ペディグリーチャムドッグフード評価、口コミ

ペディグリードッグフードの口コミ

ペディグリーチャムは定番のドッグフード

皆さんは愛犬にどんなフードをあげていますか?

手づくりという方も、決まったブランドのある方も、愛犬には栄養のバランスのとれた良いフードを与えたい!という思いは同じですよね。

毎日の食事は健康の維持に必要不可欠。それはヒトも犬も同じですよね。

ペディグリーチャムは、ドッグフードの総合栄養食として、国内でも人気のフードです。

総合栄養食とは、それと水だけ与えていれば栄養不足には陥らないとされるフードのこと。つまり、専門家によってよく考えられ、余分なものも、不足なものもない完全ごはんなんです。

今回は犬のフードとしておなじみ、ペディグリーチャムについてご紹介したいと思います。

ペディグリーチャムのタイプ

ペディグリーチャムからは、どんなタイプのフードが出ているのでしょうか。

ドライ

ペディグリー 成犬用 旨みビーフ&緑黄色野菜入り 10kg [ドッグフード・ドライ]
¥2,860 (¥286 / kg)円(税込)

ドライタイプには、健康に良いとされるひまわり油が使われています。消化吸収、毛づや、お口の健康、抗酸化作用の4つが柱になったフードです。

ウェット

ペディグリー 成犬用 ビーフ 400g×24缶入り [ドッグフード・缶詰]
¥3,709 (¥155 / 個)円(税込)

ドライタイプのカロリーの1/4で、水分補給にもなる優れものがウェット。ドライフードにミックスしてもオーケーです。缶、パウチのタイプで出ています。

スナック

犬の歯と骨、またストレス解消のためにつくられたガムなどがあります。噛むことで、歯垢などを取ってくれます。

プリンシパル

100パーセント自然素材でつくったプレミアムフード。添加物など気になる方向け。

その他に、体重が気になる愛犬用もあります。各タイプにはそれぞれ小犬、成犬、7歳から用、11歳以上用とがあり、犬の年齢に合わせて揃っているのがうれしいところです。

##ad_kizi_in_A##

ペディグリーチャムの味

  • チキン
  • 緑黄色野菜
  • ビーフ
  • チーズ入り
  • 魚入り
  • お米入り
  • ミルク粒入り
  • 低脂肪ささみ

ペディグリーチャムではこれらが組み合わさり、チキン+緑黄色野菜など、犬だけでなく私たちも美味しそうと感じるようなラインアップになっています。

味にうるさいと言われる小型犬にも満足できるよう、選りすぐられたフードだそうですよ。

ペディグリーチャムを与えてみて

ペディグリードッグフードの口コミ

我が家の犬(マルチーズ)は小犬のときからずっとペディグリーチャムの缶タイプ・ウェットフードを与えてきました。

理由は、…なぜかこれしか食べてくれなかったからです。また、好みの問題ですがチーズ味は苦手のようでそれだけは食べませんでした。一匹一匹、合う合わないがあるのでそこは気をつけたいところですね。

我が家の犬はおかげで老犬になるまで一度も肥満になることもなく、便秘になることもほとんどなく過ごせました。

獣医さんからも「成犬のときから体重がほぼ一定しているのはいいことだね」と褒められ、これはペディグリーチャムが栄養バランスの取れたフードだったからだなと感謝しています。

なぜかドライタイプのフードを食べてくれない犬でしたので、歯の弱くなった高齢時は11歳以上用のウェットタイプをあたためて、ふやかしてから与えていました。これはら舐めても食べられるので、楽だったようです。

ウェットタイプは低カロリーなうえ、水分を含んでいるため水をなかなか取りたがらない犬にもおすすめなんだとか。我が家の犬が太らずにいたのはこのおかげかもしれません。

【比較ポイント】
下記データをお役立てください。

対象商品 シニア犬13歳以上
栄養素 タンパク質: 4.5%以上
脂質   : 4.0%以上
粗繊維  : 2.0%以下
灰分   : 3.0%以下
水分   :89.0%以下
賞味期限 24ヶ月
原材料 肉類  (チキン、ビーフ等)
野菜類 (にんじん、ほうれん草)
食物繊維
トマトパウダー
ビタミン (B6、B12、C、D3、E、コリン、パントテン酸、葉酸)
ミネラル類(Ca、Cl、Fe、K、Mg、P、S、Se、Zn)
増粘多糖類
着色料 (二酸化チタン)
pH調整剤
EDTA-CA
Na
発色剤 (亜硝酸Na)
原産国 オーストリア
容量 400g、160g(缶)
シリーズ ビーフ&緑黄色野菜
グルコサミン・コンドロイチン配合等

最後に

フードを変えるときは、ガラッと変えるより、すこしずつの従来のフードに混ぜ、二〜三日で切り替えを行ったほうが良いそうです。

フード選びは、その子の体質、好みに合わせつつ、きちんと考えて行いましょう。

関連記事:【ドッグフードのおすすめは?】安全・安心で比較!犬の餌ランキング

タイトルとURLをコピーしました