大手ペットフードメーカーが環境に優しいタンパク源のペットフード新発売

大手ペットフードメーカーが環境に優しいタンパク源のペットフード新発売

最大手ペットフードメーカーが犬と猫のためのフードの新しいタンパク源として昆虫や外来魚を使ったものを新発売するという発表がありました。その内容をご紹介します。

お気に入り登録

より環境に優しいタンパク源でペットフードを作る

ペットフードで書いたFOODの文字

食肉のための畜産は、温室効果ガスであるメタンを大量に放出したり、飼育のための土地の確保のために山野を開拓したりと言った環境への影響が大きいものです。国連は地球温暖化を防ぐために食糧生産の方法を変えることを提唱しています。

ペットフードの原材料に使われる食肉は一説には生産されている食肉全体の30%を占めると言われるほど大きなものです。

この食肉使用による環境へのインパクトを小さくするために、ペットフード最大手メーカーであるネスレのピュリナブランドが新しく開発したフードの発売を始めると発表しました。

環境に優しい原材料として使用されているのは、良質なタンパク質を豊富に含む昆虫と、河川や湖で増えすぎた外来魚の鯉です。

ピュリナは昆虫をタンパク源に使用したフードは新ラインとして2020年11月からスイスで発売を開始し、その後他のヨーロッパ市場にも拡大していく計画だそうです。

2021年1月からはアメリカで、新しいタンパク源のフードのオンライン販売をスタートする予定もあるとのことです。

新しいタンパク源はどのように提供される?

水の中を泳ぐ鯉

ペットフードの新しいタンパク源として注目されているのはアメリカミズアブというアブの一種の幼虫です。ピュリナはこの虫がどのように供給されているかは発表していませんが、2018年に昆虫を使ったフードを開発したイギリスの小規模メーカーは、衛生的な環境で養殖された虫を使用していました。

もう1つペットフードのタンパク源として考えられているのは、河川や湖で増えすぎてしまったアジア産の鯉です。鯉はアジアから欧米諸国などに持ち込まれ、河川に放されたものが強い繁殖力で増えすぎてしまい、在来種の魚や虫の脅威となっています。これらを捕獲してペットフードにするのだそうです。

新しいタンパク源のフードのメリットとは?

食べ物と地球をイメージした球と手

環境に優しいペットフードというのが製品のセールスポイントですから、これらのフードの最大のメリットは環境に与える影響が小さいということです。このメリットは、より環境に配慮した生活をしたいと考える消費者にとって魅力的だと思われます。

また今までにペットフードに使用されていないタンパク源は、アレルギー対策としても有効です。地球環境だけでなく個々の動物や飼い主にとっても優しい原材料だと言えるでしょう。

国連は2050年までに地球上の人口は90億人以上になると予測しています。そのため世界的な食料不足の潜在的な不安があり、昆虫など新しいタンパク源はその解決策としても有効だと考えられています。

まとめ

舌舐めずりする猫と犬

業界最大手のネスレピュリナブランドが、昆虫や外来魚をタンパク源として使用したペットフードを新発売するという話題をご紹介しました。

「えっ!虫?」と拒否反応を起こしてしまう人もいるかもしれませんが、猫や小型犬にとっては意外と体に合う動物性蛋白質ではないかと思います。

ペットのためのビーガンフードなども増えつつありますが、犬は肉食寄りの雑食性、猫は完全んに肉食性の生き物なので、ビーガンやベジタリアンでは不自然で完全とは言えません。

日本での発売は今のところ何も発表がありませんが、将来的に愛犬や愛猫のための選択肢が増えていくといいですね。

《参考URL》
https://www.npr.org/2020/11/06/932241981/flies-for-dinner-purina-to-offer-bug-based-dog-cat-food

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。