犬が『人間の食べ物』を食べるのが危険な理由2選

犬が『人間の食べ物』を食べるのが危険な理由2選

いつも一緒にいる愛犬と、同じメニューで食事を楽しみたいと思う飼い主さんもいるかもしれません。テーブルの下で「欲しいなー」という顔をされるとついつい一つまみ、なんて方も。しかしちょっと待ってください。人間が日常的に食べているモノは、実は犬にとっては危険なモノかもしれません。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の食餌はドッグフードメインで

並んだ犬の食餌

ペットを家族として迎えることが増えた近年では考えられないことですが、40年も前では、飼い犬たちは人間の残飯を食べさせられていました。

ドッグフードというものが存在しないわけではなく、市販もされていました。しかし、ほとんどが外飼いであり、庭や玄関先に繋がれていた犬たちに与えるには割高感があったのでしょう。

多くの場合は、食べ残しの白米に、お味噌汁や野菜の煮物などをかけた食餌を一日一回与えられ、それ以外は食べるものをもらえない生活をしていた犬も多かったのです。

そのころの犬の寿命は、長くて十年(小型犬はもう少し長生きでした)。

自治体によりますが、今でも長寿犬として愛護団体に表彰されるのは、15歳(大型犬では12~3歳)です。

最近では、その名簿を見ると随分と表彰される犬の数が増えていて、長生きしている子が増えている印象です。

これは、犬の食事が見直され、栄養バランスに留意した食餌を与えられる犬が増えている結果であると言われています。

現在では、犬たちの食餌として挙げられるものは手作り食の方もいらっしゃると思いますが、ほとんどの場合は、ドッグフードがメインではないでしょうか。

ドッグフードは、ドライタイプ、セミドライタイプ、ウェットタイプ、レーションタイプなどさまざまな形状ものがあり、嗜好に合わせて与えることができます。

いずれも、犬たちにとって必要な栄養素をバランスよく配合しているので、特にトッピングなどをせずとも、ちゃんと計量してあたえるだけでよいなど手軽さもあります。

栄養面に注意する人が増えたこととドッグフードが普及することで、犬にとって適切な栄養を与えられるようになったんですね。

犬に与えてはいけない食材

犬とチョコレート

現代の犬の飼い主さんの多くは、犬に人間の食べ物をたくさん与えてはいけないということをご存知です。

でも、テーブルの下で見上げられるとついつい、と一口分を与えてしまったり、それが少しずつエスカレートしたりして、結果的に人間の食べ物を多く与えてしまっている場合もあります。

可愛い犬たちのおねだりに負けてしまう気持ちも分かってしまうのですが、いくら可愛くても、彼等の健康や命のために「絶対与えてはいけないもの」には注意が必要です。

人間の食べ物を与えることでの危険は、大きく分けて2つあります。命に係わるということと、多量に摂取することで健康を害する、ということです。

命にかかわるもの

犬にとっての毒物

  • チョコレート、ココア(カカオのテオブロミンによる中毒で致死)
  • ネギ類、ニラ、ニンニク、ラッキョウ(硫酸化合物による赤血球破壊で重度の貧血黄疸)

 →これは加熱しても成分に変化がないのでネギが入った味噌汁などもNG

  • ブドウ、レーズン(原因物質不明、腎不全などで致死)
  • マカダミアナッツ(原因不明、歩様異常や起立不能など)
  • キシリトール(血糖値の急低下による致死)

大量に食べると危険

  • 豚肉(生食するとトキソプラズマ感染症の危険)
  • イカ、タコ(チアミン分解酵素が多く、生の状態で過剰摂取するとビタミンB1欠乏症の危険)
  • ソーセージ、ハム(塩分の過剰摂取とハイカロリー食材のため肥満の危険)
  • 牛乳(ラクトースの分解能が低く、消化しきれず下痢をする危険)

その他、生の卵白、カニやエビ、生のキノコなども中毒の危険があるため、大量に食べさせないほうが良い食材です。

これらの食材の中には、ネギ類やブドウなどのように加熱しても危険成分に変化がなく、健康被害を及ぼすものもあります。

煮だした煮汁などに溶けている成分でも中毒を起こすことがあるので、注意しましょう。

まとめ

お皿と子犬

人にとって問題ない食材でも、犬にとって有害なものもあります。内臓の機能の違いが大きく影響しています。

犬にとっては問題ないとされている食材でも、犬の個人差や調理方法次第では健康を害する場合があります。

犬の健康のためには、自己判断で人間の食べ物を与えず、犬用とされているモノを選んだり、犬が安心して食べられる食材を選んであげてくださいね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬に手作り食を与える場合食材、栄養素をよく理解し手作らなければ毒になります。またないと思うが人間の食い物そのまま与える人、犬殺しです、毒を盛ってるのと変わらない。毒盛られてたからドックフードが開発されたと言っても過言ではないだろう。食は生きる源です。良い飯無くして生きれません。長生きさせたいならまずは食、その後環境、運動でしょう食環動ガ保てれば長生きはできるでしょう。長生きだけです。幸福にするかは飼い主次第
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。