【馬肉のドッグフード】選び方やおすすめは?人気のものは?

【馬肉のドッグフード】馬肉のドッグフードの選び方

最近注目されている馬肉ドッグフードを試してみようかと考えている飼い主さんは多いと思います。

馬肉は犬にとって良質なたんぱく源で栄養価も高く、低脂肪なお肉なので、シニア犬やダイエットしている犬などにも適しています。

馬肉ドッグフードはそこまで多くの種類が出ているわけではないですが、それでも様々あり、何を基準に選べばいいのか悩んでいませんか?

この記事を読むことで馬肉ドッグフードを選ぶ際に重要すべきポイントがわかります。

また、馬肉ドッグフードに限らず、普段の愛犬のフードやおやつを選ぶ際の基準としても役立つと思います。ぜひ参考にしてください。

関連記事:【シニア犬のフード】おすすめは?ランキングで紹介!

馬肉ドッグフードの栄養

馬肉ドッグフードを選ぶうえで重要なポイントの一つ目は、馬肉の含有量です。馬肉ドッグフードを与えたいけど、アレルギーが心配な飼い主は多いと思います。

犬のアレルギーは、大きく2つに分けられるといわれ、「アトピー性皮膚炎」と「食物アレルギー」です。アトピー性皮膚炎は遺伝性やハウスダストやほこりなどが原因といわれていますが、はっきりと原因がわかっていません。

そして注意したいのが、普段食べている食事が引き起こす食物アレルギーです。ドッグフードに含まれている添加物や、牛肉、乳製品、小麦などはアレルギー反応を起こしやすいといわれています。

また、穀類はアレルギーを引き起こしやすく、安価なドッグフードに使用されていることが多いです。

紹介したように食物アレルギーの原因はさまざまですが、馬肉はアレルギーを引き起こす可能性が低いとされているため、アレルギーが気になる場合におすすめです。

しかし、馬肉を使用していても、馬肉以外に使用されている原材料でアレルギーを引き起こす可能性があるので注意してください。

原材料は使用した原材料に占める重量の割合の高いものから順に続けて記載されていますので、原材料の一番目に馬肉が記載されているものがおすすめです。

また、仮に馬肉のみで作られているドッグフードであれば、アレルギーを引き起こした場合でも、原材料が特定できているため、対応しやすいです。

そのため、アレルギー対策で馬肉ドッグフードを検討している方は、馬肉以外の原料ができるかぎり少ないドッグフードが安全といえるでしょう。

関連記事:【ドッグフードとアレルギー】おすすめは?アレルギー対応でランキング!

馬肉ドッグフードは無添加を

馬肉ドッグフードに限らずですが、添加物が添加されていないドッグフードを選ぶことが重要です。添加物とは、合成保存料、着色料、酸化防止剤、保湿剤などです。

避けたほうがいい添加物の一例として、

  • 保存料:ソルビン酸カルシウム
  • 着色料:赤102、青2、黄4、黄5、亜硝酸ナトリウム
  • 酸化防止剤:BHT BHA エトキシキン 没食子酸プロピル
  • 保湿剤:プロピレングリコール
  • その他:二酸化チタン

などです。添加物はドッグフードの品質や見た目を保つためには必要かもしれませんが、犬の健康を保つためには必要ありません。

上記にあげた添加物は一例なので、何が添加物なのかまでしっかり確認するようにして、添加物ができるかぎり少ないものを選ぶようにしましょう。

関連記事:【無添加のドッグフード】選び方/おすすめを比較して解説!

馬肉のドッグフードはグレインフリーを

グレインフリーとは穀物不使用のドッグフードをいいます。

対象になるものはトウモロコシ、米、大麦、小麦の4つとされています。グレインは犬によっては消化がされにくく、アレルギーの原因や体調不良、過剰摂取は肥満の原因になります。

グレインフリーのメリットは、腸内トラブルや肥満を予防、食物アレルギーの対策にもなります。一方で、エネルギーや栄養源として穀類が絶対に不要というわけではありません。

栄養バランスを考慮して、場合によってはグレインフリーでも適度に炭水化物や食物繊維を含んでいるドッグフードを選択するということも悪いことではありません。

また、加工・加熱が施されている白米・玄米・大麦は消化がされやすいといわれています。食物アレルギーや消化に不安を感じている方は、馬肉以外の材料が消化しやすいグレインフリーのものが安全といえるでしょう。

関連記事:【グレインフリーのドッグフード】おすすめの穀物不使用の犬の餌は?

【馬肉のドッグフード】馬肉ドッグフードランキング

馬肉 ドッグフード

今人気の低脂肪・低カロリー・高たんぱくな馬肉ドッグフード。多くの会社から販売されており、ドライ、生肉タイプなど様々あり、どれを購入したらいいか迷ってしまいますよね。

この記事では、他サイトのランキングにあるフードやおすすめされている商品の中から厳選して5つに絞って紹介しています。

この記事を読むことで、愛犬に適している馬肉ドッグフードがわかります。ここからは、人気ランキング上位の「馬肉自然づくり」「馬肉パラパラミンチ」「サクラスフーズ 馬肉 ドッグフード」「nekonote もぐもぐDog」について特徴や原材料、値段などの詳しい情報も併せて紹介します。

 

馬肉自然づくり

馬肉自然づくりは、馬刺し専門店で有名な株式会社利他フーズから出されている商品です。

特徴は、

  • 人間用の同じ鮮度の馬肉を使用
  • 国際的な安全管理システムを採用し、最高レベルに厳しい審査をクリアした馬肉のみ使用
  • 気温や湿度に合わせ、製造方法を毎日微調整し、一粒一粒が栄養満点
  • 一粒あたり8mmと食べやすい大きさ
原産国 日本
主原料 馬肉、鶏肉、玄米、大麦
カロリー 399kcal/100g
添加物 不使用
内容量 1kg
フードタイプ ドライ
種別 一般食
価格 初回:2,640円
通常:3,300円
初回:7,524円(定期3袋)
通常:9,405円(定期3袋)

公式サイト:https://kenko-dog.com/

関連記事:馬肉自然づくりの評判|試した口コミや評価、安全性を調査

馬肉パラパラミンチ

馬肉パラパラミンチはホリスティックライフを理念としている株式会社カラーズが運営しているGREEN DOGから出されている商品です。

特徴は、

  • パラパラしてほぐれすいため、手作り食材の一つやドライフードのトッピングとして使用できるなどアレンジが様々
  • 水分含有量が75%と高く、水分補給にもおすすめ
  • 人間食肉と同レベルの安全基準を確保
原産国 日本
主原料 馬肉
カロリー 110kcal/100g
添加物 不使用
内容量 300g
フードタイプ 生肉
種別 一般食
価格 880円

ドライタイプ馬肉ドッグフード ヤムヤムヤム

ヤムヤムヤムも株式会社カラーズが運営しているGREEN DOGから出されている商品です。

特徴は、

  • 全年齢の犬が対象であること
  • 小粒(一粒7~8mm)であるため顎の小さい犬でも食べやすい
  • ドライタイプとやわらかドライタイプの2種類から選べる
  • 人間食肉と同レベルの安全基準を確保
原産国 日本
主原料 馬肉、大麦、玄米
カロリー 345kcal/100g
添加物 不使用
内容量 500g
フードタイプ ドライ
種別 総合栄養食
価格 2,154円
7,476円(2kgで)

 

サクラスフーズ 馬肉 ドッグフード 馬赤身ミンチ 粗挽き1kg

サクラスフーズ馬肉ドッグフードはドッグフードの製造や販売を主に行っている株式会社サクラスフーズから出されています。

特徴は、

  • 刺身用としても使用できる赤身部分ミンチに加工しており、粗挽きと細挽きの2種類が販売されている
  • 保存料、着色料は一切不使用
  • 1kgと大容量
原産国 日本
主原料 馬肉
カロリー 121kcal/100g
添加物 不使用
内容量 1㎏
フードタイプ ドライ
種別 一般食
価格 3,500円
6,800円(2kgで)

 

nekonote もぐもぐDog 800g

nekonote もぐもぐDogはオフィスグローボネットから販売刺されている商品です。

特徴は、

  • 食用馬肉の赤身とレバー部位を使用して無添加国内生産
  • 全年齢の犬に対応しており、特にシニア犬やお腹が弱い犬でも安心して食べられる
  • 小粒であるため、あごの弱い犬でも安心して食べられる
原産国 日本
主原料 生肉(馬肉、魚肉、馬レバー)
穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか)
カロリー 360kcal/100g
添加物 不使用
内容量 800g
フードタイプ ドライ
種別 一般食
価格 3,088円

 

【馬肉のドッグフード】馬肉ドッグフードで人気のものを比較

商品名 主原料 添加物 価格
馬肉自然づくり 馬肉、鶏肉、玄米 不使用 3300円/1kg
馬肉パラパラミンチ 馬肉 不使用 880円/300g
ヤムヤムヤム 馬肉、大麦、玄米 不使用 2154円/500g
サクラスフーズ 馬肉 ドッグフード 馬肉 不使用 420円/80g
nekonote もぐもぐDog 生肉(馬肉、魚肉、馬レバー)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか) 不使用 500円/100g

ここでは、比較してみてわかった感想や馬肉ドッグフードの印象について思ったことを書きます。

・高いには理由がある

普段のドッグフードの値段と比べて驚いたのは筆者だけではないと思いますが、他のドッグフードと比べて、工程に手間がかかっており、厳しい基準をクリアした証ともいえます。

また、添加物は不使用で原材料や製造工程などが詳細に開示されているのは、安心して愛犬に与えることができますし、信頼感につながりますよね。

一方で改めて普段与えているドッグフードの原材料や工程など開示されている情報を確認してみると、限定的で知りたい情報が記載されていないこともありました。

さらに不必要な添加物が使用されていることも少なくありません。

値段が安いことはいくつか理由はあると思いますが、理由のひとつには添加物の有無がひとつの原因なのかなと思いました。添加物は安く手間がかからず大量生産できますからね。

安いことは悪いことではないですが、なぜ安いのか、なぜ高いのか、馬肉ドッグフードはその理由を考えるきっかけをくれました。

今一度、愛犬に与えているドッグフードの情報を調べて、可能な限り、体に悪影響がないものをあたえたいですね。

・ドライタイプと生肉タイプがあるのは便利

アレルギーが少ないといわれている馬肉ドッグフードですが、ドライタイプには穀物が含まれているので、アレルギー症状を示すワンちゃんは、ミンチ(生肉)タイプも試せるので、便利ですよね。

生肉に抵抗を感じている飼い主様もいるかもしれないですが、安全性・信頼性が担保されている会社の馬肉であれば、そこまで心配しなくても与えられますよね。

・馬肉ドッグフードは万能ではない

馬肉ドッグフードは多くのわんちゃんにとって、良いものということは変わりないですが、信じすぎるのも良くないかなと思いました。

やはり、わんちゃんの年齢で必要な栄養素は異なりますので、年齢に応じた栄養素を補って与えることが愛犬の健康につながります。不安な方はかかりつけ医に相談しながらフードを決めても良いかもしれませんね。

【馬肉のドッグフード】馬肉ドッグフードのおすすめはこれ!

馬肉のドッグフードのおすすめは「馬肉パラパラミンチ」がおすすめです。

原材料のもとになる馬肉は熊本県で2年飼育した馬の肉をしようしています。

海外で生産された肉ではなく国内で生産されたものなので鮮度も問題ないでしょう。

「他の馬肉フードよりも食いつきがいい」

「お腹もこわさず食べてくれています」

などの良い口コミもありました。

そのまま愛犬に与えてもよし、ドッグフードのトッピングとして与えてもよしなのが「馬肉パラパラミンチ」のおすすめポイント。

犬の嗜好に合わせて与えられるのも嬉しいポイントです。

興味があればぜひ使ってみてくださいね。

馬肉 ドッグフード

公式サイト:https://kenko-dog.com/

関連記事:馬肉自然づくりの評判|試した口コミや評価、安全性を調査

【馬肉のドッグフード】馬肉ドッグフードのメリット

馬肉ドッグフードに限らず、すべてものにメリット、デメリットはありますので、総合的に判断することが大切です。

まずは「メリット」から紹介します。

  • 高たんぱくで低脂肪
  • 栄養価が高い
  • アレルギーになりにくい
  • 健康的な肌や毛艶が維持できる

これだけ見るといますぐにでも与えたくなりますね。詳しく見てきましょう。

馬肉はほかの肉類よりも、高タンパク、低脂肪でカルシウムや鉄分が豊富であるため、肥満の予防効果が高いといわれています。

また、栄養価が高く、無添加なため、肉本来の匂いがして、老犬や食欲が落ちている犬に対しても食欲を増進させる効果も期待できます。

馬肉ドッグフードは無添加であることから、他の肉類の中で最もアレルギー反応を示さない肉と言われています。

愛犬がアレルギー反応を示しやすい場合は、一度試してみてもよいでしょう。

では、続いて「デメリット」です。

  • アレルギーがゼロではない
  • 与えすぎには注意
  • 価格が高く、入手しにくい

メリットでアレルギーが起きにくいといいましたが、当然ですが可能性が低くなるという意味で、馬肉ドッグフードでもアレルギーを示してしまう犬もいます。

馬肉ドッグフードには穀物が含まれているものもあるので、穀物アレルギーであると反応してしまうかもしれません。その場合は馬肉ミンチなどに変えて試してもみてもいいかもしれません。

また、馬肉ドッグフードは高タンパクであるため、与えすぎると内蔵に負担がかかり、下痢や嘔吐などにつながる可能性がありますので、適切な量を与えるよう心がけましょう。

栄養価が高いからと過度に与えすぎると病気につながり可能性もあります。馬肉ドッグフードは一般的なドッグフードと比較すると、価格が高く入手しにくいです。

しかし、馬肉ドッグフードを作るにあたってものすごい手間がかかっているため、その手間を考えれば妥当ともいえます。コスト的にも毎日与えるのが難しいのであれば、普段のドッグフードと併用するというのも一つの方法ともいえます。

馬肉ドッグフードの「メリット」「デメリット」を紹介しました。それぞれの点を考慮したうえで愛犬にあたえてくださいね。

関連記事:ドッグフード(低脂肪)の選び方/犬の低脂肪フードのおすすめは?

 

関連記事:ドッグフードのおすすめはこれ!安全・安心で比較!犬の餌

タイトルとURLをコピーしました