いかがでしたか?

基本的に犬に人間が飲むものと同じ牛乳を飲ませることはおすすめできませんが、犬用に安全に飲める牛乳がご紹介した中にもたくさんありましたね。

栄養豊富だからと乳糖の多い牛乳を毎日飲ませるのは、健康とは真逆の病気を呼び寄せてしまい、本末転倒です。愛犬の健康の為に飲ませるのであれば、犬用ミルクで正しい量と正しい与え方で安全に飲ませることをおすすめします。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい