レガリエドッグフードの口コミと評価|安全性はどう?

  1. レガリエドッグフードの口コミ・安全性を評価!
  2. レガリエドッグフードの口コミ評判
    1. レガリエドッグフードの評判:悪い口コミ
    2. レガリエドッグフードの評判:良い口コミ
    3. レガリエドッグフードの評判まとめ
    4. レガリエドッグフードの食いつきレビューを調査
    5. レガリエドッグフードを食べないという評判を考察
  3. レガリエドッグフードの口コミ/安全性を評価
    1. レガリエドッグフードの原材料の安全性
    2. レガリエドッグフードは国内生産
    3. レガリエドッグフードは無添加
    4. レガリエドッグフードはノンオイルコーティング
    5. レガリエドッグフードは軟便にどう?
    6. レガリエドッグフードの口コミ/安全性の評価まとめ
  4. レガリエドッグフードの成分を評価
    1. レガリエドッグフードのカロリーは?
  5. レガリエドッグフードの口コミ/デメリット・メリットは?
  6. レガリエドッグフードの口コミ/お試しサンプルはある?
  7. レガリエドッグフードの口コミ/価格について
    1. レガリエドッグフードの価格:楽天
    2. レガリエドッグフードの価格:amazon
    3. レガリエドッグフードの価格:公式
    4. レガリエドッグフードの価格を比較とまとめ
    5. レガリエドッグフードは店舗で市販している?
  8. レガリエドッグフードの口コミ/子犬に与えても大丈夫?
  9. レガリエドッグフードの口コミ/給餌量について
    1. レガリエドッグフードの給餌量/子犬の場合
    2. ◯レガリエドッグフードの給餌量/成犬の場合
    3. レガリエドッグフードの給餌量/老犬の場合
    4. ◯レガリエドッグフードへの切り替えについて
  10. レガリエドッグフードの口コミ/どんな犬におすすめ?
  11. レガリエドッグフードとモグワンを比較
  12. レガリエドッグフードの口コミ/解約について
  13. レガリエドッグフードの口コミQ&A
    1. レガリエドッグフードは涙やけにどう?
    2. レガリエドッグフードの賞味期限や保存方法は?
    3. レガリエドッグフードはシニア犬に与えて大丈夫?
    4. レガリエドッグフードの粒の大きさは?
    5. レガリエドッグフードの匂いは?
    6. レガリエドッグフードは高くない?
    7. レガリエドッグフードの基本情報

レガリエドッグフードの口コミ・安全性を評価!

価格 通常価格:3,179円(税込)/初回お試し価格:550円(税込)(160g)/定期便2回目以降:2,464円(税込)
内容量 850g
100gあたりの価格 単品購入の場合は374円、定期購入の場合は289円
1日あたりの価格 体重2kgの成犬に与える場合、単品購入の場合は約224円、定期購入の場合は約173円
粒の大きさ 普通
粒の形状 不揃い
カロリー 347kcal/100g
主原料 鶏肉・牛肉・魚
原産国 日本
フードタイプ ドライフード
種別 全犬種対応(特に10歳以下の室内犬に最適)
電話番号 03-6387-3100
販売会社 犬猫生活株式会社

レガリエドッグフードは、小型犬を室内飼いしている飼い主さんにおすすめです。

室内で飼っている10kg以下の小型犬に合うように、栄養バランスを調整して作られています。犬が健康な体を保つために必要なタンパク質は28%含まれており、小型犬に適した配合量となっています。また、比較的低カロリーなので、運動量が少なくなりやすい室内犬にピッタリです。

犬が摂りすぎると腎臓に負担をかけてしまうナトリウムの量も適度に抑え、小型犬にとって理想的な栄養バランスになっています。

また、安全性の高い原材料を使い、完全無添加のドッグフードを実現しています。そのため、小型犬に多い悩みの涙やけにも効果があったという口コミも多いです。

小型犬はマズルが短い犬種が多く、涙管が詰まりやすいため、涙やけを起こしてしまう犬も多いです。涙やけはさまざまな原因で起こりますが、その1つにドッグフードに含まれる添加物があります。その点、レガリエドッグフードは無添加なので、涙やけを起こしやすいと考えられます。

さらに、レガリエドッグフードの内容量も小型犬向けです。小型犬は食べる量が少ないので、内容量が多いと、開封後に空気に触れる時間が長くなり酸化が進んでしまいます。

レガリエドッグフードは、定期便で1ヶ月分1.7kgですが、1袋850gを2袋に分けて届けてくれるので、品質を落とすことなく小型犬でも食べ切ることができます。

粒の大きさや硬さも小型犬が食べやすく作られており、無添加で素材本来の味を活かしているので「食いつきが良い」と評判です。

このように、レガリエドッグフードは室内飼いの小型犬に最適なドッグフードと言えます。

 

レガリエドッグフードの口コミ評判

レガリエドッグフードの評判:悪い口コミ

レガリエドッグフードを実際に愛犬に与えた飼い主さんの口コミには、悪い口コミも見られるので紹介します。

「無添加やグレインフリーなど、原材料にこだわって作られたドッグフードということで期待していましたが、愛犬は全然食べてくれませんでした。これまでのフードと香りが違うからかもしれませんが、食べようとしてくれないので続けられません。」

「うちの愛犬には粒が少し硬かったようで、ふやかして与えていました。毎食ふやかすのは手間がかかるので、もう少し柔らかめのフードに替えようと思います。」

「品質も安全性が良く安心して与えられ、食いつきも良いのですが、大型犬にはコスパが悪すぎます。レガリエドッグフードだけを与えていると、フード代がかなりかかってしまうので、トッピングとして利用することにします。」

「レガリエドッグフードの評判の良さは知っていましたが、高級ドッグフードでお値段も高いので、購入をためらっていました。550円でお試しできるということで注文してみたところ、食いつきも体調も良かったので購入してみることにしました。しかし、定期購入したら、なぜか食べなくなってしまったので、次回はキャンセルすることにしました。」

レガリエドッグフードの評判:良い口コミ

レガリエドッグフードの口コミを調べて見ると、良い口コミがほとんどです。具体的にはどんな意見が寄せられているのでしょうか。

「愛犬に与えるフードやおやつを選ぶ際は、まず成分表を確認します。レガリエドッグフードは、人間が食べられる原材料を使用していたり、無添加にこだわっていたり、私がいろんなドッグフードを調べた中で最も品質が良いと思いました。」

「うちの愛犬は偏食&少食で、気に入ってくれるフードを探すのが大変です。そんなうちの子にこちらのフードを与えてみたところ、美味しそうに食べてくれて感動的でした。私も食べてみましたが、ほんのりとお出汁の風味でした。」

「室内飼いの小型犬なので、それほど高タンパクではないドッグフードを探していたところ、こちらのドッグフードの存在を知り試してみることにしました。いろんなフードを試した中で、一番がっついて食べてくれます。与えるようになってから体調も良く、ずっと続けていこうと思います。」

「うちの愛犬は穀物アレルギーを持っているため、合うドッグフードがなかなか見つかりません。知人に相談したところ、レガリエドッグフードを勧められたので、試してみることにしました。食いつきも良いですし、体質にも合っているようで、問題なく続けられています。」

レガリエドッグフードの評判まとめ

レガリエドッグフードの口コミを見てみると、「食いつきが良い」「品質が良い」という良い口コミが多く、満足度が高くかなり評判の良いドッグフードと言えます。

また、これまでのドッグフードの食いつきがあまり良くなかった犬も、レガリエドッグフードに替えたらよく食べてくれたという体験談も多いです。

ただ、食いつき具合は犬によって異なるので、どの犬も食いつきが良いとは言えません。悪い口コミの中にも、「全然食べてくれなかった」というレビューもあります。

また、悪い口コミには、「価格が高い」「コスパが悪い」という意見も多いです。レガリエドッグフードは原材料と安全性にこだわったドッグフードなので、どうしても価格が高くなってしまいます。

公式サイトでは550円(税込)でお試しできるので、食いつきや体調などを確認してから購入を決めると良いでしょう。

レガリエドッグフードの食いつきレビューを調査

レガリエドッグフードの口コミを調査すると、「食いつきが良い」というレビューが多く見られます。

中には、「前のドッグフードよりも食いつきが良い」「飽きずに食べてくれる」という意見も多いです。そのため、今与えているフードの食いつきに悩んでいる飼い主さんは、レガリエドッグフードを試してみると良いかもしれません。

ただ、口コミの中には「食べない」「食いつきが良くない」という意見もあります。食いつきが良くなかった犬の年齢を見てみると、12歳以上のシニア犬が多いように感じられます。これは、高齢になると、味覚や嗅覚が変化して食の好みが変わることが関係しているかもしれません。

とは言っても、シニア犬でも美味しそうに食べてくれるという口コミも多いので、愛犬の食いつきに関しては、実際に試してみないとわかりません。

レガリエドッグフードを食べないという評判を考察

レガリエドッグフードの口コミには、「食べない」というレビューもありますが、その理由として、これまで味の濃いドッグフードを与えていた場合が多いようです。

市販のドッグフードには、食いつきを良くするために添加物をたくさん使って味を濃くしているものも多くあります。

それに比べてレガリエドッグフードは、添加物を一切使用しない無添加のドッグフードなので、味は質素に感じるかもしれません。濃い味のドッグフードに慣れてしまっている犬は、物足りないと感じて食べない可能性があります。

また、初めてレガリエドッグフードを食べる犬も、いつものフードの味や食感が違い、警戒して食べないこともあります。犬は見たことのないものに警戒する傾向があるので、以前のフードに少しずつ混ぜて与えているうちに食べるようになることもあります。

少しずつ混ぜてもレガリエドッグフードだけ残してしまう場合は、細かく砕いて混ぜてみてください。以前のフードに混ざりやすくなるので、レガリエドッグフードの味に慣れる可能性があります。

また、食べない時の対処法として、お湯でふやかしたりドライヤーで温めたりする方法もあります。風味が高まり柔らかくなって食べやすくなるので、食べてくれることもあります。

レガリエドッグフードの口コミ/安全性を評価

レガリエドッグフードの原材料の安全性

レガリエドッグフードはヒューマングレード

レガリエドッグフードはヒューマングレードの原材料を使っているので、安全性が高いドッグフードと言えます。

ヒューマングレードとは、人間向けの食品と同等レベルの品質管理をされた原材料のことです。そのため、ヒューマングレードのドッグフードには、危険性の高い化学合成物質や4Dミートといった粗悪な原材料など、人間用の食材には使用を禁止されているものは一切使われていません。

ヒューマングレードであるレガリエドッグフードは、加工方法についても一般的なドッグフードと異なります。一般的なドッグフードは、120~180℃の高温で加熱調理されるのに対して、レガリエドッグフードは、80~90℃の低温で加熱調理されています。低温調理することで、素材本来の美味しさと栄養素を壊さないように作り上げています。

ヒューマングレードにこだわることで、安全性が高く新鮮な栄養素をたっぷりと摂ることができるのです。

レガリエドッグフードは国産原材料

レガリエドッグフードは、多くの国産原材料を使用して作られているので、安全性が高いドッグフードと言えます。

ただ、全ての原材料が国産というわけではなく、ニュージーランド産やアメリカ産などの食材も一部使用しています。

しかし、原材料表には食材の産地までしっかりと記載されているので、国産ドッグフードにこだわっている飼い主さんも、産地を確認できて安心感が得られるでしょう。

また、使われている食材は人間が食べられる品質水準なので、外国産の食材も高品質で安全性が高いと言えます。

このように、レガリエドッグフードは、原材料のほとんどが国産の食材を使用しています。外国産の食材も使用していますが、ヒューマングレードで高品質のものを厳選しているので、安全性は高く安心して与えられます。

レガリエドッグフードはグレインフリー

レガリエドッグフードはグレインフリーのドッグフードなので、穀物アレルギーを持つ犬にも安心して与えることができます。

犬はもともと肉食なので、穀物の消化が苦手と言われています。また、小麦などの穀物に対してアレルギーを持つ犬も少なくないです。

穀物の種類によっては、犬の健康に効果的なものもありますが、レガリエドッグフードはリスクを少しでも回避するためにグレインフリーにしています。穀物を使用しない代わりに、芋類や、豆類を使用して、栄養バランスを整えています。

また、牛肉や鶏肉などの肉類をたっぷりと使用しており、犬に必要なタンパク質も十分に摂ることができます。

「アレルギーが心配だから穀物を避けたい」「栄養バランスの整ったドッグフードを与えたい」という飼い主さんは、グレインフリーで安全性の高いレガリエドッグフードがおすすめです。

レガリエドッグフードの原材料を評価まとめ

レガリエドッグフードは、ヒューマングレード、国産原材料、グレインフリーなど、原材料の安全性にこだわって作られており、口コミ評価も高いドッグフードです。

原材料の多くが国産ですが、一部、外国産のものも使用しています。ただ、全ての原材料の具体的な産地を公開しており、外国産でも品質と安全性の高いものを厳選しているので、安心して利用できます。

また、合成添加物を一切使っていないというだけでなく、素材1つ1つが無添加なので、非常に安全性の高いドッグフードと言えます。「愛犬には本当に安心できるフードを与えたい」と考えている飼い主さんに手に取ってほしいドッグフードです。

これだけ品質と安全性にこだわっている分、どうしても価格は高くなってしまいますが、フード選びは品質重視という飼い主さんは、一度試してみると良いでしょう。

レガリエドッグフードは国内生産

レガリエドッグフードは、国産原材料を多く使い国内生産にもこだわっているため、安全性が高いドッグフードです。

海外産ドッグフードの中にも高品質なものが多くありますが、輸送にはどうしても長い時間がかかりますし、それによって品質が劣化する可能性もあります。また、劣化を防ぐために、酸化防止剤や防腐剤などの添加物を多く使っているものもあります。

レガリエドッグフードは、石川県の金沢港近辺にある工場で製造されており、メーカー直販にすることで、鮮度の良い高品質なフードをお客様のもとに届けることができます。合成添加物も一切使用していません。

また、国内生産にすることで、輸入コストや経費の削減を実現しています。そのため、安定した価格で、高品質のドッグフードを届けることができるのです。

レガリエドッグフードは無添加

レガリエドッグフードは、合成香料や合成保存料、合成着色料などが含まれない無添加ドッグフードという点も、安全性に配慮されています。

「無添加」とパッケージに表記されているドッグフードの中にも、実は、添加物が使われているものも多くあります。

これは、ドッグフードを作る際に添加物を表示する義務がありますが、原材料に含まれている添加物は表示しなくても良いからです。つまり、添加物を多く使用した原材料を配合しても、ドッグフードを製造する際に配合しなければ、「無添加」と表示しても良いということです。

レガリエドッグフードは、原材料の表記を全て隠さず記載しているため、完全無添加のドッグフードとして信頼性が高いです。

レガリエドッグフードはノンオイルコーティング

レガリエドッグフードは、オイルコーティングを行っていないので安全性が高いです。

オイルコーティングは、犬の嗜好性を高めるために、物性油脂をドッグフードに吹きかけて製造されます。犬の食いつきを良くし、リピーターを増やすためだけに行っているので、犬の健康向上とは全く関係ありません。

また、オイルコーティングされたドッグフードは酸化しやすいため、品質の劣化を防ぐために酸化防止剤を配合しています。酸化防止剤は、犬の健康に悪影響を与えると考えられているので、できるだけ避けた方が良い添加物です。

レガリエドッグフードはノンオイルコーティングで、危険な酸化防止剤も使用していません。食いつきを心配される飼い主さんもいるかもしれませんが、新鮮な原材料を使い製造方法にもこだわっているので、自然の食材の美味しさで「食いつきが良い」という口コミも多数寄せられています。

無添加でノンオイルコーティングのレガリエドッグフードなら、愛犬の健康面や安全性を重視している飼い主さんも満足できるでしょう。

レガリエドッグフードは軟便にどう?

レガリエドッグフードは、軟便や下痢に対する効果も期待できます。

犬が軟便や下痢になる原因の1つには、「ドッグフードが合っていない」ということがあります。原材料の質が悪かったり、体に合わないものが含まれていたりする場合は、ドッグフードを見直す必要があります。

レガリエドッグフードは、国産の原材料、ヒューマングレード品質、グレインフリーなど、品質に徹底してこだわっています。ドッグフードが合わないで悩んでいる飼い主さんは、一度レガリエドッグフードを試してみると良いでしょう。

また、食物アレルギーが原因で軟便や下痢を引き起こしている可能性もあります。犬のアレルゲンとして特に多いのは、小麦やトウモロコシなどの穀物です。

レガリエドッグフードは穀物不使用のグレインフリーなので、愛犬が穀物アレルギーでも安心して与えることができ、アレルギー症状を防ぐことができます。

犬の軟便や下痢の原因はさまざまですが、質の悪いドッグフードやアレルギーが問題の場合、レガリエドッグフードを与えることで改善する可能性があると考えられます。

レガリエドッグフードの口コミ/安全性の評価まとめ

レガリエドッグフードは全体的に見て安全性が高いドッグフードと言えます。

合成香料や合成保存料、合成着色料といった合成添加物は含まれていません。合成添加物は、発ガン性や内臓への負担が問題となっています。

レガリエドッグフードは原材料そのものにも合成添加物が使われていないので、完全無添加で安心です。また、ノンオイルコーティングで酸化防止剤も使用されていないので、アレルギーや体調不良を引き起こす心配もありません。

レガリエドッグフードに使われている原材料は、人間用の食品と同等レベルの基準で品質管理されたヒューマングレードのものです。原材料は全て、産地までしっかりと公開しています。

このように、レガリエドッグフードは、安全性と信頼性が非常に高いドッグフードと言えます。

レガリエドッグフードの成分を評価

レガリエドッグフードは、日本で最も多く飼われている室内で飼われている体重10kg以下の小型犬を照準にして作られています。

例えば、トイプードル、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア、ミニチュアダックスフンド、ミニチュアシュナウザー、マルチーズなどです。

プレミアムドッグフードと言うと、海外の商品が主流となっており、特徴として脂質が高めのものが多いです。そのため、運動量の少ない室内飼いの小型犬に与えると、カロリーオーバーになってしまう可能性があります。

レガリエドッグフードは、日本で生活する小型犬に合った成分量になっています。レガリエドッグフードの保証成分一覧を見てみると、AAFCOの基準である粗タンパク質(子犬期22.5%、成犬期18.0%)、粗脂肪(子犬期8.5%、成犬期5.5%)をクリアしているので、栄養バランスの整ったドッグフードと言って良いでしょう。

また、高タンパクでありながら、カロリーは347kcal/100gとそれほど高くないので、運動量の少ない室内飼いの小型犬だけでなく、肥満が心配な犬や運動能力が低下してきたシニア犬にも安心して与えることができます。

このように、レガリエドッグフードは、室内飼いの小型犬に最適なドッグフードと言えます。

レガリエドッグフードのカロリーは?

レガリエドッグフードは、比較的低カロリーなので、室内で飼育している小型犬に最適なドッグフードです。

室内飼いの小型犬は運動量が少なくなるので、カロリーの高いドッグフードを与えていると肥満になってしまいます。また、室内で飼っていると、飼い主さんと触れ合う時間が長いので、おやつを与える量も多くなり、太りやすい傾向にあります。

レガリエドッグフードのカロリーは347kcal/100gと控えめなので、肥満予防を目的に与えるのにピッタリです。

また、運動量の少ない室内飼いの小型犬に必要なタンパク質、炭水化物、食物繊維、ミネラルなどの栄養もバランス良く配合しています。

このように、レガリエドッグフードは、室内飼いの小型犬に最適なドッグフードだと言えます。

レガリエドッグフードの口コミ/デメリット・メリットは?

レガリエドッグフードは、室内飼いの小型犬向けに作られており、多くのメリットを期待できます。

まず、愛犬の食いつきがとても良いことです。パッケージを開けると、お出汁のようなとても良い香りが広がり、人間でも美味しそうだなと感じるほどです。愛犬の食いつきの良さを評価する口コミもたくさんあります。

また、レガリエドッグフードの成分表を見てみると、犬に必要な栄養素がしっかりと配合されているため、「毛並みが良くなった」「涙やけが改善した」という口コミも見られます。毛並みや涙やけは小型犬に多い悩みなので、これらの改善効果があるのはうれしいメリットです。

さらに、ヒューマングレード品質、国産原材料、国内工場、無添加など、品質の良さと安全性に徹底しています。愛犬の健康を第一に考えて、ドッグフードの安全性にこだわっている飼い主さんも安心して利用できます。

このように愛犬の健康維持に役立つレガリエドッグフードですが、デメリットもあります。

それは、レガリエドッグフードが公式サイトでしか取り扱っていないことです。身近なお店で手に取って買いたいという方は、ネット通販のみだと不便に感じるかもしれません。また、注文するのに個人情報を入力するのが面倒だと感じる方もいるでしょう。

しかし、一度必要な情報を入力してしまえば、定期的に自宅まで届けてくれますし、さまざまな変更も簡単にできます。

また、高品質のドッグフードなので、それだけ価格が高くなってしまうのもデメリットです。食べる量の多い中型犬や大型犬にはコスパが悪くなります。

ただ、小型犬ならそれほど負担にはならないと思いますし、定期購入すれば、通常価格よりもかなり安く購入できます。

レガリエドッグフードの口コミ/お試しサンプルはある?

レガリエドッグフードは、無料で利用できるサンプルや試供品はありません。

ペットショップやホームセンターなどで販売されているドッグフードには、サンプルや試供品が配布されることがあります。しかし、レガリエドッグフードは公式サイトからしか購入できないので、サンプルや試供品をもらうことができません。

ただ、公式サイトから定期便を申し込むことで、初回限定価格550円(税込)+送料無料で160g分をお試しすることができます。

また、お試しサイズを与えてみて愛犬に合わなかった場合も、定期便を初回のみでキャンセルすることも可能です。レガリエドッグフードに興味はあるけど、愛犬に合うか心配…という飼い主さんも、気軽に試せるのでぜひチェックしてみてください。

 

レガリエドッグフードの口コミ/価格について

レガリエドッグフードの価格:楽天

レガリエドッグフードは楽天で販売していません。なので楽天で安い価格で購入しようと思っても買うことはできません。

レガリエドッグフードの価格:amazon

レガリエドッグフードはamazonで販売していません。なのでamazonで安い価格で購入しようと思っても買うことはできません。

レガリエドッグフードの価格:公式

レガリエドッグフードを購入できるのは公式サイトのみです。公式サイトの価格について解説します。

公式サイトで通常購入する場合、価格は6,358円(税込)です。これが、定期コースを申し込むと、かなりお得に購入することができます。

定期コースなら初回550円で160g試せるキャンペーンを行っています。160gは約3日で食べ切れるサイズなので、愛犬に合うかどうかを確認できると思います。

もし合わないようなら、初回のみで定期便を解約することも可能です。解約すると2回目からの商品は届けられません。解約する場合は、初回商品の到着後5日以内に手続きを行ってください。

定期コースをそのまま続ける場合、初回商品のお届け日から10日後に、2回目として850g入りの商品が2袋届けられるように設定されています。2回目からの価格は、4,928円(税込)です。

送料は、2回目まで無料ですが、3回目以降は送料(600円)がかかります。ただ、2セット(850g×4袋)注文する場合は、送料が無料になります。

レガリエドッグフードの価格を比較とまとめ

楽天 amazon 公式サイト
通常価格 6,358円(税込)
初回価格 550円(税込)(160g)
定期購入 4,928円(税込)
送料 600円(2回目まで無料、3回目以降は1度に2セット以上の注文で無料)

レガリエドッグフードの価格を比較すると、公式サイトで定期購入する場合が最安値になります。

レガリエドッグフードは、amazonや楽天では販売しておらず、公式サイトからのみ購入できます。

公式サイトでは、単品購入と定期購入があり、単品の場合、価格は6,358円(税込)です。定期コースを申し込むと、2回目からずっと4,928円(税込)で購入することができます。

100gあたりの価格は、単品購入の場合は374円、定期購入の場合は289円です。体重2kgの成犬に与える場合、1日の給餌量は60gなので、1日あたりの費用は、単品購入の場合は約224円、定期購入の場合は約173円です。1ヶ月あたりの費用で計算すると、単品購入の場合は6,720円(税込)、定期購入の場合は5,190円(税込)になります。

継続的に購入する場合は、定期コースから購入することをおすすめします。

レガリエドッグフードは店舗で市販している?

レガリエドッグフードは公式サイトのみの販売です。市販での取扱店や販売店を探している方もいるかもしれませんが、ペットショップやホームセンター、ドラッグストアなどの店頭販売は行っていません。

市販の店舗で販売していない理由は、危険な合成添加物を一切使わない無添加のドッグフードなので、賞味期限が短く設定されているからです。市販のドッグフードは、保存料や酸化防止剤などの合成添加物を配合して賞味期限を伸ばすことで、店頭に長く置くことができます。

しかし、合成添加物は、発ガン性や健康被害の恐れがあると指摘されているので、愛犬の健康を考えると、できるだけ配合されていないものを選んだ方が良いでしょう。

レガリエドッグフードは公式サイトのみの販売ですが、直接購入することで、新鮮な状態で手元に届き、鮮度の高いフードを愛犬に与えることができます。

また、賞味期限は短いですが内容量は850gなので、小型犬でも賞味期限内に食べ切れないことはないでしょう。

レガリエドッグフードの口コミ/子犬に与えても大丈夫?

レガリエドッグフードの対象年齢は「オールステージ」なので、子犬からシニア犬まで全年齢に適した栄養成分が配合されています。

詳しく見てみると、AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準(子犬の場合22.5%以上)と照らし合わせると、レガリエドッグフードに含まれる粗タンパク質は28%以上なので、基準を満たしています。

また、粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準(子犬の場合8.5%以上)を照らし合わせると、レガリエドッグフードに含まれる粗脂肪は10%以上なので、しっかりと満たしています。

また、成長期の子犬には、粗悪な原材料や添加物が含まれるドッグフードは与えない方が良いです。レガリエドッグフードは、良質な食材を使用して作られているので、子犬にも安心して与えることができます。

レガリエドッグフードの口コミ/給餌量について

レガリエドッグフードの給餌量/子犬の場合

レガリエドッグフードを子犬に与える場合の1日の給餌量を体重別に紹介します。

子犬の重体 1日あたりの給餌量
1~1.5kg 50~60g
1.5~2kg 60~74g
2~2.5kg 74~83g
2.5~3kg 83~92g
3~4kg 92~109g
4~5kg 109~126g
5~6kg 126~144g
6~7kg 144~160g
7~8kg 160~178g
8~10kg 178~212g
10~12kg 212g~247g
12~15kg 247g~298g
15~20kg 298~385g
20~25kg 385~471g
25~30kg 471~557g
30~40kg 557~704g

レガリエドッグフードを子犬に与える場合は、生後2~3ヶ月を過ぎた頃から与えるようにしましょう。

子犬への与え方は、生後10週頃までは1日分を4回に分けて与え、生後3ヶ月を過ぎた頃から3回に分けて与えましょう。そして、生後5~6ヶ月頃から2回にして、成長と共に食事の回数を減らしていきましょう。

◯レガリエドッグフードの給餌量/成犬の場合

レガリエドッグフードを成犬に与える場合の1日の給餌量を体重別に紹介します。

成犬の重体 1日あたりの給餌量
1~1.5kg 45~53g
1.5~2kg 53~60g
2~2.5kg 60~66g
2.5~3kg 66~73g
3~4kg 73~87g
4~5kg 87~101g
5~6kg 101~115g
6~7kg 115~129g
7~8kg 129~143g
8~10kg 143~170g
10~12kg 170~198g
12~15kg 198g~239g
15~20kg 239~308g
20~25kg 308~377g
25~30kg 377~446g
30~40kg 446~584g

こちらの給餌量を目安に与えるとわかりやすいですが、あくまでも目安なので、体質や運動量、体調の変化などをよく確認して調整しましょう。

成犬への与え方は、食事と食事の間隔が長くても良いので、1日の食事回数は2回で問題ありません。

レガリエドッグフードの給餌量/老犬の場合

老犬にレガリエドッグフードを与える場合は、成犬の給餌量の20~30%程度減らして与えましょう。

老犬になると、消化率や代謝率が低下するので、与えすぎると内臓や消化器官に負担をかけてしまいます。

食事の回数は、体への負担を軽減するために、1日分の給餌量を2~3回に分けて与えてください。

また、老犬だけでなく子犬も成犬の場合も言えることですが、給餌量が合っているかどうかはウンチの状態でわかります。ウンチが柔らかい場合は、量が多すぎると考えられるので、給餌量を少し減らしましょう。逆に、ウンチが硬い場合は、給餌量を少し増やしましょう。

◯レガリエドッグフードへの切り替えについて

これまで愛犬に与えていたドッグフードからレガリエドッグフードに切り替える際は、徐々に慣れさせることが大切です。

初めは、これまでのドッグフードに少しだけ混ぜて与え、1~2週間程度かけて徐々にレガリエドッグフードの割合を増やしていきましょう。

例えば、初日はレガリエドッグフードを1割程度混ぜて与え、2日目は2割程度、3日目は3割程度…というようにしていくと、スムーズに切り替えられるでしょう。

「すぐに愛犬の健康に良いフードを与えたい」という気持ちもわかりますが、急にこれまでと違うフードに変えると、下痢や軟便、嘔吐などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

ドッグフードを切り替える際は、必ず徐々に切り替えるようにしましょう。

レガリエドッグフードの口コミ/どんな犬におすすめ?

レガリエドッグフードの特徴や実際に利用している飼い主さんの口コミを調査すると、次のような犬におすすめです。

  • 穀物アレルギーを持っている
  • 牛肉や鶏肉の風味が好き
  • 室内で飼育している体重10㎏以下の小型犬

穀物不使用のグレインフリーのドッグフードなので、穀物アレルギーの犬にも安心して与えることができます。

また、牛肉や鶏肉をたっぷりと使用しているので、これらの肉類の風味を好む犬にもおすすめです。

さらに、全犬種対応ですが、特に、室内飼いで10㎏以下の小型犬に照準を合わせた設計になっているので、トイプードル、チワワ、ポメラニアン、ミニチュアダックスフンド、ヨークシャーテリアなどの犬種におすすめです。

レガリエドッグフードはヒューマングレード品質の国産原材料を使い、危険な添加物不使用の無添加のドッグフードです。「健康効果が期待できて食いつきの良いフードを探している」「原材料や成分の安全性を気にしている」という飼い主さんにもおすすめです。

全ての原材料の産地や栄養成分も詳しく公開しているので、愛犬に与えるフードの情報を細かく知りたいという飼い主さんに適したドッグフードです。

レガリエドッグフードとモグワンを比較

レガリエドッグフードとモグワンを比較します。室内飼いの小型犬には、どちらがおすすめなのでしょう。

どちらも原材料や品質にこだわったプレミアムドッグフードなので、安全性については安心できます。

価格については、金額だけで判断すると、モグワンの方が内容量が多くて価格も安いです。また、注文個数によって割引率がアップし、3袋以上のまとめ買いで送料無料になるので、まとめて購入する場合は、モグワンの方がかなりお得に購入できます。

ただし、小型犬に与える場合、あまり多く買っておいても、賞味期限内に食べ切れないこともあります。

レガリエドッグフードは小袋で販売されているので、いつも新鮮なフードを愛犬に与えられます。例えば、体重2kgの小型犬でも、2週間以内に食べ切ることができます。

また、「国産にこだわりたい」という飼い主さんはレガリエドッグフードがおすすめです。

モグワンは、基本的にイギリスやヨーロッパの近隣諸国の原材料を使用していて、産地のわからないものも多いです。

一方、レガリエドッグフードは全ての原材料の産地を明記しており、その多くが国産です。国産原材料にこだわりたい方は、レガリエドッグフードを選ぶと安心です。

さらに、レガリエドッグフードの方が、タンパク質や動物性原料を多く含みながらも、カロリーを抑えているので、室内飼いの小型犬には最適です。

レガリエドッグフードの口コミ/解約について

レガリエドッグフードの解約方法を紹介します。

解約するには、「電話」と「マイページ」の2つの方法があります。

電話で解約手続きする場合は、電話番号「03-4500-1780」に問い合わせて、解約したい旨を伝えましょう。受付時間は、平日11:00~18:00です。土日祝は受け付けていないので、平日の日中に電話をかけられない方は、マイページから手続きを行ってください。

マイページから解約手続きを行う場合は、まず、公式サイトの「マイページ」からログインします。ログインしたら、「定期便のご利用状況/変更」を選択し、商品の「編集」を選択して「停止」をクリックします。

解約は期日までに手続きしないと、次回の商品が届いてしまうので注意しましょう。期日は、初回購入時は、初回商品の到着日から5日以内で、2回目以降の購入時は、次回お届け日の約1週間前までです。初回と2回目以降で期日が異なるので気をつけましょう。

レガリエドッグフードの口コミQ&A

レガリエドッグフードは涙やけにどう?

レガリエドッグフードは、涙やけの改善効果も期待できます。

涙やけは小型犬に起こりやすく、目の周りが赤茶色に変色してしまう症状です。

涙やけが起こる原因はさまざまで、栄養不足やアレルギー体質が関係している場合もあります。

レガリエドッグフードは栄養バランスを考慮した原材料を使い、さまざまな肉類を使用することでアレルギー対策にもなるので、波やけにも効果的だと言えます。

危険な添加物を使用しない無添加のドッグフードで、オイルコーティングもしていないため、涙やけを引き起こす原因を取り除くことができます。

レガリエドッグフードはもともと小型犬向けに作られたドッグフードなので、小型犬の悩みで多い涙やけに有効と言えるでしょう。

レガリエドッグフードの賞味期限や保存方法は?

レガリエドッグフードの賞味期限は、開封前の状態で9ヶ月です。

一般的なドッグフードだと、賞味期限が1年以上あるものも多いですが、これらは保存料を使用して賞味期限を延ばしているからです。

レガリエドッグフードは無添加なので、賞味期限が短くなっています。ただ、届けられる商品は新鮮なものですし、1袋850gと量が少なく、小型犬でも2週間くらいで食べ切れます。

新鮮で美味しいフードを与えるためには、正しい保存方法を守ることも大切です。ドッグフードは、パッケージを開封した瞬間から酸化が始まり、品質が徐々に劣化していきます。

開封後は、できるだけ空気に触れないように、しっかりと密封することが大切です。レガリエドッグフードはジッパーが付いているので、密閉容器に移し替える必要はありません。

また、温度や湿度の変化も劣化の原因になるので、風通しが良くて直射日光の当たらない涼しい場所に保管しましょう。

レガリエドッグフードはシニア犬に与えて大丈夫?

レガリエドッグフードはシニア犬にも安心して与えられます。

AAFCO(全米飼料検査官協会)の栄養基準をクリアした総合栄養食で、全年齢に対応できるように栄養成分が調整されているので、シニア犬にも安心して与えられます。

粒は、噛む力が弱ってきたシニア犬にも噛みやすい硬さです。形状は不揃いなので、長すぎる場合は、手でポキポキと折ってあげると良いでしょう。

ただし、シニア犬に与える場合は、与える量に気をつけないといけません。シニア犬になると運動量や食事量が減り、消化機能も低下してきます。体重や体調、食事の様子などを確認しながら、食事の量を調整することが大切です。

また、一度に食べられる量が減ってくるので、食事の回数を3~4回に増やしましょう。

このように、レガリエドッグフードは、与える量や食事の回数などに気をつければ、シニア犬にも安心して与えられるドッグフードです。

レガリエドッグフードの粒の大きさは?

レガリエドッグフードの粒の大きさは不揃いです。

小さい粒だと0.5cmくらいで、大きいものだと1.5cmくらいの粒もありますが、1cm以上の粒はあまりないので、口の小さな小型犬も食べやすいです。

粒が不揃いになる理由は、粒の大きさをそろえる安定剤や凝固剤を使っていないからです。また、「低温加熱製法」という製造方法にも関係しています。80~90℃の低温でじっくりと加熱して作られているため、通常よりも時間がかかり、粒の形状や大きさが不揃いになるのです。

その分、大切な栄養素や素材本来の美味しさをフードにしっかりとキープすることができ、
食いつきの良さや食べやすさにもつながります。

レガリエドッグフードの粒が不揃いなのは、見た目や生産性よりも、品質や美味しさを重視して作られている証拠なのです。

レガリエドッグフードの匂いは?

レガリエドッグフードの匂いは、実際に利用した方の口コミによると「お出汁の香り」「お魚のいい香り」など良い意見が多いです。

安価なドッグフードは、嗜好性を高めて食いつきを良くするために、フードに油を吹きかけるオイルコーティングしています。また、オイルコーティングすると酸化しやすいため、酸化防止剤を使用する必要があります。

レガリエドッグフードはオイルコーティングしていないので、ドッグフード特有の強く嫌な匂いはしません。酸化防止剤も使用していないので、安全性が高く新鮮なフードを愛犬に与えることができます。

食いつきが気になるかもしれませんが、鶏肉や牛肉などの生肉やカツオとマグロの魚粉など、新鮮な原材料を使うことで嗜好性を高めています。

レガリエドッグフードは高くない?

レガリエドッグフードの品質の高さから考えると、価格は高いとは言い難いです。

レガリエドッグフードは、無添加で国産のヒューマングレード品質の原料を使用し、品質と安全性に徹底しています。これだけこだわりを持って作られているので、原価が高くなりドッグフード本体の価格にも影響します。

口コミには「価格が高い」という意見もあります。しかし、レガリエドッグフードは、安全で高品質な食材を厳選し、オールステージ対応の栄養バランスに調整した総合栄養食です。また、完全無添加のドッグフードは、他を探してもほとんどありません。

それに、他の国産プレミアムドッグフードと比較してみると、レガリエドッグフードの価格はそれほど高いとは言えません。国内製造でメーカー直販のみの販売にすることで、余計な経費を省き、ドッグフード本体の価格を上げないようにしているのです。

これだけ高品質なドッグフードなので、決して高いとは言えないでしょう。

レガリエドッグフードの基本情報

価格 通常価格:3,179円(税込)/初回お試し価格:550円(税込)(160g)/定期便2回目以降:2,464円(税込)
内容量 850g
100gあたりの価格 単品購入の場合は374円、定期購入の場合は289円
1日あたりの価格 体重2kgの成犬に与える場合、単品購入の場合は約224円、定期購入の場合は約173円
粒の大きさ 普通
粒の形状 不揃い
カロリー 347kcal/100g
主原料 鶏肉・牛肉・魚
原産国 日本
フードタイプ ドライフード
種別 全犬種対応(特に10歳以下の室内犬に最適)
電話番号 03-6387-3100
販売会社 犬猫生活株式会社

参考:ドッグフードのおすすめはこれ!安全・安心で比較!犬の餌

タイトルとURLをコピーしました