犬にとって『春の熱中症』が危険な理由2選!予防と対策法を解説

犬にとって『春の熱中症』が危険な理由2選!予防と対策法を解説

春も近づき、気温も少しずつ暖かくなってきましたね。気持ちのよい季節になりつつありますが、犬たちにとってこの時期から夏までの間「熱中症」の危険が高まります。春なのに?とびっくりされますが、ここでは春の熱中症の危険性を上げていきましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

熱中症とは

サングラスをかける犬

熱中症とは、体調、外気温や湿度などの影響で体温が上昇し、体内の水分・塩分のバランスが著しく崩れたり、体温の調節ができなくなることで起こる、体の不調の総称です。

主に体温上昇、めまい、けいれん、嘔吐、頭痛などの症状が表れ、重篤な場合は死に至ります。

人の場合は炎天下に長くいたり、真夏の暑いさなかに運動をしたり、あるいは急な気温の変化に体が慣れていないときにおこります。

家の中でも室温の上昇に気が付かないうちに熱中症で倒れることもありますね。

犬の場合も同様です。

特に犬は体表を被毛で覆われており、汗腺も少ないので急に気温が上がると対応できないことが多いのです。

春の熱中症

ぐったりするパグ

犬たちの熱中症は、実は春に多く発症するといわれています。

まだそれほど暑くなっていないはずなのに、と不思議に思う方も多いと思いますが、万が一の時のために理由と対処法を考えておきましょう。

前述したとおり犬は体表面を毛皮に覆われており、汗腺も少ないため熱中症になりやすい生き物です。

汗をかかない分、口呼吸(パンティング)で放熱をしますが、あまりに暑い場合は体内に熱がこもりやすいのです。

そのため、飼い主さんは夏の間はエアコンをつけたり涼しい時間に散歩に行くなどの工夫をして、愛犬をできるだけ暑さから守ろうと対策をします。

しかし、ゴールデンウイークあたりの、人間にとっては爽やかな時期も注意が必要です。

その理由としてあげられるのは次の二点です。

1.犬の体が20℃~25℃の外気に慣れていないこと

これは人でもありますね。

まだ肌寒いと思って上着を着てきたら、思ったより暑かったので体温調節が上手くいかなかった、なんて経験がある方もいるのではないでしょうか。

近年の日本では、冬が明けると春がすぐさま終わって、急に夏のような陽気になることも多いです。

また特に室内で飼育されている犬に多いのですが、換毛期のズレが影響しているようです。

冬の暖かいアンダーコートが抜けきらないうちに気温があがり、体に余計な熱がこもってしまうため、知らないうちに「熱中症」になっていることがあります。

2.飼い主側が油断している

ドライブをしたり、日中の暖かい時間に散歩や運動にいったりと、春は何かとアウトドアが楽しい時期です。

しかし人間にとって心地よい気温でも、犬たちにとっては違うかもしれません。

人は着るもので温度を調節できますが、犬たちは毛皮を着たままですし、前述したとおりアンダーコートが残っている可能性もあります。

人間にとっての「心地よい」は犬にとっては「暑い」かもしれません。

涼しいからといってちょっと車に残して買い物をしたり、日陰とはいえ空気がこもるクレートに犬をいれておいたりすると、犬たちは人間が思うよりずっと「暑い」と感じている場合もあると考えたほうが良いようです。

予防と対策

水を飲む犬

犬の熱中症のほとんどは、飼い主さんが注意することで防ぐことができます。

まず、こまめに気温をチェックすることです。

20℃から25℃になるようでしたら、犬たちにとっては「暑い」状態であると考えて、彼らの体温調節がしやすいようにしてあげましょう。

室内を涼しくする、水分を十分に補給する、息が激しくならない程度の運動にとどめる、などで十分対処できると思います。

犬だけを車に残して買い物に行くのは、犬たちが興奮する上にパンティングが激しくなり体温を上昇させてしまうのでやめましょう。

少しでも気温があがって、人が暑いなと思うようであれば室内のエアコンをつけて気温の調節をしてあげましょう。

しかし水分補給をしても涼しいところにいても荒く口呼吸をしている場合は、保冷剤を首や顎下などにあてるなどして下さい。場合によっては水風呂などに入れるなどして体温を下げてあげることも必要です。冷たすぎる水で一気に冷やすのはかえって悪影響を及ぼします。注意してください。

体を冷やしてもよだれを垂らす、嘔吐する、ぐったりするなどの症状があるようでしたら迷わず動物病院を受診してください。

まとめ

桜の中の犬

寒さには強いものの、犬たちは暑いときの体温調節はどうしても苦手です。

寒い冬を抜けて春になったら愛犬と遊びに行くんだ、と楽しみにしている方も多いでしょう。

「春の熱中症」には十分注意して楽しんでくださいね。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。