犬はカニッツァの三角形を知覚できるか?【研究結果】

犬はカニッツァの三角形を知覚できるか?【研究結果】

目の錯覚を利用した騙し絵の1つ「カニッツァの三角形」を犬は知覚できるだろうか?という実験の結果が発表されました。犬にも目の錯覚はあるのでしょうか?

お気に入り登録

犬にも目の錯覚があるのだろうか?

カニッツァの三角形の図

目の錯覚(錯視)を利用した「だまし絵」は、色々なタイプが広く知られています。本当は完全な円形が周囲に描いた模様のせいで歪んで見えたり、本当は同じ長さの2本の直線が、描き足した矢印の向きによって違う長さに見えたりするものです。

上記の2つの例は「歪み錯視」というもので、過去の研究で犬は人間と違ってこのタイプの錯視をほとんど感知しないことがわかっています。しかし、部分的に欠落している輪郭を脳内補完して図形として見なすタイプの錯視と、犬については研究がありませんでした。

先ごろイタリアのパドヴァ大学の応用動物行動学の研究チームが、犬には欠落した輪郭を補完するタイプの錯視を感知するかどうかを調査した結果を発表しました。

研究チームは上図のような「カニッツァの三角形」と呼ばれる図を使って実験を行いました。これはイタリアの心理学者G.カニッツァが考案した図で、一部が欠落した円記号(パックマンのような記号)3つによって実際には存在しない三角形が見えるというものです。

犬はこの実際には存在しない三角形を感知することができたのでしょうか?

三角形を認識するためのトレーニングと実験

三角形の中の犬

研究のための実験に参加したのは研究者や大学職員の飼い犬6頭でした。全員が体高45〜55センチのサイズで、年齢は1.3〜9.2歳でした。

実験の準備として犬たちは三角形を認識するためのトレーニングを受けました。犬たちの鼻の高さに設置された53 × 30 cmのタッチスクリーンに三角形、円、ハート形などさまざまな形の図形を映し出し、犬が三角形にタッチした時にのみ、トリーツが与えられるというものです。

トレーニングによって、6頭の犬たち全員が三角形を「タッチするとトリーツがもらえるポジティブなもの」と認識しました。次に実験本番として同じタッチスクリーンに「カニッツァの三角形」を映し出し、犬が鼻先でタッチするかどうかが観察されました。

実験で使われた図形は、上に示した基本的なカニッツァ図形よりも少し簡略化して3つの「<」が無いものが使われました。

犬は実際には無い三角形を認識したか?

犬とクエスチョンマーク

実験の結果は、6頭の犬のうち5頭が偶然のレベルを超えてカニッツァ図形を三角形であるという選択で画面をタッチしました。1頭だけが偶然レベルでの選択回数でした。

この実験の結果から、ほとんどの犬はカニッツァの三角形を知覚できることが証明されました。1頭だけ三角形として選択する回数が少なかった犬は、グループ最高齢の9.2歳の個体でした。トレーニング前の健康診断で全ての犬は視力障害などが無いことが分かっているため、高齢による視力低下という可能性は低いとのことです。

今回の研究ではサンプル数が非常に少ないため結論を出すことはできないのですが、人間においても高齢者はカニッツァの三角形に対する感受性が低いことが分かっているそうです。

この研究で犬は欠落した輪郭を補完して図形を見出す錯視を感知できることが分かりました。今後はこの実験では含まれなかった短頭種の犬の感受性、加齢による錯視感受性の低下など、さらにサンプル数を増やして調査していく必要があると研究者は述べています。

まとめ

犬とモルモットとハムスターと猫

カニッツァの三角形を使って、犬にも図形の輪郭を錯視することがあるのだろうかという実験の結果をご紹介しました。この研究は犬にも人間やサル、猫、マウス、昆虫と同じように輪郭を補完する目の錯覚があることを示す最初のものだそうです。

動物が線の歪みや長さに関する目の錯覚をほとんど感知しないのは、自然界でそれらを正確に感知することが生き残るために重要だからではないかという説があるそうです。反対にそこに無いものを補完して認識する錯覚を感知するのは、天敵や獲物を認識するのに必要な能力だからではないかとも言われています。

犬が見えている世界について、私たちと違う点と似ている点が明らかになっていくのは犬のことを理解する上でも大切です。今後のさらに進んだ研究結果が楽しみです。

《参考URL》
https://link.springer.com/article/10.1007/s10071-021-01533-0

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。