犬の体に悪いドッグフードの特徴5選!確認すべき項目はどこ?

犬の体に悪いドッグフードの特徴5選!確認すべき項目はどこ?

愛犬のドッグフードは本当に安全ですか?体に悪い原料は含まれていませんか?『犬の体に悪いドッグフードの特徴』についてまとめました。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

体に悪いドッグフードの特徴

山盛りのフードの前に伏せるブルドッグ

愛犬のドッグフードを選ぶ基準は何ですか?パッケージに表示されている「原材料名」を全て把握していますか?確認してもその原料が何なのかわからないなんてことがあってはなりません。特徴と確認すべき項目をまとめましたので、ぜひお役立てください。

1.主原料の表示が曖昧

  • 肉類

犬の体に悪いドッグフードには、このように主原料が曖昧に表示されていることが多いでしょう。

  • 鶏肉
  • 豚肉
  • 牛肉
  • 鹿肉
  • 馬肉
  • 肉類(鶏肉・七面鳥)

このように主原料がはっきりと表示されていれば、安全な主原料が使われているドッグフードであると言えます。

2.原料に大豆ミール・脱脂大豆が含まれている

大豆は豆腐や豆乳を作るときに使用される原料です。大豆から必要な成分のみを絞り取って作られます。このときに出る残りカスを乾燥させたものが「大豆ミール」や「脱脂大豆」です。

決してドッグフードのために作り出している原料ではありません。ドッグフードに大豆ミールや脱脂大豆が使用される理由はかさを増すためであることが多いでしょう。低コストで製造することができ、低価格で販売することができます。

3.原料に着色料が含まれている

骨・ハート・星の形をしたカラフルなドッグフード

原材料名に表示されている赤106・赤40・黄4・黄5・青1などが着色料名です。ドッグフードに着色料を使用する理由はたったひとつだけあります。見た目を美しくするためです。犬には何の関係もないことです。健康のための何の役にもたちません。

飼い主である人間の目に止まるように、手に取りやすいようにということが目的の着色です。犬がドッグフードの色を好き嫌いすることはありません。

4.原料に二酸化チタンが含まれている

原材料名に表示されている二酸化チタンは着色料名です。無色や白色の粉末なのですが、ドッグフードの色合いを調整するために使用されます。あまり濃い色合いだと見た目が悪いから、二酸化チタンを加えることでちょうど良い色合いへと調整しようというわけです。

人への害はないとされていますが、犬に長期的に二酸化チタンが含まれたドッグフードを与えた場合の安全性や危険性は明らかになっていません。アメリカ食品医薬品局でも一般的に安全な成分であるとしています。

2020年1月よりフランスでは食品への二酸化チタンの投入を禁止すると独自の方向性を打ち出しています。動物に対する安全性・有害性については実験などで確認されています。(https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001iz7t-att/2r9852000001izfq.pdf)

食品に使用する場合は問題が起きない量で使用されていますが、必要な栄養素でもありません。

5.原料にビートパルプが含まれている

ビートパルプとは、テンサイ(甜菜)という野菜から成分を絞り取った残りカスのことです。

食物繊維が多く含まれることによって満腹感を得やすく、ダイエット用のドッグフードに使用されているのをよく見かけます。食物繊維は犬が消化しにくい成分です。含まれている量や食物繊維の種類によっては消化不良による下痢を引き起こしたり、便秘になってしまったりすることもあります。

まとめ

勉強する犬

犬の体に悪いドッグフードの特徴と確認したい項目について解説しました。もう一度おさらいしてみましょう。

  • 肉類とだけ書かれていて主原料の表示が曖昧
  • かさ増しのための大豆ミール脱脂大豆が含まれている
  • 見た目を美しくするために着色料が含まれている
  • 色を調整するために二酸化チタンが含まれている
  • 犬が消化しにくいビートパルプ(食物繊維)が含まれている

このようなドッグフードを長期的に与えた場合、犬の体に悪い影響を与えてしまう可能性があります。愛犬に与えているドッグフードの原材料を改めてよく確認してみてください。見知らぬ原料名が表示されていたらぜひ調べてみてください。切替えや見直しの良い機会になるかもしれません。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    色合いを良くするために着色料、二酸化チタンなど入れても人間にしか効果がありません。犬はそもそも色を認識する能力が疎いので着色しようと意味をなしませんし食事の見た目を楽しむ概念すらありません。重要なのは見た目より品質、量より質です。質、栄養素が無ければ犬とってはただの毒、毒を盛ってるのと変わらない
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。