犬に食べさせてはいけない『魚介類』6選

犬に食べさせてはいけない『魚介類』6選

人はさまざまな魚介類を刺身や揚げ物、焼き物、煮物といった調理法で味わうことができます。犬に味付けされたものをおすそ分けするのは厳禁ですが、味付けされていなくても犬にNGな魚介類があるので要注意です。この記事では、犬に食べさせてはいけない『魚介類』についてご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

『魚介類』の中には犬にNGなものも

魚介類の盛り合わせ

魚介類とは魚類と貝類、そして海産動物の総称です。新鮮な魚介類はとてもおいしく、好物だという人も多いでしょう。でも魚介類はおいしいだけではありません。良質な動物性タンパク質やビタミン、ミネラルなど豊富な栄養素を含み、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)をはじめとする機能性成分も多く含まれています。

しかも低カロリーなものが多いので、ぜひ愛犬にも与えたくなりますが、魚介類には犬にNGなものも少なくないので注意が必要です。そこで今回は、犬に食べさせてはいけない『魚介類』をご紹介したいと思います。

犬に食べさせてはいけない『魚介類』

皿に盛られたエビを見つめる犬

1.ししゃも

市場で流通しているししゃものおよそ9割は『カラフトシシャモ(カペリン)』という代用魚です。アイスランドやノルウェー、カナダなどから輸入されており、本物のししゃもは北海道の太平洋沿岸で獲れる『本ししゃも』を指します。

外国産のものも国産のものも犬にとって毒となる成分は含まれていないものの、ししゃもの干物は製造過程で大量の塩を使用しているため、塩分の過剰摂取の原因になるので犬には与えない方がいいでしょう。塩分の過剰摂取は、心臓病や腎機能障害に繋がる恐れがあります。

またししゃもはまるごと食べられる魚ですが、犬はよく噛まずに飲み込んでしまう習性があるため、骨が喉に刺さる危険も否めません。

2.エビ

生のエビにはビタミンB1を分解するチアミナーゼという酵素が含まれており、大量に摂取したり、継続的に摂取したりするとビタミンB1欠乏症になる恐れがあるため、生のエビを犬に与えてはいけません。ビタミンB1欠乏症になると、歩行障害などの運動失調が現れることがあります。

チアミノーゼは加熱すると失活するため、加熱したエビの身なら犬に少量与えても大丈夫ですが、エビはあまり消化がよくないので小型犬に与える場合は小さく刻む方が良いでしょう。

3.カニ

エビと同様に加熱して身の部分を少量与えるのはOKですが、生はビタミンB1欠乏症のリスクがあるためNGです。加熱してもやはり消化はよくないので、下痢や嘔吐の原因になることがあります。

ちなみに色や食感をカニ似せたカニかまは人間用に加工されており、犬には塩分が多いので与えないようにしましょう。犬用のカニかまならOKです。

4.イカ

生で与えるのはNGです。生のイカにもチアミナーゼが含まれているため、ビタミンB1欠乏症になるリスクがあります。また生のイカには、アニサキスという寄生虫が潜んでいる可能性もあります。アニサキスが生きたまま犬のお腹の中に入ると、激しい腹痛などを引き起こします。加熱したイカであれば少量与えても基本的に問題ないですが、消化不良を起こしやすいです。

イカの内臓を取り除いて干したスルメは胃で膨張して、食道や胃、腸に詰まってしまう恐れがあります。また塩分も多いので、犬に与えるのはやめましょう。

5.タコ

エビ、カニ、イカと同じくチアミナーゼを含み、生のまま与えるとビタミンB1欠乏症になる可能性があります。加熱したタコは少量なら与えてもOKですが、やはり消化が悪いので、犬にあえて食べさせなくてもいい食材です。

6.あわび

中には加熱して少量ならOKとされている貝(牡蠣やしじみなど)もありますが、貝類は消化不良を起こしやすいので基本的には犬に与えない方がいいです。生の貝にはチアミナーゼが含まれているので、生で与えてはいけません。

貝の中でも、あわびには特に注意が必要です。あわびの肝(中腸腺)に含まれているピロフェオホルバイドaという毒成分が光線過敏症(日光に当たると皮膚炎などを起こす)を引き起こすことがあります。主に猫がなりやすいですが、犬も注意するに越したことはありません。特に春先(2~5月)にかけて毒素が強くなるので加熱、未加熱を問わず犬に与えないようにしましょう。

もし食べてしまったら?

受診中のパグ

愛犬に食べさせるつもりはなくても、床に落ちたものを食べてしまったり、つまみ食いしてしまったりすることもあると思います。

もし愛犬がご紹介した魚介類を食べて下痢や嘔吐、元気消失などが見られる場合や大量に食べてしまった場合、心配な場合は、早めに動物病院へ連れて行くか、電話で相談をしましょう。その際は『いつ』『何を』『どのくらい』食べたのかを伝えることが重要です。

まとめ

食事を待つ2頭の柴犬

今回は、犬に食べさせてはいけない『魚介類』を6つご紹介しました。おいしい魚介類が食卓に出ると愛犬にも味わわせてあげたくなりますが、ご紹介した魚介類は与えないようにしましょう。エビやカニなど加熱し少量であれば犬に与えてもOKとされているものもありますが、消化が悪く下痢や嘔吐に繋がる場合もありますので、慎重に与えるようにしてください。

もしご紹介した魚介類を食べて愛犬の具合が悪くなった場合などは、早めに動物病院を受診または電話で相談をしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。