犬の『食欲不振』は気温のせいかも?食べないときの対策3つ

犬の『食欲不振』は気温のせいかも?食べないときの対策3つ

「最近、愛犬の食欲がない…」春から夏にかけて気温の上がるこの時期、そんなお悩みを抱える方も多くいるかと思います。心配になりがちですが、犬がご飯を食べないのは気温が関係しているかもしれません。今回は、気温が上がると犬が食欲不振になる理由や対策方法をご紹介していきます!

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

気温が上がると犬がご飯を食べなくなる理由2つ

エサをあげる飼い主と犬

では、気温が上がるとなぜ犬が食欲不振になるのか、その理由を解説していきます。

1.暑さでばててしまうから

冬の時期に向かうにつれ食欲が増していくのは自然の摂理と言えるでしょう。冬の寒さに備えるために脂肪を蓄えて保温効果を上げるために食欲が増していくのは私たち人と同様でしょう。

脂肪を蓄えた状態で夏を迎えてしまうと、私たちのように汗をかいて体温調節ができない犬の場合、体内に熱がこもってしまいばててしまいます。

そのため食欲がなくなってしまいます。

現在は室内で快適な温度で生活する犬がほとんどですので、冬に備えて脂肪を蓄える必要はありません。

秋の食欲の増す時期に食欲に任せて食べてしまうといたずらに脂肪の蓄えが増えてしまいます。かえって夏バテしてしまい食欲不振がひどくなります。

2.発情期だから

二つ目の理由には、犬の発情期が挙げられます。

春は発情期の季節と言われることが多く、一般的には、生後6ヶ月前後に最初の発情期が訪れます。その後、1年に2回程度のペースで発情期が起こるので、春や秋がちょうどその時期になることが多いのですが、生まれた月によって発情の時期は変化します。

発情期に入った犬は、食欲不振になる傾向があります。その他にも落ち着きがなくなるなどの症状が出ることがありますが、発情期が終わると食欲も戻り、それ以外の症状も落ち着いてきます。

愛犬の食欲がないときの3つの対策

エサを食べるレトリバー

気温が上がると犬がご飯を食べなくなる理由がお分かりいただけたかと思います。食欲が減っていても、いつも通り元気があればそれほど心配する必要はありません。

しかし、このままで本当に大丈夫かな?と不安になる方もいるでしょう。そこで、愛犬の食欲がないときの対策をお伝えしていきます。

1.室温を下げる

犬は私たち以上に暑さに弱いです。暑さに弱い犬は室温が25度でも熱中症を起こしてしまうことがあります。特に寒い地方原産の犬や、毛量の多い犬、体重超過の犬たちは要注意です。まず、室温を下げてみましょう。気温だけでなく湿度にも注目し、除湿することも有効です。

2.少量のおやつをあげる

ドッグフードを食べないときの対策として、少量のおやつをあげるのも効果的です。気温の変化で食欲が減っているときも、おやつなら食べるという犬は多くいます。

この際、注意点としては少量ずつあげることです。ご飯を食べない分、おやつをいっぱいあげたくなってしまいますが、そこはグッと我慢してくださいね。

長期間おやつばかり食べていると栄養バランスがとれず体調不良をひきおこします。ドッグフードにお気に入りのおやつを混ぜてドッグフードも食べさせるようにしましょう。

3.常に新鮮な水を用意しておく

食欲が落ちた時には、新鮮な水を用意してあげることも大切です。気温が上がる時期に気をつけたいのが、水分不足。

しかし、水をしばらく放置していたり容器をきれいにしていないと、犬は水を飲まなくなってしまうこともあります。

食事量が減り、水分も取らないと夏バテなど病気を引き起こしやすくなってしまうので注意してください。

大事な愛犬が水分不足にならないためにも、水は常に新鮮なものを用意しておくようにしましょう。それでも水を飲まない時は、ドッグフードにぬるま湯を少しかけたり、スープが多いタイプのウエットフードなどをあげるのもおすすめですよ。

食欲不振の他にこんな症状が出ていたら要注意!

聴診器を当てられる犬

気温の上昇で食欲不振になっている場合は、それほど心配しなくて良いとお伝えしました。

しかし、それ以外にも次のような症状が出ている場合は病気の可能性もあるので注意してください。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 元気がない
  • 水を飲まない

ご飯を食べないだけでなく、上記のような症状が出ている場合は夏バテや他の病気も考えられます。その場合は、すぐに動物病院に連れていき診断を受けるようにしてください。

まとめ

餌の前でぐったりする犬

愛犬の食欲が減ると心配になってしまいますよね。しかし、それは気温の上昇が要因かもしれません。

普段と変わらず元気があるようでしたら、この記事でお伝えした3つの対策を行いつつ様子を見ていれば大丈夫です。

ただ、食欲不振以外の症状がある場合はすぐに動物病院に相談してみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。