犬の涙やけが悪化してしまう!4つの絶対NG行為と適切なケアとは

犬の涙やけが悪化してしまう!4つの絶対NG行為と適切なケアとは

犬の涙やけは多くの飼い主を悩ます症状の1つでもあります。犬種によってできやすい犬種とできにくい犬種がいますが、できやすい犬種の場合、ちょっとの間違いが涙やけを悪化させてしまうこともあります。今回は、絶対NG行為と適切なケアを解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の涙やけとは?

涙やけの犬

今回は犬の涙やけについて解説していきます。その前に、まずは犬の涙やけについて理解していきましょう。

そもそも涙やけとは、何らかの原因によって涙が眼からあふれてしまっている状態です。目から溢れ出た涙が目の周りの被毛を汚し、赤茶色のような色がこびりついてしまうことを指します。

涙やけの原因は鼻涙管閉塞や病気、アレルギー反応など様々ですが、涙やけを放置してしまうと、目の周りが不衛生な状態になってしまったり、目を傷めてしまう恐れがあるので注意が必要です。

犬の涙やけが悪化してしまう4つの絶対NG行為

目やにが出てるポメラニアン

では、犬の涙やけが悪化してしまう絶対NG行為には、どのような飼い主の行為があげられるのでしょうか。涙やけがよくできてしまう犬の飼い主さんは、以下のような行為や習慣に注意してください。

1.涙やけをそのまま放置する

涙やけのある犬

犬の涙やけは、そのまま放置してしまうとこびりついてしまい、後々取れなくなってしまう恐れがあります。

そのまま放置していると眼からこぼれだした涙で目の周りが不衛生な状態になってしまいます。不衛生な状態のままだと、細菌が発生したり炎症を引き起こしたりするため、涙やけができてしまった際は、こまめに優しくふき取ることが大切です。

2.目の周りをゴシゴシと強くこする

涙やけができてしまった犬には、こまめな拭き取りが重要です。しかし、涙やけを拭き取ろうとゴシゴシと強くこすってしまうと、目の周りの皮膚を傷めてしまいます。

目の周りの皮膚を傷めてしまうと、炎症を引き起こしたり、刺激によって余計に涙が出てきたり、犬自身が気にしてこすったりするため、涙やけが悪化する原因にもなります。目の周りを拭くときは、濡らしたタオルなどで優しく拭き取ってあげましょう。

3.鼻涙管閉塞など涙の排泄がうまくいかない

涙は眼を潤わせるだけでなく、眼に入ってしまったゴミや細菌やウイルスなどの微生物を外に押し流す役割も持っています。眼にも細胞がたくさんありますので、古くなった細胞や老廃物は眼脂にくるみ眼の外に排泄しています。

本来、涙は鼻涙管を通過して鼻の奥の方に排泄されています。鼻涙管が閉塞又は狭窄していると涙の排泄がうまくいかず、眼からこぼれてしまいます。

涙にはタンパク質や老廃物が含まれているため、涙が眼からこぼれ続けてしまうと涙やけが悪化してしまいます。

4.アレルギー反応を起こす食材を食べさせる

犬によっては食材にアレルギーを持つ子も多いです。動物や植物のタンパク質に対してアレルギーをもつことが多く、涙の原因となりやすいです。

すでにアレルギー反応が確認されている犬に対して、「少しだけなら」とアレルゲンを持つ食材を与えてしまうと、少量であっても涙やけの原因となることがあります。

涙やけが頻繁に起こり、アレルギーを持っているかどうかわからない場合は、一度動物病院に相談し検査してもらうと良いでしょう。

犬の涙やけに効果的!適切なケアは?

涙を拭かれるパグ

上記の行為を控え、正しい対処法でケアすることで、涙やけを緩和させることは可能です。すでにこびりついてしまっている場合は、動物病院やトリミングサロンに依頼するのが安全でしょう。

家でできる涙やけのケア方法は、人肌ほどの温度の水で濡らしたハンカチやガーゼで優しく拭いたり、涙やけシートを使って優しくふき取る方法が一般的です。

また、食事が涙やけの原因となっていることも多いので、ドッグフードにアレルゲンとなる食材が含まれていないか確認し、添加物の少ないドッグフードに切り替えるなど対応しましょう。

まとめ

目をケアされる犬

いかがでしたでしょうか。涙やけは放置してしまうと、こびりついて落としにくくなってしまいます。また、細菌が繁殖したり炎症を引き起こしたりする恐れもあるので、涙やけを発見したら、すぐに優しくふき取るようにしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。