ドッグフードを劣化させてしまう間違った保存方法とは?正しい方法まで解説

ドッグフードを劣化させてしまう間違った保存方法とは?正しい方法まで解説

ドッグフードには水分が10%以下のドライフード、水分が25〜35%程度の半生(ソフトドライ、セミモイスト)フード、水分が75%程度のウェットフードがあります。どのドッグフードも間違った方法で保存してしまうと、劣化が進むので要注意です。この記事では、ドッグフードを劣化させてしまう間違った保存方法を、正しい保存方法とともに解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ドッグフードを間違った方法で保存すると劣化が進む!

フードボウルのそばでフセをする犬

愛犬の年齢や健康状態に合ったドッグフードは、愛犬の健康を支えるひとつの柱になります。しかし愛犬の健康を考えて選んだドッグフードも、間違った保存方法をしてしまうと、かえって健康に悪影響を及ぼしかねません。

間違った方法で保存したドッグフードは酸化が進み、劣化する可能性があるからです。劣化したドッグフードは美味しくなくなるだけではなく、下痢や嘔吐の原因になることがあります。

また酸化によって劣化したドッグフードを食べ続けることで、動脈硬化や心筋梗塞、肝機能低下などを起こすリスクが高まると言われています。

愛犬がドッグフードを美味しく食べて健康でいられるように、その保存方法には十分注意したいものです。そこで今回は、ドッグフードを劣化させてしまう間違った保存方法をご紹介します。

それぞれどうするのが正しいのかも解説していきますので、ぜひ参考になさってくださいね。

ドッグフードを劣化させてしまう間違った保存方法は?

フードの缶詰を開ける瞬間

1.高温多湿な場所で保存する

ドッグフードにはドライフード、半生(ソフトドライ、セミモイスト)フード、ウェットフードがありますが、どのドッグフードも高温多湿になる場所での保存はNGです。

開封前も開封後も、高温多湿な場所や直射日光が当たる場所での保存はドッグフードの品質劣化の原因になります。開封前も開封後も、冷暗所で風通しの良い場所に保管するようにしましょう。開封後のウェットフードは傷んで劣化しやすいので冷蔵庫で保存。半生フードも開封後は、パッケージに特に記載がなければ冷蔵庫で保存するのが基本です。

2.ドライフードを冷蔵庫で保存する

ドライフードも半生フードやウェットフードのように、開封後は冷蔵庫で保存したほうが劣化を防げそうな気がしますがNGです。

ドライフードの冷蔵保存は、かえって品質を劣化させる可能性があります。ドライフードを冷蔵庫で保存すると、冷蔵庫から出したときの温度差でドッグフードに結露が生じ、カビが発生する原因になることがあるのです。

ドライフードは、開封前も開封後も高温多湿を避けて常温で保存しましょう。

3.開封後、密閉状態にしないで保存する

ドッグフードは、開封した瞬間から酸化が始まります。そしてドッグフードの脂質成分が空気中の酸素に触れることで、酸化はどんどん進んでいきます。

この酸化がドッグフードの劣化につながるため、開封後はなるべく空気に触れないようにすることが重要です。ドッグフードの開封後、密閉状態にしないで保存していると隙間から空気が入り、酸化が進んでしまいます。

ドライフードは1食分ずつ小分けにして、ジッパー付きの保存袋で密閉状態にするのがおすすめです。袋にフードを入れたら中の空気をしっかり抜いて、ジッパーを閉めます。乾燥剤や脱酸素剤を一緒に入れるとより効果的です。

半生フードは、開封後は基本的に要冷蔵になります。特に表記がなければ密閉容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。ウェットフードも、密閉容器に移し替えて冷蔵庫へ。

4.開封後に長期間置いておく

開封後のドッグフードを密閉状態にして保存しても、劣化を止めることはできません。

密閉状態にすることで劣化を遅らせることはできますが、それでも時間の経過とともに劣化は進んでいくので、長期間置いておくのはNGです。ドッグフードを開封したら、できるだけ早めに使い切りましょう。

パッケージに記載された賞味期限は未開封の状態でのことであり、開封後の賞味期限は異なります。開封後の賞味期限は、パッケージに特に記載がなければ、以下が目安になります。

  • ドライフード:1ヵ月
  • 半生フード:1週間
  • ウェットフード:2日(開封した当日に使い切るのが理想)

ウェットフードは一般的に冷凍が可能とされていますが、冷凍しても少しずつ酸化は進み劣化していきます。1食分ずつラップで包んでジッパー付き保存袋などに入れて冷凍したら、3週間以内に使い切るようにしましょう。

まとめ

フードとシベリアンハスキー

愛犬の健康を守るためには、ドッグフードの保存方法にも注意が必要です。開封前は高温多湿を避けて保存するというのは、どの種類のドッグフードにも共通していますが、開封後の正しい保存方法はそれぞれ異なります。

パッケージに特に記載がなければ

  • ドライフード:ジッパー付きの保存袋に小分けするなど密閉状態にして、高温多湿を避け常温で保存し、1ヵ月以内に使い切る
  • 半生フード:密閉容器に入れて冷蔵庫で保存し、1週間以内に使い切る
  • ウェットフード:密閉容器に移し替えて冷蔵庫で保存し、2日以内に使い切る

を守るようにしましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。