犬用馬肉は本当に安全なの?安全性・与えるメリット・選び方

犬用馬肉は本当に安全なの?安全性・与えるメリット・選び方

犬用馬肉は犬用商品のフード部門の中でもつねに人気ランキングに登場するほど注目が集まる商品です。そこで今回は、愛犬に与える前に知っておくべき馬肉の栄養の特徴や、与えるメリット・デメリット、注意点について解説します。

犬用馬肉と人間食の違い

舌舐めずりをするジャックラッセルテリア

犬用馬肉とは、人間が食べる新鮮な馬刺しをカットする際に出た馬肉の切れ端を犬が食べられるように角切りやミンチなどに加工して製品化しているものです。

馬肉が生で食べられる理由とは

赤身の多い新鮮な馬刺し

生の豚肉にはリステリア菌やサルモネラ菌、E型感染ウイルス(HEV)などによる食中毒のリスクがあるため、必ず中心部まで加熱したものを食べるように厚生労働省が注意喚起しています。

なぜ馬肉は生で食べられるのでしょうか?

馬は豚や牛と比べて体温が4~6℃ほど高いため、寄生虫や細菌が繁殖しにくい特徴があります。馬は他の動物と違い、細菌を持っていないため、生で食べることができるのです。

さらに、馬肉を生食用として提供するためには、「生食用食肉の衛生基準」をクリアしなければなりません。厳しい衛生基準をクリアした食肉処理場が、衛生的な取り扱いに注意を重ねて製造されるのです。

このような理由から、馬肉は極めて安全性が高いため生で食べられるのです。

犬用馬肉は本当に安全なのか

お皿に入った生肉を差し出す人間の手とシーズー

野生で生活していた犬の祖先は、肉を食べてきた動物ですが、ペットの犬に生肉を与えるのは危険とされているのは、細菌や寄生虫による病気のリスクが伴うからと言われています。生食でも安全な犬用馬肉であれば、犬に食べさせても問題ありません。

生肉にはビタミン(A・B1・B2・E)、ミネラル、タンパク質、脂質、トリプトファン、カルニチン、タウリンなど犬に必要な栄養素や消化酵素がバランスよく含まれています。

ただし、加熱することでビタミン類をはじめとした栄養素が変化を起こします。またドライフードやジャーキーは消化する時間がかかってしまいます。
本来なら、生肉を与える方が犬の体内に吸収しやすいのです。

犬用馬肉を食べさせるメリット

体重計に乗るミニチュアダックスフンド

ここでは、犬用馬肉を与えるメリットを解説します。

体重管理・ダイエット予防に効果的

馬肉に含まれるタンパク質は豚や牛よりも多く、カルシウムと鉄分は3倍も多く含まれています。また脂質は豚肉の約1/10、牛肉の約1/5ほどで、カロリーは100gあたり110kcalと低カロリーです。

高タンパク低カロリーなうえ、カルシウムと鉄分が豊富なため、健康を維持するために必要な栄養素が含まれた理想的な食品です。

アレルギー性皮膚炎の犬におすすめ

食物アレルギーを持つ犬は、、牛肉・豚肉・鶏肉など肉類に反応することがあります。また、ドッグフードに含まれる添加物がアレルゲンとなり、皮膚の痒みや赤みなどさまざまな症状を引き起こす場合があります。

馬肉は牛・豚・鶏肉に比べてアレルギー性が極めて少ないといわれています。さらに添加物不使用であれば、持病やアレルギー性皮膚炎を患っている犬にも与える事ができるので、獣医師からおすすめされることもあります。

シニア犬に最適

添加物を一切使用していない場合は、馬肉特有の匂いがあります。嗅覚が敏感な子にとって、新鮮な馬肉の匂いは食欲をそそります。

シニアになるとドライフードを食べなくなることがありますが、馬肉の匂いが食欲をそそるため、食いつきがよくなり、さらに消化吸収を助ける面からもシニア犬に適しているといわれています。

犬用馬肉を与えるデメリット

フードボウルの横で伏せる白い犬

犬用馬肉にはメリットばかりではなくデメリットもあります。

ドライフードを食べなくなる

犬は生肉の味や匂いを好むため、食いつきが良く嗜好性が高いことから、主食に与えてしまうとドッグフードを食べなくなる恐れがあります。

犬用馬肉を与える量に注意が必要

ペットの健康を維持するために大切な肉類ですが、たんぱく質の過剰摂取が尿路結石の原因になるといわれています。

結石は尿中のタンパク質やミネラルが過剰になり尿のpHの変化などによって発症しやすいといわれています。

馬肉に含まれるカルシウムは、牛や豚の3倍ほど含まれているため、シュウ酸カルシウム結石になりやすいと考えられています。

ただし、犬用馬肉に限ったことではありません。肉類を主食にした偏った食事や、他の食品に含まれるタンパク質の過剰摂取はアレルギーや結石を引き起こす怒れがあります。与える量には注意が必要です。

犬用馬肉の1日あたり推奨量とは

角切り肉を摘む人間の手とトイプードル

1日あたりの摂取量は体重に対して1%が適量として推奨されています。体重3kgの小型犬であれば30gを目安にしましょう。

まずはドライフードにトッピングするなどして少量だけ与えてみましょう。個体によっては食べ慣れない食品を口にすることで軟便や下痢を引き起こす場合があります。

また、アレルギー性が低く安全性の高い食品と言われていますが、ワンちゃんによっては体質に合わなかったり、アレルギー反応を起こす可能性があります。

初めて与える場合は、飼い主さんが愛犬の便の様子をしっかりチェックしましょう。軟便や下痢の症状が現れた場合は、与えるのを控えたり、量を減らすなどして、体調の変化をよく観察しましょう。

犬用馬肉を選ぶ時のチェックポイント

お皿に乗った新鮮な馬刺し

amazonや楽天などでさまざまな商品が紹介されています。赤身比率と無添加にこだわるドッグフードや、厳選した赤身肉を使った商品は、馬肉専門店や馬刺し専門店が販売していることがほとんどです。

どのショップも切り落としや角切り、パラパラミンチや小分けタイプなど、上質な馬肉を食べやすいサイズにカットしているのが犬用馬肉の特徴です。品揃えが豊富で迷ってしまいますね。

ここでは、良い商品の選び方について解説しましょう。

産地表示をチェック!

農林水産省の資料によると、2015年の国産馬肉の生産量は「熊本県」が年間2316tで第1位となっており、国内全体の45.3%を占めています。輸入馬肉は、カナダ産が年々右肩上がりに増えており、2015年は3020tも輸入しています。

熊本名物になっている馬刺しですが、実は多くの業者はカナダで生まれた馬を日本で大切に育てあげ馬肉にしています。国内で生まれる馬は年間200頭もいないほど希少だからです。

カナダ産の馬は安全性が高く、厳しい衛生基準をクリアした信頼できる馬肉です。「国産品に限る!」と安易に判断せずに産地表示を確認しましょう。

添加物不使用がおすすめ

ドッグフードに含まれる食品添加物は、アレルギーを引き起こす原因になったり、着色料や甘味料は発がん性があるといわれています。

例えわずかでも有害となる物質が入っていない食品にこだわる飼い主さんは少なくないはずです。

馬肉は高級品というイメージがあり、できるだけ低価格な商品を選びたい方もいらっしゃると思いますが、価格が安い商品には添加物や健康を害する食料が使われている恐れがあります。

やはり、人間が食べられる天然素材にこだわった添加物不使用を選びたいものです。馬肉の扱いに信頼と実績がある販売店を選ぶことをおすすめします。

犬用馬肉記事内容の振り返り

美味しそうな馬刺しアップ

馬は他の動物を比べて体温が高く、寄生虫がつきにくいため、生で食べられることが分かりました。

ただし、豚や牛に比べて安全性が高いと言われていてもすべての馬肉が安全だとは言い切れません。個体によっては馬肉にアレルギーを持っている場合もあります。

アレルギー疾患を持つワンちゃんは、与える前に必ず獣医師に相談することをおすすめします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。