犬のお留守番前に絶対してはいけない『NG行為』2選

犬のお留守番前に絶対してはいけない『NG行為』2選

飼い主さんが安心して外出するためにも、愛犬にはなるべく不安や寂しさを感じずにお留守番してほしいものですね。そのためには、お留守番前の接し方や行動に注意しなくてはいけません。あなたは愛犬のお留守番前に、絶対してはいけない『NG行為』をしていませんか?

お気に入り登録

お留守前の『NG行為』に要注意!

寂しそうに窓の外を眺めるパグ

犬は元々群れで暮らす動物であるため、基本的に寂しがり屋でお留守番が苦手。程度の差こそあれ、どの犬も不安や寂しさを感じながらお留守番しているのです。

不安や寂しさが大きいとお留守番中に吠えたり鳴いたり、室内を荒らしたりしてしまうこともあります。

犬の不安や寂しさを軽減するためには、お留守番中の環境だけでなく、お留守番前の接し方や行動にも注意が必要です。そこで今回は、犬のお留守番前に絶対してはいけない『NG行為』をご紹介します。

お留守番前に絶対してはいけない『NG行為』は?

両頬を撫でられるMダックスフンド

1.出かける直前まで過度なスキンシップを取る

ひとりぼっちでお留守番する愛犬がかわいそうで、出かけるギリギリまで撫でたり話しかけたりしていませんか?出かける直前まで、愛犬をたっぷりかわいがってあげたくなるのが飼い主心というものでしょう。

でもこれは、たくさんスキンシップを取って愛犬がうれしい気持ちなった直後に、飼い主さんがいなくなってしまうということ。ついさっきまで飼い主さんと幸せな時間を過ごしていたのに、急にポツンとひとりぼっちになってしまうのです。

まるで、天国から地獄。不安や寂しさが一気に押し寄せてしまうかもしれません。少なくともお留守番の10分前からは、必要以上にスキンシップを取るのは避けましょう。

2.大げさな声かけ

出かける前に「行ってくるね」「行ってきます」などと声をかけると、それがお留守番の合図になってしまうことがあります。その結果、出かける前の声かけで犬が不安になり、ワンワン吠えて大騒ぎになってしまうこともあります。

そのため、お留守番前は基本的に声をかけずに出かけてOKです。余計な不安を与えずに済みます。おやつやフードを詰めた知育玩具を与えて、犬がそれに夢中になっている間にそっと出かけるといいでしょう。

ただ、声をかけてから出かけたほうが落ち着いてお留守番できる犬もいます。声かけをするかしないかは、愛犬の性格に合わせて判断しましょう。

声をかけて出かける場合、大げさな声かけはかえって不安を煽る恐れがあるのでNG。例えば、お留守番させることに罪悪感があると「ごめんね、行ってくるね」と、声をかけてしまいがちです。

しかしその表情や声のトーンに、犬が不安になってしまうかもしれません。明るくさらっと「行ってきます」程度にしておきましょう。

お留守番前にするべきことは?

おもちゃをくわえて散歩中のジャック・ラッセル・テリア

お留守番前に絶対してはいけない『NG行為』とは反対に、お留守番前にするべきことがあります。

1.お散歩や遊び

犬のお留守番中の不安や寂しさを軽減するには、お留守番時間の多くを眠って過ごしてもらうのがベストです。眠っている時間が長いほど、あまり不安や寂しさを感じずに済みます。

ですからお留守番前は犬をお散歩へ連れて行き、体力を使ってもらいましょう。そうすれば疲れて、お留守番中たっぷり眠ることができます。

お散歩へ行くのが難しいのなら、引っ張りっこやモッテコイなど体力を使う室内遊びをするのがおすすめです。

お留守番前にお散歩や遊びで飼い主さんと一緒に体を動かせば、犬は心も満たされて、心地よい疲れとともに眠りにつくことができるでしょう。

2.お留守番の環境が整っているかチェック

犬にお留守番をしてもらうときは、その環境が整っているかチェックしてから出かけましょう。そうしなければ安心、安全、快適なお留守番は望めません。

お留守番前に

  • 飲み水は2カ所以上用意してあるか
  • 快適な温度や湿度がキープできるようになっているか
  • ひとり遊び用の安全なおもちゃは用意してあるか
  • トイレはきれいか
  • 危険な場所に立ち入れないようになっているか
  • 誤飲、誤食の危険はないか

などをしっかりチェックしてからお出かけをしましょう。

まとめ

窓際で眠る柴犬

今回は、犬のお留守番前に絶対してはいけない『NG行為』を2つご紹介しました。どちらも、ついやってしまいそうですね。でもお留守番をする愛犬の不安や寂しさを増大させてしまう可能性があるので、やらないように注意しましょう。

お留守番前はお散歩や遊びの時間を作ったり、環境のチェックをしたりして、愛犬が安心してお留守番の時間を過ごせるようにしてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。