犬に馬肉を与えても大丈夫?効果や注意点、おすすめの犬用馬肉とレシピ

犬に馬肉を与えても大丈夫?効果や注意点、おすすめの犬用馬肉とレシピ

馬肉は愛犬にも食べさせたくなる健康的な食べ物のひとつです。犬が食べることで得られる効果や与える前に知っておきたい馬肉のデメリット、犬におすすめの馬肉を使った商品や手作りごはんのレシピをご紹介します。

犬は馬肉を食べても大丈夫!生肉もOK!

犬は馬肉を食べても大丈夫

馬肉の赤身は高タンパクで低脂肪、低カロリーとお肉の中でも健康によい条件がそろっています。犬も馬肉を食べても大丈夫なので、体のために積極的に食べたい食材です。

人間用の馬刺しをカットしてできた端切れを使った犬用の馬肉製品が数多く販売されています。

ドライフードや缶詰の材料になっているだけでなく、手軽にあげられるジャーキーなどのおやつや手作りごはんの材料、ドッグフードのトッピングに使いやすい馬肉ミンチなどバリエーションも豊かです。

馬肉を乾燥させてふりかけにしたものも売られており、いつも食べているフードにかければ飽きずに美味しく食べることができます。

犬への馬肉の与え方は焼く、茹でるなどの加熱調理をしてからはもちろん、生のままで食べさせても大丈夫です。

生肉を食べると馬肉に含まれる酵素が壊れないまま摂取できるので、より健康への効果が高まります。食中毒や寄生虫への注意は必要ですが、愛犬が馬肉を好きならぜひ生肉も与えてみましょう。

犬が馬肉を食べることで期待できる効果

犬が馬肉を食べることで期待できる効果

馬肉は低カロリーなのに栄養価が高く、ぜひ愛犬の食事に取り入れたいお肉です。他の肉類にアレルギーを持っていて食べられない犬でも、馬肉はアレルギーを起こしづらいので食べられる可能性が高いです。

牛肉や豚肉、鶏肉よりも栄養面で優れているところもあるので、馬肉の栄養素の効果を知り活用してください。

筋肉を育て、皮膚と被毛の健康を維持する

馬肉はタンパク質が豊富です。それも必須アミノ酸がバランスよく含まれて構成された良質なタンパク質なので、馬肉を食べると筋肉を育てて元気な体作りができます。

タンパク質は皮膚や被毛を健康的に保つのにも欠かせません。また馬の皮下脂肪を用いて作られる馬油を配合した化粧品も人気が高く、犬の皮膚や被毛のケアにも使用できます。

食事で馬肉を食べ、スキンケアに馬油を使えば体の中と外から健康と美容効果が得られるでしょう。

血液の健康を守り、骨や歯を丈夫するのに効果的

馬肉には鉄分やカルシウムが豊富です。鉄分は牛肉の2倍、カルシウムは豚肉の3倍も含まれており、栄養素を効率的に摂取できます。

鉄分を十分に摂取することは貧血予防につながります。また馬肉の脂質は酸化しにくいため、血液をサラサラにしたり血管を丈夫にしたりするといった効果も期待できます。血液に関する悩みが馬肉によって一気に解決できそうです。

カルシウムは骨や歯を丈夫にするのに欠かせない栄養素です。子犬の頃にしっかり骨が形成されるのも大切ですし、骨が細く弱くなりやすい老犬は骨折防止のためにカルシウムの効果で骨を強く維持できるように気をつけたいです。

高齢になって歯がもろくなると、美味しくごはんを食べることも難しくなります。固いものもしっかり噛んで、歳をとっても美味しく食べるためには歯の健康も重要です。カルシウムの摂取を心がけましょう。

ダイエットに最適

馬肉は低カロリーで低脂肪なので、ダイエット中の犬にもおすすめです。馬肉でも部位によっては脂肪が多くなってしまうので、赤身を選んで与えるようにしましょう。

さらに馬肉に含まれる酵素には消化吸収や代謝をよくしてくれるという効果があります。酵素は加熱することで破壊されてしまうので、生肉を食べさせるほうがメリットあるといえます。

生食用の馬肉も販売されているので、ぜひダイエット中の愛犬にも与えてみましょう。

犬に馬肉を与えるデメリットと注意点

犬に馬肉を与えるデメリットと注意点

健康によい馬肉ですが、デメリットがないわけではありません。アレルギーの可能性もゼロとはいえませんし、タンパク質が豊富だからこそ持病によっては摂取に注意したい犬もいます。

栄養的には生肉をおすすめしましたが、与える時に注意したい点もあるので愛犬に馬肉を食べさせる前にしっかり確認してください。

馬肉アレルギーがないか確認する

アレルギーを起こしづらいといわれている馬肉ですが、犬が馬肉でアレルギー症状を引き起こす可能性はゼロではありません。

馬肉を食べ慣れないうちはアレルギーの可能性を考慮しましょう。慣れるまでは少量を食べさせて、食べた後の体調をチェックしてください。

嘔吐する、下痢をする、体をかゆがる、フケが出る、目や耳が赤くなるなどのアレルギー症状が出た場合は、それ以上馬肉を与えるのはやめましょう。

アレルギー症状が重いようなら早めに動物病院に相談してください。

豊富なタンパク質が腎臓病や肝臓病の犬には負担になる

良質なタンパク質が豊富なところは馬肉のメリットのひとつです。しかし持病がある犬にとっては、タンパク質が豊富なことがデメリットになってしまう場合があります。

腎不全や慢性腎臓病など腎臓に持病がある犬や、肝臓病の犬はタンパク質の摂取が負担になってしまうので、普段の食事のタンパク質の摂取量を制限しなくてはなりません。

また、タンパク質の過剰摂取は尿路結石を引き起こすリスクもあるので、毎日大量に食べ続けることは健康な犬にもおすすめできません。

生肉は食中毒と寄生虫に注意

生肉の酵素は健康によいので、ぜひ愛犬にも食べさせたいのですが、生肉には食中毒や寄生虫のリスクがあるので注意が必要です。

特に気をつけたいのは、サルコシスティス・フェアリーという寄生虫で、サルコシスティス・フェアリーが寄生した馬の肉を生で食べてしまうと下痢や嘔吐などの症状を引き起こします。

寄生虫は冷凍処理することで安全になります。マイナス20度で48時間以上冷凍すると寄生虫を死滅させることができるので、家庭の冷蔵庫でも冷凍処理が可能です。

ただし「生食用」と記載されていない馬肉は安全性が確実ではないので、必ず加熱調理して食べさせるようにしましょう。

生肉のほうが栄養素を効率的に摂取できますが、加熱した馬肉も十分に健康によい栄養素が残っています。安全を何よりも優先して食べ方を選んでください。

老犬に馬肉を与える際は少量からはじめる

馬肉は嗜好性が高いので、食欲が落ちてきた高齢の犬でも喜んで食べてくれる可能性が高いです。

しかし高タンパクなので消化に負担になりやすいという欠点もあります。はじめは少なめに食べさせて様子を見ましょう。下痢をするなど消化不良を起こすようなら、タンパク質がその子にとっては過剰だという可能性があります。

またはじめて馬肉を食べる時には生肉を与えるのはやめておきましょう。まずは、加熱したものを少量食べさせて体調に問題がないか様子を見てください。

加熱した馬肉を食べても大丈夫でも、生であげる時はごく少量を食べさせてみて様子を確認しましょう。

太らせたい犬には不向き

馬肉は低カロリーで低脂肪なのでダイエット中の犬には最適ですが、逆にあまり量が食べられずに痩せている犬には不向きです。

食欲が低下していても食べたくなる美味しさは馬肉の特徴ですが、たくさん食べても太らないのでもっと太って健康的になってほしいという場合は他の食材でカロリーを摂取する必要があります。

愛犬におすすめの犬用馬肉フード5選

犬用の馬肉を使った商品にはドッグフードやおやつ、生肉など様々な種類があります。人気が高いおすすめ商品をご紹介しますので、ぜひ愛犬に食べさせてみてください。

馬肉五膳

馬肉五膳 犬用おやつ レギュラー 200グラム

犬の健康ケアを目的に作られたおやつです。高品質の馬肉を使用した、やみつきになる美味しさのジャーキーとなっており、食欲が低下した犬や体調を崩しがちな犬にもおすすめです。

美味しく食べながら、健康な体や艶のあるきれいな被毛を目指せます。馬肉五膳はシニア犬用のものも販売されているので愛犬に合ったほうを選んであげましょう。

健康いぬ生活 2種類の馬肉アキレスジャーキー 食べ比べセット

健康いぬ生活 2種類の馬肉アキレスジャーキー

普通の馬肉アキレスジャーキーと、太めに作られたビッグサイズジャーキーの食べ比べができるセットです。ヘルシーで満足感が得られる人気商品で、美味しく噛みながらストレス発散ができます。

硬いので噛むことで歯を丈夫にできますが、喉に詰まらせるなどの危険もあるので与える時は注意して見守りましょう。

デビフ ドッグフード 馬肉ミンチ

デビフ ドッグフード 馬肉ミンチ 65グラム(まとめ買い)

デビフがこだわりを持って作り、素材そのままの味と品質が保証されたフードです。ミンチなので柔らかくて食べやすいですし、ドライフードのトッピングにしても喜ばれます。

最近フードの食いつきが悪いという犬にもおすすめなので、ぜひ食べさせてあげてください。

健康いぬ生活 馬肉自然づくり

健康いぬ生活 馬肉自然づくり ドッグフード 馬肉 無添加 国産 全犬種 ヒューマングレード ドライ

新鮮な馬肉を使用したドライフードで、国産で無添加なので安心です。食欲が落ちてきた高齢の犬や、いつものフードに飽きてきた犬でも美味しく食べてくれます。栄養満点で、毛並みや涙やけの改善効果もあります。

テヅカヤマハウンドカム 犬用生肉 馬肉小分けトレー

テヅカヤマハウンドカム 犬用 生肉 馬肉小分けトレー ドッグフード

犬用の生の馬肉です。小分けになっているので使いやすく、ドライフードのトッピングや手作りごはんの材料として活用できます。生肉は消化に優しく生きた栄養素をたっぷり摂取できるので、愛犬の健康維持に役立ちます。

もしも愛犬が生肉が苦手なようなら、馬肉に慣れるまで軽く焼いてあげてみましょう。少しずつレアにして生肉を食べるようにしていくのがおすすめです。

馬肉を使った犬用おすすめレシピ

馬肉を使った犬用おすすめレシピ

犬の手作りごはんの材料としても馬肉は活躍します。野菜などと一緒に料理して、美味しく食べられて健康的なごはんを作ってあげましょう。

手作りごはんの食材にアレルギーのあるものや、犬に有害なものを使わないように注意しましょう。

馬肉と野菜のスープ

〈材料〉

  • 馬肉ミンチ
  • 野菜(にんじん、キャベツ、じゃがいもなどお好みで)

〈手順〉

  1. 野菜は食べやすく小さめにカットして、柔らかくなるまでゆでましょう。
  2. 鍋に適量のお湯を沸かし、馬肉ミンチを入れて煮ます。
  3. アクを取ったら野菜も加えて5~10分ほど煮込んで完成です。

馬肉を食べ慣れていない犬には、加熱調理した馬肉から与えてみましょう。生肉が苦手な犬でも美味しく食べられます。スープにすれば野菜もたっぷり摂取できてヘルシーです。火傷しないように冷ましてから食べさせましょう。

このままスープとして食べても、ドライフードにスープをかけて食べてもいいのでドライフードの食いつきをよくしたい場合にもおすすめです。

馬肉のユッケ

〈材料〉

  • 馬肉(生食用のもの)
  • きゅうり
  • りんご
  • うずらの卵黄

〈手順〉

  1. 馬肉、きゅうり、りんごを細切りします。
  2. お皿に細切りしたきゅうりとりんごを敷き、その上に馬肉を盛りつけ馬肉の上にうずらの卵黄を乗せたら完成です。

切って盛り付けるだけなので簡単に作ることができ、生肉を食べることで愛犬が馬肉の栄養素をたっぷり摂取できます。生肉は消化吸収がよいので、お腹が丈夫でない犬にもおすすめです。

安全のために馬肉は「生食用」と記載されたものを使いましょう。卵黄はダイエット中で脂肪分が気になる場合は乗せなくても大丈夫です。乗せるなら新鮮な卵を選びましょう。

馬肉の生ハンバーグ

〈材料〉

  • 馬肉ミンチ(生食用)
  • じゃがいも

〈手順〉

  1. じゃがいもはゆでて潰します。
  2. 馬肉とじゃがいもを混ぜてよくこね、丸く形を整えたら完成です。

生の馬肉の栄養素を摂取できるハンバーグです。安全のために生食用の馬肉を使いましょう。馬肉はミンチを使用するので噛むのが苦手な犬でも食べやすいです。

生肉を好まない犬には、ハンバーグを焼いてから食べさせてあげてください。じゃがいもの代わりにさつまいも入れて作るのもおすすめです。愛犬の好みに合わせて作ってください。

まとめ

馬肉は高タンパク、低脂肪、低カロリーと体によい要素が詰まったお肉です。健康のために犬に食べさせるのもおすすめです。

馬肉を食べると、筋肉が育ち骨や歯も丈夫になります。皮膚や被毛の健康維持にもなり、血液の状態もよくなります。ダイエットにも適しており、生で食べると消化吸収をサポートしてくれます。

メリットが多い馬肉ですが、アレルギーや食中毒、寄生虫には注意しましょう。特に生肉を与える時には生食用を選び冷凍処理したものを食べさせましょう。持病がある犬や老犬に与える時には小量にするなどの注意も必要です。

市販の馬肉を使った商品や、手作りごはんのレシピを活用して愛犬の健康のために日々の食事やおやつに馬肉を取り入れてみてください。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい